000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

私という運命につい… New! はまゆう315さん

DEATHペディア (デ… New! クルマでEco!さん

週刊少年ジャンプ 2… New! みやさとver.さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

総集編>『べっぴん… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (3月… BROOKさん

映画「ひるね姫」 … 鹿児島UFOさん

【A LIFE~愛しき人… ショコラ425さん

携帯変えちゃいました 俵のねずみさん

ふすまいれてみまし… えびねえさん

ニューストピックス

2010年07月20日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『保険金殺人に隠されたワケ』

内容
介護施設“やまぶきの家”で入居者9名従業員1名、計10名が死ぬという
火災事故が発生した。状況から事故と思われたが、
伊達(堺雅人)はコンロと被害者までが近すぎることに妙なモノを感じる。
そんななか、あすか(杏)から、奇妙な報告を受ける。
亡くなった入居者9名のうち5名が、施設の経営者を受取人の生命保険が!!
保険金殺人!?
その経営者は、先日、犯人逮捕に協力してくれた春日恒夫(鈴木浩介)だった
事情を聞くと、入居者自身が、春日を受取人にしたという。
保険会社の担当者の証言でもウラはとれ、そのうえ春日は金に困っていない。
そして近所の住人からも人格者と評判。犯人逮捕で警察にいてアリバイもある。
被害者からは睡眠薬も検出されず。。。。。。。やはり事故なのか?

それでも、“逃げ出さなかった”ことを疑問に感じる伊達

そこで火を出したと思われる入居者・高原スズエ(小貫加恵)の自宅へ。
息子・悟、妻・利恵によると、ここ数年会っていないという。
それどころか母が火を出したと言う事で、バッシングを受け
かなり参っているようだった。
が、、、孫・凛が、奇妙なヒトコトを。。。。鳥が嫌い!?
悟の話では、夫を医療ミスで亡くしたと担当医にクレーム付けていた。
その医師の名前が“羽鳥”。
事故当日に施設で
インフルエンザの予防接種を行っていた医師・羽鳥晴信(東根作寿英)だった。

羽鳥から事情を聞く伊達とあすか
心筋梗塞で入院直後、容体が急変し死亡したと落ち度はなかったという羽鳥。
最善を尽くしたという。

話を聞いていたあすかは、
被害者の体から薬物は検出されなかったが、毒を注射。
医療ミスを疑われた羽鳥の逆恨みの犯行では?と推理する。
しかし全く証拠がない。
久遠(錦戸亮)の協力を得て、羽鳥を調査するあすか。
すると、共犯者らしき人物との会話が。。。。。相手は春日なのか?

その直後、羽鳥が自殺と思われる状態で発見される。
井筒(鹿賀丈史)は、警察が違法捜査で追い詰めたという噂が流れていると、
伊達に注意。。。早期解決のため、被疑者死亡で送検するよう命じるのだった。

まさか、、、自分の行動で。。。苦悩するあすか
だが伊達は、羽鳥と春日が会話する久遠の隠し撮りした映像を観ていた。
首謀者の春日から脅迫を受けた羽鳥が実行者。。。。だが、証拠とはならない。

そこで伊達は、公務執行妨害で、、、なんとか春日を逮捕。
春日相手に、一対一の取り調べが始められる。。。。タイムリミットは48時間



敬称略


要注意!!
かなり酷評している感想となっています


そっか、バーのマスター三上国治。。。大杉漣さん。。。。
元刑事だったんだね。
前回の様子から、『知っている』とは思っていたが、

まさか、その『知っている』が、『全ての始まり』からだったとは!!!


正直なところ、
この過去シーンのおかげで、全く他のこと、、、印象に残ってないんですが!!

いやまぁ、、最後には、久遠も登場し。。。。。

ドラマとしては、間違っていますよね。。。。



物語は、保険金殺人。。

なのだが、
明確な犯行動機は、曖昧なまま。。。
たしかに、経営。と言う言葉を出しているが、それは伊達の推測。
犯人の言葉ではない。

その時点で、前回に比べれば
裁かれる犯人の悪意は、、、薄くなってしまっている。

そら、罪は罪だし、今回のことは大きい。
だがこの手の物語の場合、

それなりに明確なモノが見えない限り、
結局、主人公の自分勝手による解決にしか見えないと言うことである。

前回も詰めの甘さを感じたが、
今回、、、前回以上の詰めの甘さを感じます。



なのに、、、前回と同じく

“証拠はない。法は俺を裁けない
“だから、俺が裁く
 お前は多くの命を奪った
 それだけじゃない。残された家族の未来も奪ったんだ。
 俺もお前と同じ裁きを受けなかった罪人だ
 おまえに明日は来ない

ということで、
まるでカッコ良く“正義”を決めているような演出。

詰めが甘い時点で、伊達に“正義”は存在しない。


そのうえ、今回、、前回よりも酷い部分が1つある。

それは、、、伊達自身の“正義”で、“神隠しのきっかけ”にしていること。

前回の“救い”は、家族の苦しみが表現されていたことなのだ。
が、、、今回は、そう言った苦しみはない。
言ってみれば、、、、真犯人への怨みである。

こうなってくると、
伊達が勝手に、ただ暴走し“仕事”しているだけにしか見えない。



と、、そんなメインの状態なのに、
今回、最も酷かった部分が終盤に登場する

“過去”と“久遠”である。


メインのドラマが散々なのに、
別の部分で気を惹こうとしているのがミエミエで

正直、ドラマの呈をなしていない。。。。と断言して良い状態だ。


伊達に正義を与えるなら、
それなりの“真っ当な理由”をキッチリと描いて欲しいモノである。

たとえ、事件詳細が曖昧であっても、
“理由”がなければ“ただの犯罪者”である。




これまでの感想
第1話 








楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2010年07月20日 22時04分42秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


映画感想


コメント新着

どら平@ Re:BS時代劇『神谷玄次郎捕物控2』第七回(05/15) 福田麻由子は演技うまい 運動嫌いを克服し…
むつき@ Re:まっしろ EPISODE10(LAST、最終回)(03/17) 「白い大奥」のキャッチコピーはいったい…
ところどころ@ Re:セカンド・ラブ 第6話(03/13) もういいや ・・・という感じです
おすぎ@ Re:連続ドラマW『硝子の葦~garasu no ashi~』第三話(03/07) はじめまして。私も硝子の葦にがっつりハ…
三連星@ 懸命とは セリフでは「けんめい」とありましたが、…

ランキング市場

楽天カード

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.