19052731 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

SDGsとESG時代の生物… New! クルマでEco!さん

綾の光時通信、、、… New! 鹿児島UFOさん

日曜日>『なつぞら… New! ひじゅにさん

仮面同窓会  第6… New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

料理研究家の程一彦… みやさとver.さん

日向坂46「ドレミソ… BROOKさん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2010年08月31日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『佳音』

内容
篠宮あかり(有森也実)との再婚を考え上京したばろく(渡辺いっけい)
だがプロポーズしたモノの、あかりから断られてしまうのだった。
カノン(里久鳴祐果)は、父・ばろくの力になろうと
タイヘイ(眞島秀和)に協力を求めると。。。。。快諾。
施設にカノンが到着した時には、
すでにタイヘイがお年寄りたちの中に入っていた。

一方、
イパダダを追跡しキリノハ(松本さゆき)と合流したサワモリ(森豪士)たち。
だが、魂を吸収し続けるイパダダに、手も足も出ない状態になりつつあった。

同じ頃、どうしても、あかりの気持ちが気になったカノンが、話を聞くと。
ばろくのことを尊敬し、好きだと言うが、
実は、あかりにしか心を開かない老婆がいると言うことだった。
そのため、施設を去ると困ってしまうのではと。。。。。。
そんなコトを伝え聞いた、ほかのお年寄りたちは、
あかり、ばろくのために、一肌脱ごうと。。。。。。


敬称略




イパダダの成長が留まるところを知らず、
すでに、どうしようもない絶望的な状態になりつつあった。

そのころ、カノンは。。。。。。


ってことで、
物語は、本格的に佳境と言うことのようだ。

悪くない『転機』ではあったと思います。
どこかに、人を信じる事が出来ない気持ちを持っているカノンですから

なんらかの『イベント』を見て、
心が開かれていくというのは、かなりベタですが、良いことです。

ラストの笑顔も含め、
正直。。。今までにないくらい、良い雰囲気。

もちろん、本当は。。。と表現されているイパダダ部分もね!




ただ、どうしても、モヤモヤしたモノが残るのは、
いままで、カノンが色々してきて挫折したのは、
相手が、、、『赤の他人』だということなんですよね。
街で出会った少女は当然、恋人にしても、友だちにしても
基本的に、『他人』なのだ。

だから、超えようとしても、超えることの出来ない『一線』というものは、
絶対的に存在するモノなのだ。

が、今回行ったのは、、、父・ばろく、、、家族である。

たとえば。ばろくとおばあさんたちのやりとりに感動するのも良いし
それ自体に問題はないのだが、

すでに、他人とはいえ、信頼関係が結ばれている人間関係であるところに、
感動物語を持ってきて、人間関係の素晴らしさを知るって言うのは、

カノンが行おうとしていたことよりも、簡単なことなんですよね。

ハードルが低いと言えば良いだろう。

それは、、、ま、、横に置いておくとして、
ここでもう一つ問題があるのは、カノンとって親密な父であると言う事なのだ。

どうだろう。。。
赤の他人の結婚式を見て、それなりに感動するだろうが、
それが、父だったら?
きっと、それなりではなく、『かなりの感動』になっているはずなんですよね。

そう。。。
今回行った、カノンの変化は、物語を進める上で重要なことではあるが
微妙に物語のすり替えが行われ、
ハードルを低くし過ぎてしまっていると言うことなのだ。

決して間違ったことをしているとは思いませんが、

せめて、、、カノンが父とケンカ状態だとか
たとえば、亡き母がいるのにと、、、プチ親子ゲンカを表現するとか。
そう言ったモノがなければならなかったシチュエーションだったと思います。


かなり、おしいんですよね。。。。




これまでの感想
第20話 第19話 第18話 第17話 第16話 
第15話 第14話 第13話 第12話 第11話 
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 






最終更新日  2010年09月01日 18時38分55秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.