19059363 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

本日の日程・・・東… New! 鹿児島UFOさん

トミカ トヨタ ジャ… New! クルマでEco!さん

京都アニメーション New! みやさとver.さん

科捜研の女 第10… New! はまゆう315さん

冷静に>『なつぞら… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

日向坂46「ドレミソ… BROOKさん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2010年09月28日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『愛のから騒ぎ』

内容
つきあい始めた博(内野聖陽)に、浮気をしていると誤解された里花(上戸彩)
だが相手が、、、一緒にいたのが“未来の博”だとは言えなかった。
“知り合いなの!”
博も、親友の森松(中山祐一朗)から“男の噂”を聞いていたこともあり、
どうしても、里花のことを信じる事が出来なかった。

そんななか、里花の話に触発された作家・濱田梓(渡辺えり)の執筆は、
熱を帯び始め、里花を使って集中をはじめていた。
そのため、博と約束をしていたデートを忘れてしまうのだった。
誕生日を博の部屋で一緒に。。。。
博に連絡を入れ、謝罪するが、
“仕事に夢を持っている君を好きになった”と、、博は告げ、
関係修復の機会は、失われたかに思われたが、
濱田の夫・川上哲夫(渡辺いっけい)に促され、わずかな時間をもらう。

一方、40博の異状に気づいた三田村(藤竜也)は、博を救い
未来。。。。10年後に、時空移動装置がある場所へと向かうのだった。
装置の側にいれば、回復できると。
博に連れられてきたが、そこは森。。。
10年後、最上階に博と里花が住んでいるマンションになっているという。

時間をもらった里花は、博の元へと向かうが、
なんとか、説明をしようとするが、誤解は解けず。
“もう良いよ。もう終わりにしよう”と博に別れを告げられてしまう里花。
どうしようもなくなり、40博と一緒にいるのを見かけた三田村の研究室へ。
驚く三田村、森松を気にも止めず、
里花は、40博を呼び出し、

“あなたの希望通り、別れることになりました”

そして誤解の原因となった森松や、三田村にも怒りをぶちまけ、
里花は、研究室を後にする。
“あなたみたいなオッサンと浮気してるなんて
 誤解されなきゃならないのよ
“同一人物だぞ。。。

自暴自棄となり、里花は、博のために用意していた料理を
親友の亜美(木南晴夏)弟・悠太(染谷将太)と恋人・飯野マリコ(林丹丹)に
振る舞うのだが。。。。。。

そんななか、里花は、芥山賞の結果を待つ日高(劇団ひとり)から、
受賞したらつき合って欲しいと告白されてしまう。

敬称略


愛のから騒ぎ

というよりも、、、“大騒ぎ”という状態に近いのだが、
妙な三角関係であることを考えれば
その面白さも含めて、“から騒ぎ”で、正解でしょう。

変な言い方だが、夫婦ふたりによる、独り相撲。。。と言う感じだしね(笑)


それはさておき。物語。

良い感じでくっつきはじめたら、
誤解などで、バラバラになる。。。。のは、ドラマの定番。

そんなお話が、今回である。

当然、結果も、、、“ベタ”

未来からの時間警察の謎の男の任務を受けた弟君が、大活躍!


博“好きだから、憎むんだよ。
 科学的には、全く理解しがたい感情だよ
 今、こんなに好きでたまらないのに”

手が汚れているからと、、、、
ちょっとした、、、サプライズ的な、
いや、一昔前の恋愛ドラマのように、。。。。里花の額にキスする博。

里花“わたしも、ごめんなさい
 ひろしさんが溺れたら、博さんを先に助けるから

博“そうしてよ。実は、僕は本当に泳げないんだ

博“でも、そのかわり、里花が、本当に本の下敷きになったら
 そのときは、ちゃんと助けに来るよ。
 たとえ、僕がおじいちゃんになっても。きっと、助けにくる

里花“本当に?

博“本当に

里花“じいちゃんになっても?

博“じいちゃんになっても。君がばあちゃんになっても。


時間警察40博、、、任務完了である。

すべてを未来に託して。。。。ってことだろう。


それにしても、ベタだけど、流れがよかったですね。

三田村の気持ちも描かれたし。こういう役割は重要ですよね。
“妻にあいたくて、研究を始めた
 ずっと、後悔していた
 研究ばっかりに夢中で、妻に死に目に会えなかったことを
 でも過去は変えられない。
 だからこそ、時間は尊いんだ
 でもね、未来は、いくらでも変えられるよ。


時は尊い。。。。でも未来は変えられる。

時間的な“未来”ということだけでなく、
その“未来”に、、、“希望”めいたものがみえたのも

なんだか、、、次回が、見たいような、見たくないような。。。。
でも間違いなく“感動的な結末”が待っているような気が。。。。。

ベタな恋バナも、ここまで描けば、大満足である。



そういえば、少し気になっていることが。
比沙子(高島礼子さん)と、、40博。。。
いつも一緒に飲んでるけど、どういう風に相手を呼び出しているんだろ。
ただ、、ふたりとも、常連なだけ?

意外と、このあたりが未来の鍵を握っていたりして。


これまでの感想

第4回 第3回 第2回 第1回






最終更新日  2010年09月28日 23時58分33秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.