14952474 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

週刊少年ジャンプ 2… New! みやさとver.さん

【ひよっこ】第73回(… New! ショコラ425さん

Wドラマ コールド… New! はまゆう315さん

フォースと共に・・・ New! YOSHIYU機さん

ビートルズがやって… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (6月… New! BROOKさん

神々の物語-2 New! 鹿児島UFOさん

NHK大河ドラマ『おん… New! くう☆☆さん

本を買いました!と… 俵のねずみさん

SEKAI NO OWARI 買い… クルマでEco!さん

ニューストピックス

2010年07月25日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『龍馬の秘策』

内容
長崎にて、高杉晋作(伊勢谷友介)ら長州藩士と出会った龍馬(福山雅治)
だが、それ以上のモノを得ることができず、船が手に入らない状態は続いていた。
そんな龍馬たちのもとを池内蔵太(桐谷健太)が訪ねてくる。
長州藩士たちの転戦していたことを自慢したらた池は、
龍馬を連れ出していくのだった。。。。そこにいたのは、、、高杉晋作!?
そこには伊藤俊輔(尾上寛之)井上聞多(加藤虎ノ介)もいた
昨夜の話の続き。。。であった。
外国に留学したと語る面々は、それでも“正義は長州にある”と
異国になびく幕府と戦い抜いていく覚悟と語るのだった。

そんななか、金を稼ぐことを考える長次郎(大泉洋)は、
南蛮渡来のカステイラを、作って売ることを龍馬たちに提案する。
“商売”ということで、力を持つ豪商に話す必要があると、
大浦慶(余貴美子)、小曽根乾堂(本田博太郎)らの集まりに乗り込み、
金を貸して欲しいと頭を下げ頼み込む龍馬。
すると龍馬になにかを感じたのか、大浦慶が出資すると言い始めるのだった。

そのころ、西郷吉之助(高橋克実)小松帯刀(滝藤賢一)らは、
銃を手に入れようと交渉するが、財政ひっ迫の薩摩には。。。。。

そうこうするうちに、
龍馬は、ある考えをひらめく。
幕府に勝つ方法。。。それは、

“長州と手を組むことぜよ”

敬称略

↑久々のメンドーなんですモードである。



まぁ、
単純な構図を語れば、
幕府に対して不満を抱いている諸藩。

そんななか、金に困る薩摩と金はあるが交易の術がない長州

お互いの目指す方向と、、利益不利益の一致

そのなかから、、、生まれてくる“究極の選択”


そんなところだ。

ただし。。。ドラマの中で、語られているかどうかで言えば
前回、今回で、“それなり”である。


パズルを組み立てれば、
ピースがばらまかれているので、
知っていれば、ピースに気づくことが出来るため

どうってコト無いのだが。

なんといっても、、、“やっぱり、、、龍馬伝”(苦笑)

少しは、物語を分かり易く描くのかと思いきや
あいかわらず、中途半端に語り、

知らない人が見ていると、

なんのために、何をやっているのか
サッパリ分からないドラマになってしまっている。


ハッキリ言ってあげます。

“サスガ、龍馬伝”

だと。



正直なところ、“見忘れている部分”があったのでは??
と、、思ってしまったので、

一部、何度か見直していました。

当然である。

本当の意味で、“歴史”が動く部分なのだ。

そんなの。。。カステイラが、、どうのこうの。。。
そんな小ネタなんて、言っていられる場合じゃないはずなのだ。

ドラマとしても!

が、、、この“龍馬伝”
それを“オモシロ味”と捉えている部分があるため、

話の腰を折る無駄ネタを織り込もうとする


1つは、、、カステイラ
もう一つは、、、キリシタン。。云々

ハッキリ言えば、いま現在の物語の流れの中で
全く無意味なお話である。

もちろん、、、“金”というきっかけがあったので
“この後”色々続いていくのは分かってはいるが、

だったら、それはそれで、
それなりに曖昧な表現をすればいいのに、

なんでも首を突っ込みたがる龍馬は、
カステイラの資金集めに必死になると言う状態だ。

そんなに、必死になっているにもかかわらず

簡単に言えば、
“カステイラなどどうでも良い”と、、、、龍馬は仲間に言ってのける。

なら、、そんな無駄話。。。入れないで下さい!!
いったい、なんの、ノリツッコミなんだ?


前回の一件と。。
今回の、、高杉の部分は、ほぼ同じようなことを描いている。

実際、ドラマとして考えれば、この部分さえ不要な部分なのだ。
“前回”表現すべきだったこと。。。である。

最終的に
薩摩藩の交渉事を持ち込み、

なんとか、ドラマとしてまとめきろうとしているのは見えるのだが、

無駄が多すぎて、


唐突に、、“薩長が手を組め”と言っているように見えてしまっている。



史実かどうかなんて、関係ありません。
私に言わせれば、史実なんて、事実を解釈した1つの物語にすぎない程度モノ。
だから、細かい部分なんて、どうだって良いのだ。

本来、“流れ”がある程度、間違っていなければ、、、
そして、納得感があれば、それはそれで、ドラマとしてokなわけである。

なのに。。。。この“龍馬伝”

その、、最もドラマとして重要な、“納得感”と“流れ”を無視する。


今回を見て感じたのは、この部分に他ならない。

そう。。。。第3部になって、キャラが変わった龍馬
そこは許せても、、、物語の意味不明さは、相変わらずの状態である。。。

と言う事である。



ちなみに、カステイラ作りは、、、それで良いのか?
と、、、先日まで放送のNHKの“タイムスクープハンター”を見ていれば、
感じることが出来るところだろう。。
公式HPで、、、見どころの1つに書いているが、
もう、、、そんなの、どうでもいいから!!!

キッチリ、ドラマ作って下さい。
何を描きたいのか、サッパリワケがわからないドラマになっています。
前回を見て、一瞬でも期待を抱いたのがバカバカしい。。。



これまでの感想
第29回 
第28回 第27回 第26回 第25回 第24回 
第23回 第22回 第21回 第20回 第19回 
第18回 第17回 第16回 第15回 第14回 
第13回 第12回 第11回 
第10回 第9回 第8回 第7回 第6回
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回 






最終更新日  2010年07月25日 20時55分37秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


映画感想


コメント新着

どら平@ Re:BS時代劇『神谷玄次郎捕物控2』第七回(05/15) 福田麻由子は演技うまい 運動嫌いを克服し…
むつき@ Re:まっしろ EPISODE10(LAST、最終回)(03/17) 「白い大奥」のキャッチコピーはいったい…
ところどころ@ Re:セカンド・ラブ 第6話(03/13) もういいや ・・・という感じです
おすぎ@ Re:連続ドラマW『硝子の葦~garasu no ashi~』第三話(03/07) はじめまして。私も硝子の葦にがっつりハ…
三連星@ 懸命とは セリフでは「けんめい」とありましたが、…

ランキング市場

楽天カード

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.