21366448 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

半沢直樹エピソード… New! はまゆう315さん

横山剛 しなやかにう… New! 鹿児島UFOさん

HACHI>『エール』(… New! ひじゅにさん

F クルマでEco!さん

東京都知事選、小池… ショコラ425さん

熊本に捧げる勝利 YOSHIYU機さん

劇場鑑賞「アンチグ… BROOKさん

蚊を呼んでやっつけ… 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

『2020年 春・夏終… くう☆☆さん

2010年08月18日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『干物女 秘密のドキドキ』
“結婚はパワー?干物女の神頼み

内容
色々考えた末、
自分からぶちょお(藤木直人)にプロポーズしたホタル(綾瀬はるか)
ぶちょおも了承し、順風満帆!悩みは消えたと思われたが
その一方で、瀬乃(向井理)から告白され、ドキドキ。。。。。

こんな事ではダメ!!

そんななか、先日袋を取り違えたサマンサと出会うホタル。
占いをやるようで、“信じない”。。。ハズだったホタルだが
パワースポットに行くことを勧められてしまう。
美香(臼田あさ美)に誘われていたこともあり、
ぶちょおの協力で身を清め、ホタルはパワースポットへの覚悟を決める。

“結婚に向けて頑張り続けるタメ!!”

美香、竹林(君沢ユウキ)松小路(市川知宏)梅田(井出卓也)
、、、、と5人で向かうのだが。。。。。

そのころ、家で1人過ごしていたぶちょおのもとに、
小夏(木村多江)から電話が入る。。。。

敬称略





この手の作品では定番の。

結婚への気持ちを高め、覚悟を決めたはずなのに
そんななか、揺さぶられる、、、ホタルとぶちょお。。。

というお話だ。

ホタルの方は、若干、コメディっぽく、
瀬乃からの一方的な告白で揺さぶられている状態であるが。

ぶちょおは、まさかの小夏からの依頼で、
小夏に“女”を意識してしまう。。。。


と、描き方も、それぞれに“らしさ”を感じさせながら、
一方は、なんだか楽しく、バカバカしく
その一方では、意外とシリアスに。。。と

オモシロ味のある2人の描き方だったと思います。


ジョガー井崎も、いつも通りだしね!
KYなのか、どうなのか、良く分かりませんが
こう言うところが、井崎の良いところ。


と言う事で、最後は、
唐突ではあるが、ケンカして、瀬乃からアドバイスで

“敵は自分の中にいる

結局、仲直り。

“結婚に向けて頑張り続けると言うことは
 自分の気持ちに揺るぎないってことだから。
 わたしが、わたしに負けないってことだから。。
 一緒に、帰ろう。縁側に帰ろう。。。
 縁側に帰って、仲直りして下さい”


ま、結末自体は見えているので、
あとは、ベタすぎる展開をどれだけ許容できるかどうかだけである。

あいかわらず、ダラダラした感じではあるが、
コレが今作の“らしさ”であろう。

まして、、結婚に向けて進んでいる???物語と考えれば、
こんなところだ。


ただ、ココ数回、
よく似た雰囲気の演出が多く、
どうも個人的には、楽しめているのに、、物足りなさがある。

なんていうか、、、インパクトが足りないというか。。。。そんな感じ。

良い感じの魅せ方だけど、なんか、、もうちょっとねぇ。。。
たとえば、高野と小夏の関係なんて、
以前、、今回以上のことがあったと言えるシチュエーションなのに
中途半端で、今回、、、、いきなり。。。。

自分の手の届かない状態になりつつあるから。。

と言うのも分かるが、
同じようなコトを持ってこられても、インパクトは薄い。

次回は、色々ありそうなので、もう少し楽しめそうですけどね。


これまでの感想

第六夜 
第五夜 第四夜 第三夜 第二夜 第一夜 






最終更新日  2010年08月18日 23時05分13秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.