19663478 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

錦織圭 ピンチ=東京… New! クルマでEco!さん

おしん  第170話 New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

ハイキュー!!、終わ… New! みやさとver.さん

ブン屋の誇り>『ス… New! ひじゅにさん

綾の光時通信、時事… New! 鹿児島UFOさん

秋ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

劇場鑑賞「フッド:… BROOKさん

来年の鳴尾浜にワク… YOSHIYU機さん

いろいろの巻 俵のねずみさん

2010年09月03日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『強火』

内容
周囲の勧めで見合いをすることになったうぬぼれ(長瀬智也)
だが、写真を見た栗橋(坂東三津五郎)は、、、地味。。
相手は、、、本庁の総務部長の娘で、図書館司書の藤沢知世(光浦靖子)だった。
明らかに結婚が決まっている状態だが、
さすがの恋愛体質のうぬぼれでも、全くときめいていなかった。
うぬぼれによれば、見合いと言うこともあり母・千鶴子(竹下景子)が上京!
父・葉造(西田敏行)は、サダメ(生田斗真)の。。ネットカフェへ逃亡する。。
実は、退職金を使い込んでしまい、葉造は千鶴子と上手くいっていなかったのだ。

やがて開かれた、、、お見合いの席で
父・藤沢一志(本田博太郎)と現れた知世。。。写真と同じ。。。だったが。。。
気配りを見せたりするだけでなく、写真とは違い、メガネをかけた知世に、
なにかを感じたうぬぼれは、突如ときめいてしまう!
そこへ、心配したのか、葉造が現れるも
葉造が暴露本を書いたと知り藤沢は、表情を一変する。
それに応じるかのように、葉造も腐敗の元凶と藤沢を酷評し、
見合いは流れそうになるのだが、
“私たちの関係に、おとうさんの事情を持ち込まないで”
という知世のヒトコトで、、、なんとなく、上手くいくのだった。

そのころ、世田谷通り署管内では、連続放火事件が発生していた。
消防署の宇野みのる(猪野学)によると、狙われたのは全て留守宅。
そして、現場にはダーツが残されていたという。
宇野とともに現場の捜査をする中、
うぬぼれは、返却期限の過ぎている世田谷通り図書館の本を発見する。
調査すると、、放火のあった5件、全て。。期限切れの本が残されていた。

やがて、知世とデートするうぬぼれは、
知世から突如。。。“私、何も悪いことしていません!”と。。。。
そのうえ、知世から、、、、フラレてしまううぬぼれ。
好きな男がいるという。。。。。

敬称略



フラレタ女性を犯人扱いするなんて
そんなの下劣コップどころか、ゲスコップだ!


それにしても、
もの凄いところを突いてきましたね。
次回予告から、、、まさかを感じていましたが、

そら、、、いくら、そういう女性であっても
そこに警視庁のお偉いさんと言う部分があれば、

うぬぼれであっても、逃げることが出来ないわけだ。

なるほどね。
納得のキャスティングである。


あとはまぁ、、、男の気を惹きたい女性の犯行。

ということで、
悪くない展開ですね。

突如、組み入れた母・千鶴子を、、、
コメディ部分も、刑事モノドラマ部分も、
上手く利用したお話でしたね。

うぬぼれが、推理をミスするのも、
分かってはいても、ミスリードと言うだけでなく、

コメディドラマならば、こういうのもアリでしょう。

栗橋との経緯も、
ダーツを上手く絡めるなど、良いですね。



それにしても、、、こんな状態で、
うぬぼれ。。。。。プロポーズするんだね。

“どうか、もらってくれ”
“私からもお願いします”

もの凄い展開だ。
犯罪者を。。。。。。。。

考えてみれば、今までで
いちばん結婚に近づいたはずのうぬぼれなのに。。。。。

ココまでくると
うぬぼれが、かわいそうに思えてくる私である。


最後は、葉造のちょっといい話。

テンションは低めだが、
ゲストキャラが上手く入ることで、少し、、マンネリ感が薄らぎ、
楽しく見ることが出来た感じですね。


しっかし、、、

サザエさんの舟さん。。
ゲゲゲの女房のイトツ
そして、、、今作。。。。
竹下景子さん。。。。引っ張りだこだよね。

最近、普通の姿の記憶がありません。
いつだったかな。。。。ぴんたんこカンカン?


これまでの感想
第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 






最終更新日  2010年09月03日 23時41分54秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.