19078746 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

イントロ New! 俵のねずみさん

ドラマW 神の手 … New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

TBS ドラマ 凪のお暇… New! クルマでEco!さん

夏ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

関ケ原の陰で・・・ New! YOSHIYU機さん

なつよ、テレビ漫画… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (7月… New! BROOKさん

本日の日程・・・東… 鹿児島UFOさん

京都アニメーション みやさとver.さん

2010年08月27日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『命の出会い

内容
鳳証券に勤める藍田沙矢子(藤原紀香)は、
有望と思われる銘柄を顧客の堀秀彦(小野寺昭)に勧め、取引をするが大失敗。
不当に株価をつり上げた人物がいたよう。
上司の山田忠彦(升毅)に命じられ、堀から資金回収をいそぐ沙矢子は、札幌へ
だがすでに、堀は自殺をしてしまっていた。。。。

ショックのあまり雪の中を彷徨う沙矢子
そして、、、朝。。。。。気がつくと、馬の横で寝ていた!?
牧場“寺山牧場”の主である寺山俊夫(大地康雄)日出子(宮下順子)によると、
馬の名は“ハルコ”
馬の体温が人間より高いため、、、九死に一生を得たようだった。
その後、命を救ってくれたハルコになにかを感じ、世話を始める沙矢子

だが、数日後、、、、ハルコが売られることになる。
馬を生産する繁殖牧場である寺山牧場にとって、子供の生産こそが全て。
多額の借金がある牧場。子供を産まない10歳のハルコは、無用の長物だった。

“ハルコは、私が買います!”

3ヶ月分のえさ代15万さえ払ってくれれば良いという俊夫に、
すぐに、沙矢子はハルコを買うことを決断するのだった。


その後、東京に帰った沙矢子は、顧客の謝罪周りをした後、左遷。
そんななか、懇意にしている専務の三津井隆(浅野和之)から、
投資ファンド東京ファンドコンサルティング代表・藤本建治(市川亀治郎)が、
沙矢子が大失敗した株取引の株価操作に関わっていたという噂を聞かされる。


敬称略



公式HP
http://www.nhk.or.jp/dodra/chance/



仕事の失敗で自暴自棄になった時、
偶然、馬に命を救われた沙矢子。

それをきっかけにして。。。。。。


ちょっとした、、、きっかけ。。。『チャンス』で、
人生が変化していくドラマのようである。

公式によると、ヒューマンドラマ。。。らしい。

そこは横に置いておくとして、

ま、馬に関わってということで、。。と“どこかで聞いたような”作品だ。

その意味じゃ、ベタとは言えるのだが、
もう、、、、強引というか、無茶な展開をし過ぎて、

正直。。。劇的というよりも、興ざめという印象が強い。


あえて書いておくが、

札幌にいた女が、どこをどう歩けば、、、日高に着くんだい?
それも、わざわざ、扉がシッカリ締められた馬房で、馬と一緒。。。。

初期設定が、あまりにも“ファンタジー”で、
もう、何が、ヒューマンドラマなのか、サッパリ分かりません。

コレを忘れて、
馬の生き方を見て、自分自身の生き方を見つめ直し女の人生を見ろと。。

このドラマは、言う。。。。

いったい、どこをどう捉えて、
東京という現実と、日高のファンタジー牧場を繋げて、納得しろと言うのだ???


あの=====
原作がどうかではなく、
元々、知り合いであったり、親戚であったり
そういうコトに、出来なかったのか???????

不自然きわまりない!!

“NHK土曜ドラマ”とは思えない、、、、無茶なファンタジーである。

いまどき、普通のファンタジーでも
もっと、流れはスムーズである。


そんなことがあるのに、
ドラマは、証券会社でのアレコレまで入れ込もうとする。

あくまでも初回の雰囲気で言えば、
初期設定を無視しても、
“二兎を追う者は一兎をも得ず”状態のような気がするんですけど!!


昨日も見て、今日も見て。。
2度以上見ても、、、違和感が。。。。。。。


今作は、、“捨て”かもしれません。。。。。。





ドラマでは、よく勘違いされることがあります
それは、

劇的、ドラマティック、などと
ご都合主義、、は、
似て非なるモノであると言う事です。

ご都合主義的展開は、基本的に非現実的なモノである“ドラマ”にとって、
あって然るべきモノであり、それ自体が否定されるモノではありません。
それそのものは、劇的などと同列に扱って良いモノです。

ですが、そこに“必然性”“必要性”が感じられず、
明らかに“不自然”な“ご都合主義”は、否定されるべきモノと言う事です。

それは、決してドラマではありません。

よく使われる言葉の一つ。

“事実は小説よりも奇なり”

というモノがあります。
簡単に言えば、良くも悪くもそこに偶然性があり、
結果がどうでアレ、いわゆる、、“奇跡的”と言って良いモノです。

だから、そういう意味では、“劇的”“ご都合主義”で表現されるモノは
ある種、、、“リアリズム”の1つのカタチと言って良いモノで、
そこに“偶然”が、絡んだとしても、ドラマとして受け入れられるし、
オモシロ味というモノを感じるモノです。

ですが、その展開自体が“不自然”であった場合、
どれだけ好意的に見ても、“劇的”などと言う言葉よりも、

“うさん臭い”“嘘くさい”
そんな印象を持ってしまうと言うことです。

これは、どんなドラマでも同じコト。

基本的に、“ドラマはドラマ”であり、
それは、言ってみれば“作り物の嘘”=“劇的”と言って良いでしょう。
ですが、
“過ぎる不自然なモノ”は、ただ単なる“嘘”でしかありません。

それを、どのように見せて、魅せるか?
いわゆる“演出”が、ドラマにとって重要なモノであるということです。

これがある意味、リアリティを求める作品であればあるほど、
こういった“嘘”は、際だち、ドラマとしてのオモシロ味を失わせてしまいます。

簡単に言うと、
“ドラマ”には、“許せる嘘”と“許せない嘘”があると言う事になります。

もちろん、何が許せて、何が許せないかは、人それぞれですが、
展開上不自然すぎるモノは、絶対的に許せないと言っても過言ではありません。







最終更新日  2010年08月29日 11時16分22秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.