000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

1リットルの涙  … New! はまゆう315さん

MACO 「メトロノーム… New! クルマでEco!さん

『先に生まれただけ… New! くう☆☆さん

綾の光時通信:PPAP… 鹿児島UFOさん

時うどん>『わろて… ひじゅにさん

ネタバレ【わろてん… ショコラ425さん

劇場鑑賞「ローガン… BROOKさん

ダンボール 段ボール… 簡単支払さん

紅葉狩りに行ってき… 俵のねずみさん

実写版銀魂、続編が… みやさとver.さん

ニューストピックス

2010年08月23日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『君にキスした…

内容
亡き夫・勇樹の実家に里帰りした詩織(竹内結子)と海(小林星蘭)
墓参り後、義母・君江(市毛良枝)義父・雄三(でんでん)
義妹・真弓(肘井美佳)、祖母・ユキ(小野敦子)らの待つ家へ
一緒に暮らせばいいと言う君江であったが、戸惑う詩織。
そんなとき、夫の弟・春樹(塚本高史)から電話が入り、
詩織はふと。。。思い出してしまう。。。。亡き夫のことを。。。

そんななか、
真知子(松坂慶子)と大雅(松本潤)が一緒に温泉旅行という番組の依頼が入る。
青木社長(松重豊)は、2世の特権だけでなく、良い経験にもなると考える。
だが、大雅が了承するかどうか。。。。。

同じ頃、大雅は、いつもの慶太(笠原秀幸)ではなく、
伊良部譲(永山絢斗)と飲んでいた。。。
そして大雅は、ここぞとばかり、売れ始めた理由を聞いてみることに。
すると、、、“2世”大雅に仕事をとられたことをきっかけに、
必死になって仕事を頑張ってきたという答えが返ってくる。

その直後、青木から、真知子との旅行番組を打診された大雅は、
人生経験のためにと即諾!!
その大雅の変化に、青木は喜ばしいモノを感じるのだった。

そして、温泉ロケに出発の日。福岡から帰ってくる詩織と海。
事務所に土産を持ってきた詩織だったが、大雅たちの出発と出くわす。
特に会話をしたわけではないが、笑顔の大雅と詩織
2人の様子を見て、桜(桐谷美玲)は、大雅を好きになったことを伝え
宣戦布告をするのだった。。。
“絶対に負けない”

温泉地に到着した大雅は、兄・大貴(沢村一樹)がいるコトに驚く。
どうやら、真知子に誘われたようで、、実費で傷心旅行。。。

敬称略




大雅が、ライバルの譲から話を聞いたことで、
自分の心にも、変化が訪れる。

一方で、大雅との関係に、何かを感じ始めた詩織。
その詩織に宣戦布告する桜。


って感じですね。


2回ほど前に、
桜の様子を見て、仕事に対する考え方に変化を考え始める大雅。。

と言う部分がありましたが、
その後は、あまり仕事のことを盛り上げずに、
詩織との恋バナを進めた今作。

そのため
どうして、そういう考えにたどり着いたのか、少し曖昧ではありますが

なぜか、、譲に話を聞く大雅。。。。

たしかに慶太は仕事が決まったというネタがありましたので
譲と関わる機会を得たことは。。。確かなのです。

が。。。なぜ、聞いたんだろ?

桜だって、良いワケなのに。。。。。。

悪くはない転機ではありますが、ちょっと、違和感を感じてしまった部分ですね。



とりあえず、
前回、今回で、大雅には、仕事、恋。。。両方に変化が訪れた。

ということのようだ。

そして詩織は、亡き夫と大雅の間で、揺れる心。

コレからのことを考えれば、
2人ともに、変化が訪れているのだ。

ドラマの大きな流れの中では、“転機”ですから、
この微妙な距離感を表現しながら、物語は進んでいくのでしょう。

桜の宣戦布告にしても、その1つだろう。

恋バナとしては、ある一定以上の盛り上がりを魅せている感じだ。



ただ、同じようなコトをもう一度書かせてもらうが、
大雅の仕事。。。なんですよね。。。
変化しているのは分かるし、
今回くらいの、、、“お友達”のシーンならば、理解できます。
意味がある部分だったしね。

気になるのは、

仕事と恋を両立しながら、ドラマを進めていくことが出来るのか??

である。

こう言うことはあまり書きませんが、
同じ脚本家さんだし、枠も同じだから書かせてもらうと。
“ブザー・ビート”と比べると、
同じような仕事と恋を描いているにもかかわらず、

どうしても、主人公・大雅のポジションと変化の表現が、中途半端すぎて
“仕事をせずに恋ばかりしている、2世タレント”
という、初期設定から、変化をしているように、見えないんですよね。

むしろ、その設定が濃くなっているように感じています。

今回など、青木が、、、変化があるようなことを言っていましたし、
大雅の行動なども、変化が見える感じのところあります。
ですが、結局、仕事が中途半端すぎる状態なのに
“恋バナだから”と、、詩織ことばかりを考えている部分が強調されすぎて、

やっぱり、変化していないんじゃ?

なんていうか、、、仕事に対する変化がある一方で、真剣さが見えない。

そんな印象になっています。

きっと、仕事と恋を両方進めていくのだろうが、
もう少し、仕事に対する真摯な態度が見えなければ、
モヤモヤした部分が消えないような気がします。


かなり、おしいところ、いっているのになぁ。。。。



これまでの感想

第5話 第4話 第3話 第2話 第1話






最終更新日  2010年08月23日 22時12分14秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


映画感想


コメント新着

どら平@ Re:BS時代劇『神谷玄次郎捕物控2』第七回(05/15) 福田麻由子は演技うまい 運動嫌いを克服し…
むつき@ Re:まっしろ EPISODE10(LAST、最終回)(03/17) 「白い大奥」のキャッチコピーはいったい…
ところどころ@ Re:セカンド・ラブ 第6話(03/13) もういいや ・・・という感じです
おすぎ@ Re:連続ドラマW『硝子の葦~garasu no ashi~』第三話(03/07) はじめまして。私も硝子の葦にがっつりハ…
三連星@ 懸命とは セリフでは「けんめい」とありましたが、…

ランキング市場

楽天カード


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.