20701945 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

麒麟がくる  第1… New! はまゆう315さん

綾の光時通信「映画… New! 鹿児島UFOさん

明日からは『エール』 New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

今夜も生でちょっと… クルマでEco!さん

不要不急の外出はや… 俵のねずみさん

『スカーレット』最終回(第… ショコラ425さん

劇場鑑賞「PSYCHO-PA… BROOKさん

金髪豚野郎さん逮捕 YOSHIYU機さん

制作中です シュージローさん

2010年08月15日
XML
『護星天使、爆笑!』

内容
お笑いイベントを見にやって来たアラタ(千葉雄大)たち。
だが、大笑いするアラタ、エリ(さとう里香)モネ(にわきみほ)
アグリ(浜尾京介)に対し、ハイド(小野健斗)だけは違い、
“護星天使が、笑いを追う必要はない”と冷静だった。
そこに、幽魔獣・天狗のヒッ斗が現れ、
観客とともにモネが瓢箪へと吸い込まれてしまう。

駆けつけたゴセイナイトとともに、モネたちを取り戻そうとするが、
逃げ足が速く、取り逃がしてしまう。
笑いに耐性のあるハイドとゴセイナイトが中心となり、
ヒッ斗に挑んでいくのだが、意志疎通が出来ず上手く戦えない。
それどころか、アグリ、エリまで、捕まってしまうのだった。


敬称略



今回は、『笑い』と言う事をテーマにしながら
ハイドとゴセイナイト。。の物語ですね。
ま、、、笑顔が消えてしまったゴセイジャーというのもあるし、

護星天使自体への笑いの必要性を問いかけるという、奇妙な物語ではあるが

一般の人も多く被害が出ているのも分かるし、
最近のゴセイジャーにしては、

正義の味方を『らしく』、、やっていたお話だったと思います。


アラタを笑わせて、ワザと敵の作戦乗っておびき出そうと。。。
大苦戦するハイドというのも良い感じだし、

あ。。。サンミュージックネタは、、
ハイドの言うとおりで、“何が面白い?”ですが、
ま、、いいでしょう。

逆に、笑わないなら力尽くという、単純すぎる行動に出る幽魔獣というのは
少しズレを感じる部分ですけどね。

ただし、ヒッ斗を笑わせて、解決って言うのは
ベタだけど良い作戦だったと思います。

“大地を揺るがすナイトの衝撃!
 う~んブルーも真っ青!
“お前は、最初から青いだろ!

ハイド。大変良くできました。


それにしても、今回、いちばん活躍したのはハイドなのに、
“スーパー化”して、中心がブルーじゃないんだね。。。

ここは、自慢気に中心になって欲しかったところである。


久々に、悪くはなかったかな。


これまでの感想

epic.25 epic.24 epic.23 epic.22 epic.21 
epic.20 epic.19 epic.18 epic.17 epic.16 
epic.15 epic.14 epic.13 epic.12 epic.11 
epic.10 epic.9 epic.8 epic.7 epic.6 
epic.5 epic.4 epic.3 epic.2 epic.1 


『劇場版仮面ライダーダブル FOEVER A to Z/運命のガイアメモリ』&『天装戦隊ゴセイジャー エピック ON THE ムービー』
感想






最終更新日  2010年08月15日 10時20分24秒
[アニメ特撮系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.