19856240 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

先着プレゼントあり… New! クルマでEco!さん

ドクターX 外科医… New! はまゆう315さん

君のことをまだ何も… New! YOSHIYU機さん

世代交代>『スカー… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (11… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

新作映画「ターミネ… 鹿児島UFOさん

おや?いつの間にか… 俵のねずみさん

【スカーレット】第8… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

2010年09月10日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『ALL IS イーブン』

内容
宇宙で最も人気のあるスイーツ“銀河焼き”。。たった2つのスイーツを巡り
マルコ(戸次重幸)モジャット(片桐仁)とオハナ(高梨臨)が奪い合い!
だが、そのために田園調布号の機体の一部が損傷してしまうのだった。
どこかの惑星に不時着するしかない状況のため、
とりあえず、、惑星イーブン。。。上空へすっ飛ばし!
そこは、平等の思想があり、争いがない平和な惑星だった。

すると突然、
イーブンから外務大臣タイラー(永野宗典)とその秘書コンボイ(長江英和)
たちが、、、田園調布号に乗り込んできて、不時着を許さず。
強制退去を命じられてしまうのだった。
他の惑星の者との接触が禁じられているためという。

修理すれば、すぐに立ち去ると訴えるマルコだが、
全く、受け入れてもらえない。

交渉をはじめたところ、平等思想のため“富”がないことが分かってくる。
そして、極端な平等思想で、
個々の自由や、個々の気持ちも押し込められていると判明する。

そんななか、オーブを巡り。。。。。

敬称略



もう一捻りあっても、面白かったかも知れませんが

なかなかシュールな内容でしたね。

平等思想の暴走した惑星
オーブを巡り、、勝負を捨てた人たちに一勝負を画策するマルコ。

最終的に、ちょっとしたオチもあり

悪くないネタだったと思います。


ただまぁ、もう一度書くが
もう一捻り、平等思想の極端なモノを見たかった気がします

きっと、それがあってこその、
マルコの考えだろうし、戦いにも意味が出てくる。

それに、
もう一つ物足りなさを感じているのは
同じパターンなので仕方ないと言えば、それまでなのだが

惑星の『その後』が見たいと言うことですよね。


これまでも、明らかにマルコたちの存在が
惑星に変化を促してきたはずなのだから、

そういうモノがあってこその、オチだと思います。


しっかし、難しいネタを持ってきましたよね。








最終更新日  2010年09月11日 22時03分45秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.