22099928 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


20年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

旧来権力層の分裂崩… New! 鹿児島UFOさん

タリオ 復讐代行の2… New! はまゆう315さん

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

マルテだめ夫 New! 虎党団塊ジュニアさん

今日は働きすぎて腰… New! 俵のねずみさん

希望>『エール』第9… ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

an・an (アンアン)[… クルマでEco!さん

【エール】第19週(10… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

2010年07月29日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『焼かれた人形-子を亡くした全ての母へ

内容
長女の晶(武井咲)がつき合っているカメラマン宇津木洋介(綾野剛)に、
これ以上あわないようにと注意した悠里(天海祐希)だったが、
宇津木は了承しても、、、晶は認めない。
“私たちを認めないなら、オリンピックは目指さない”と悠里に告げ、家出。
話を聞いた丈治(反町隆史)は、自分が連れ戻すと言うと、
悠里は、辰也(寺島進)も連れて行って欲しいと言い出すのだった。

そのころ、相馬幸恵(賀来千香子)のことで、エステ部門は揺れていた。
かつてパチンコに熱中するあまり、子供を車内に取り残し死なせる過去があった。
だが、すべてを知った上で幸恵を採用していた悠里は、
スタッフ達の意見を全く取り合わない。

一方、廉(矢野聖人)から、病気のことを告白されたリカ(長澤まさみ)

そんななか、幸恵の身に事件が発生。
悠里は、全社員を集め。。。。。。

同じ頃、祖父・惣一(夏八木勲)に呼び出される洸(松坂桃李)廉。。。。

敬称略



あ。。。別に、悪気があるわけじゃ無いのですが、、一応。。。ね。


今回、、見ていると、

子供、子供と言っているわりに、自分では接することなく放置し
ドラマの中に、わざわざスタッフのイジメ事件を盛り込んでいる。。。

そんな印象があったのですが。。。。


まさかとは思うが。

『想像力を持って、心を進化させるべき』


想像力で、カバーすればいいのかな???(苦笑)


どうしても、今回のお話。
『自殺』というキーワードを出すために、無理に作ったという印象しかない。



たしかに、前回あたりから、
『論理』『理論』が薄くなり始め、無駄なリカとのコントも少なくなり、

『人間』としての、悠里の姿は描かれている。

だからこそ、、こどものこと、友人。。。この場合は幸恵のこと。
で、苦悩し、一喜一憂する姿が描かれ、

まさに、『ドラマ』のような感じなのだ。


かといって、それで、『ドラマ』が面白いのか?といえは、そうでもない。

実際、ひとりの登場人物の退場劇としては悪くはない。
が、ここで大問題なのは、
悠里のことなどが描くのは良いが、

ほとんど登場しなかった人物の退場劇ですか???

まさか。。。。。僕の父親は早乙女修一です、、、
と言う事で、新キャラを投入したいが為に、、退場劇ですか??


とりあえず、悠里をメインのドラマにはなっているが、
ネタをバラマキしすぎて、
ドラマのブレが大きくなっているような気がします。


結局、このドラマ、どこの部分の何を描きたいのだろうか??

あくまでも、究極の推測なのだが、
論理などを組み込みすぎて、好みの差が生まれすぎたため、
なんとか、戻そうとドラマにしてます?
それとも、、論理、、、無くなりました?


これまでの感想

第3話 第2話 第1話 






最終更新日  2010年07月29日 23時46分00秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.