19055201 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

冷静に>『なつぞら… New! ひじゅにさん

新作映画「X-MA… New! 鹿児島UFOさん

グレイズアナトミー… New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

SDGsとESG時代の生物… New! クルマでEco!さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

料理研究家の程一彦… みやさとver.さん

日向坂46「ドレミソ… BROOKさん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2010年08月03日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『別れのロールキャベツ』
“別れのロールキャベツ~和也帰る!

内容
突然帰ってきた和也(細川茂樹)
くるみ(観月ありさ)に土下座し謝罪する和也。
そして、いきなりプロポーズしてくる和也に、くるみは驚くばかり。
すると康太(野村周平)は、父・和也に怒りをぶつけると、、、
“また出直す”と、、、和也は出て行ってしまう。

追いかけるくるみに、“くるみと康太が許してくれるなら”と
やり直したい気持ちを告げ、姿を消すのだった。

許したい気持ちもある。でも、、、康太が許せない気持ちも分かる。
さくら(ともさかりえ)は、優しく応じてくれるが、
ミキ(西原亜希)は、、、やめておいた方が良いと告げる。

迷い始めるくるみだったが、やはり“好き”という気持ちは嘘じゃない。
くるみは、和也との結婚を決意するのだった。
戸惑っていた康太も、2人を祝福してくれたのだが。。。。。


敬称略



“あいつは、俺のこと嫌いなんだよ

“あの子に愛されたいんでしょ?
 康太だってそうよ、一緒にいて欲しいのよ。
 親と離ればなれになんかなりたくない”



突然帰ってきた婚約者・和也
結婚を申し込まれ、、、許し、、受け入れるくるみ
だが、それと同時に、康太が。。。。。


ってことである。

一難去ってまた一難

そういえば簡単だが、
“幸せの選択”。。。

康太の場合、それが、いちばん良いのでは??

と考えてしまったと言うことである。



でも、親を失ったことのあるくるみは、
それだけは、どうしても許せない。。。。絶対に良くない。

“俺なんていない方が良いんだよ
“行きなさい。一緒に行きなさい、お父さんと。お父さんあんたにあげる
 康太を離しちゃダメ、絶対後悔するから”

くるみの究極の決断。
切なく、そして自分の過去があるから愛ある決断ですね。


家に帰ると、“家族”の可能性がある食事の準備が、
これまた良い感じで、
1人手巻き寿司は、くるみじゃなくても、、、切なさ全開である。


ホントは幸せが。。。そこにあった。。。



最後は、、、切なさばかりを、演出しての、、、大逆転。

“和也さん、康太連れて帰ってきた”


うん。。。まさにハッピーエンド。
笑顔の食卓が印象的である。




このドラマ、ほんと、、、言ってみれば“日常”を描いているだけなんですよね。

成功物語を描こうとしているわけでもなく、
幸せになる過程の、、、その一部分を切り取ったという物語。

だからこそ、
ちょっとしたことで失敗するし、ちょっとしたことで成功する
そこにある、、、小さな幸せ。。と言う感じの物語である。

日常を描き、それが感動的なのだから、
かなり良い感じで感情移入が出来て、面白い作品だったと思います。

ま、、、ベタベタなんですけどね。
それでも、シッカリと登場人物の気持ちが描かれ、
ドラマとして起伏を描き、、、たのしく、、そして、ちょっと感動。

サスガに、ベタすぎるので好みの問題は出てきますが、
ホント良いドラマだったと思います。

幸せって、ほんのちょっとしたことで訪れる。。。って


これまでの感想

第4回 第3回 第2回 第1回






最終更新日  2010年08月03日 23時34分30秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.