19451701 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

それぞれの断崖  … New! はまゆう315さん

パーソナルモビリテ… New! クルマでEco!さん

ネタバレ【なつぞら】最… New! ショコラ425さん

家政婦>『なつぞら… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「HELLO WOR… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

千葉県の台風災害へ… 鹿児島UFOさん

え? 俵のねずみさん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

制作中です シュージローさん

2010年09月06日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『余命3カ月の容疑者

内容
とある路上で澄川秀雄(有山尚宏)という男の刺殺体が見つかる
10年前に幼女殺害で逮捕され、当時、未成年のためマスコミが大騒ぎした男。
2週間前に出所したと言う事が分かってくる
村雨(中村俊介)の周辺への聞き込みで、現場近くのコンビニで少年が倒れ、
救急搬送されていたことが分かる。。。。少年の名は園田忍(中丸雄一)
それは、10年前、澄川が殺した幼女・園田百合の兄だった。
何か関係がある可能性が高いと感じる安積(佐々木蔵之介)

すぐに水野(黒谷友香)をつれ、少年が入院する病院へと向かう安積。
すると、、、園田は、待っていたと安積を迎え入れ、話し出す。
“僕が、澄川秀雄を殺しました。
 犯人は、18歳だっただけで人権とやらを
 やたらに守られながら逮捕された。そしてたった10年で出てきた。
 人ひとりの命は、人ひとりの命しか釣り合わない
 死ぬ以外に償いは出来ない
 僕は、そう思っています
 僕は、がんなんです。あと3ヶ月も生きられない。
 だからやり残したことをしたまでです。
 もう自分の人生に、悔いはありません。”
そして血が付着した着衣を取り出すのだった。それは、衝撃的な告白だった。

安積は、村雨に命じ、
園田に澄川の出所を教えたという野崎という弁護士(伊藤正之)へ向かわせる。
野崎は、10年前、国選で澄川の弁護をしたが、
犯罪被害者の会で活動しているらしく、
園田忍や母・里江(真行寺君枝)が、会を訪ねてきたというのだった。
被害者遺族にも、出所を知る権利があると、澄川の出所を伝えたことを認める。

その後、園田が持ち出した着衣の血液が、澄川と一致。凶器にも指紋。
自白もあることから、金子課長(田山涼成)は、安積は園田忍の逮捕を命じるが
何かが引っ掛かり、安積は応えない。
一方で、忍の母・里江が、神南署を訪れ
残された命を病院で過ごさせてやりたいと訴えてくる。

それでも、何かを感じる安積は、園田忍の病室を訪ねる。
すると今度は、
“僕は死ぬまで反省をしないし、謝罪もしない
 僕は正しいことをしたんだ。
と言い切った上で、
“僕と母は生き地獄だった”と、、、苦しみと怒りをぶつけてくるのだった。

『僕は殺人者は全員死刑になるべきだと思っています。
 法律なんて、生きていく人間のためのモノでしかない。
 死んでいく僕には関係ない。
 僕は、悪魔に魂を売った。
 がんになったことを嬉しく思っている。復讐する勇気が出たんだから。
 どうして、澄川が死刑にならないんだって恨んだこともあった
 でも今思うと感謝している
 この手で殺すことが出来たんだから。
 逮捕しても裁判まで僕は持たないでしょう。
 僕の罪は、誰にも裁かれないんだ。
 みんな僕の真似すればいい。犯罪は減りますよ。』

安積は、“してしまったことと向き合って欲しい”と逮捕状請求の延期を決断。
そんなとき、園田忍が映っている防犯カメラの犯行前の映像に、
凶器を持っていないことが判明する。
自白していながら、なぜ凶器を隠す必要があるのか?
一方で、園田忍が、病院で、葵ちゃんという少女と仲良くしている姿を見て、
安積は、、自分への言動と、葵ちゃんへの言動の落差に違和感を感じ始める。。。

何かを隠している。。。。


敬称略


↑メンドーなんですモードではなく、
気がつけば、、、たっぷり書いてしまっていました。


それだけ、今回浮かび上がった容疑者の少年の言葉が衝撃的。


物語は、
少年法により裁かれ出所した男が、殺された。
浮かび上がる容疑者。。。それは、男が殺した少女の兄だった。
余命幾ばくもない、、、その容疑者は、自白をした上で、
後悔はないと言い切り。。。。。。


って感じだ。

なかなか、重いテーマを持ってきましたよね。
たま~~~に、今作『ハンチョウ』は、
飛んでもない重いテーマをぶち込んできますね。

だからこそ、ただただ軽いだけで、
事件を追っているだけの刑事モノとは一線を画すだけでなく、
ファミリー向け、人情モノの『ハンチョウ』であっても、

やるときはやる。

そういうスタッフの思いが伝わってくると言うモノです。


復讐劇。
少年法と、その『復讐劇』という言葉だけでも十分だが、

そこに、容疑者の命が。。。
と、事件としても
切ないものになっていますよね。

『お前が生きているウチに、お母さん、仇を討ったよ』
『僕がやったことにする。
 僕ならもうすぐ死ぬ、裁かれることもない
 あんな奴のために、母さんが捕まることなんてないんだよ。
 最後に親孝行をさせてよ。
 僕には、もう、それしか、お母さんにしてあげられることなんてないんだから』

だが、その母を庇う嘘は、母を逆に追い詰めてしまっていた。。。

ということで、、、
最後の最後まで、安積の関わりは薄いですが人情モノである。

『先に死んでごめんね。だけど、生きて欲しい。死なないでお母さん』



しっかし、、まさか、、、最後にどんでん返しとは。。。
気になっていたんですよね。親子でかと思っていましたが。。。
そっちのミスリードも、生きていたと言うことですね。

なるほど。


物語も良くできているし、
視聴者に、何かを訴え、考えさせる物語としても
本当に良くできたお話だったと思います



少し気になったのは、
少女が出てくるタイミングかな。。。
最後まで見せないための配慮も含まれているのだろうが、
微妙に、遅かったかな。。。タイミングが良すぎという感じ


これまでの感想


第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 






最終更新日  2010年09月06日 21時03分24秒

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.