19429091 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

今日の収穫 (9月… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

刑事7人 最終回 New! はまゆう315さん

夏ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

令和元年 台風15号 … New! クルマでEco!さん

人間と米の数霊、そ… New! 鹿児島UFOさん

目玉焼き>『なつぞ… ひじゅにさん

え? 俵のねずみさん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

制作中です シュージローさん

2010年08月10日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『手がかり』
“真犯人の手がかり

内容
浅沼(姜暢雄)の協力で、
小早川美由紀(村川絵梨)の居るホテルに向かった成田誠(上地雄輔)だったが、
置き手紙を残し、、、美由紀の姿はなかった。
そこにやってくる、二ノ宮絵美(石原さとみ)
成田が真犯人ではないと、、浅沼が協力を求めていたのだった。
突然の絵美の姿に驚く成田であったが、事件の日のことを話し協力を求める成田。
謎の人物“フクナガ”も含め、信じて欲しいと成田が訴えても、
どうしても信じる事ができない絵美は、成田を残し部屋を後にする。

そんななか、絵美の妹・まどか(折山みゆ)が校舎から転落!
命に別状はなかったが、絵美は、、まどかから事情を聞くのだった。
病院に連れてきてくれたという友人の橋元望(波瑠)と話をする絵美。
本当は自分が、屋上から飛び降りようとしたと話し始める望。
レイプされ妊娠したことが原因だった。
どうして良いか分からない絵美は、、ふと、父(船越英一郎)の言葉を思い出す。
“成田を頼れ”

成田に連絡を入れ、事情を話す絵美。
望のことを助けてくれたら、協力を考えても良いと。

その直後、望を呼び出し、話を聞く絵美と成田。
バイト先のカフェで、半年ほど前に出会ったという。
その後親しくなり、デートをしたのだが、、、お茶をした後、眠くなり、
気がつくと、、、、ホテルにいて乱暴されたと言うことだった。
明らかな犯罪であると、望に告げる成田。

数日後、なにか引っ掛かりを感じた成田は、同じコトを聞くと、望の言葉は曖昧。
事細かに話を聞く成田に、戸惑いを覚える絵美。
が、、、成田は絵美に告げる。
“彼女は嘘をついている”
バイト先に行き、調べてきたが、かなり前にバイトを辞めていると分かったと。
望の態度が不自然なこと、バイトもしていないのに部屋には高級品の数々。。。
成田は、、、望が援助交際している可能性を絵美に話すのだった。
しかし、その成田の追及する態度に、“やはり信じられない”という絵美。


敬称略





絵美の妹が。。。校舎屋上から転落!
そんななか、明らかになる、絵美、まどか。。。の知り合い。。。望の苦しみ。

成田に頼ることにした絵美だったが。。。


ってことで、

ま、、相変わらずの、“逃亡していない人情弁護士”の物語である。


ただし、追われているという状況があるにもかかわらず、
明らかに、追っているという状態を描かなかった今回。

そう。。これは、かなりの英断と言って良いでしょう。

中途半端に“追跡”を描くから、“逃亡”を描く必要があることになり、
“逃亡”を描かず、“人情弁護士”を描くという
ワケがわからない状態の堂々巡り。。。となっていた今作ですが、

追跡を描かないということは、逆に言えば
ある程度の演出さえなされていれば、
“逃亡”を描く必要性は薄くなると言うことだ。

英断。。。いや、逆転の発想と言うべきだろうか。

おかげで、追われているにもかかわらず、“逃げない”成田ということで、
人情弁護士としての物語が、際だち始め、

歪ではあるが、オモシロ味のある物語になったと思います。
“君のことを助けてくれる人が、きっとどこかにいる”


逃げ回らずに、逃げていることを表現するのは簡単だ。
成田自身が目立たず行動していることを表現すれば良いだけなのだ。

よっぽど、逃げている表現をするよりも、やりやすいし、見ていて分かり易い。

結局、

ポイントを、どこに置くのか?

と言う事なのだ。


人情モノにしたいならば、逃げ回るよりも、コソコソしている方が描きやすい。
目立った行動をしなければ、逃げていることも、逆説的に理解できる。

今回、、明らかに、方法論の変更がなされたが、
無駄話が薄めだったこともあり、
ドラマとして、、、ようやく“カタチ”になり始めた感じである。

っていうか、前回のように、一室に隠れるまでは良いが、
悠々自適に見える感じになった瞬間、、、緊張感がない。
コソコソすれば、、緊張感がウラにあることが分かると言うこと。である。

個人的には、いままでで、いちばん面白かったような気がします。
あ。。。。いままでが、散々だったので、、絶対評価では“普通”程度ですけどね



これまでの感想
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話








最終更新日  2010年08月10日 23時06分21秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.