19451065 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

それぞれの断崖  … New! はまゆう315さん

パーソナルモビリテ… New! クルマでEco!さん

ネタバレ【なつぞら】最… New! ショコラ425さん

家政婦>『なつぞら… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「HELLO WOR… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

千葉県の台風災害へ… 鹿児島UFOさん

え? 俵のねずみさん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

制作中です シュージローさん

2010年09月29日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

内容
秀人(田中幸太朗)への誤解が解けた杏子(床嶋佳子)であったが、
残された時間は、ほとんど無かった。

そんななか、ケンカ状態だった娘・真弓(末永遥)とも和解した杏子。
すべては、真弓が出産した“子供の愛おしさ”のおかげ。
娘夫婦に未来が見えた杏子であったが、
次の瞬間、、、お腹の子供の父である秀人の残り時間を心配せずにおれなかった。
子供を産んでも、その子には、父がいないかもしれない。。。。

そして時は流れ、妊娠9ヶ月になったある日のこと。
杏子は、秀人のために無理にでも出産をしたいと医師に訴えるが
もちろん、、、ダメ。。。。
正枝(丘みつ子)からも諭されるが、
どうしても、、、秀人に子供を見せたいという杏子の気持ちは、変わらない。

その後、杏子の予定日近くとなる。
陣痛が始まったこともあり、産科へと向かう杏子。
一方、秀人の容体が急変。

出産。。。。そして、、、、容体急変。
2つの場所で、命の戦いが。。。。。。。

敬称略



ってことで、Ep3も最終回。

時間がないなか、出産。
なんとしてでも、秀人に子供を。。。。

杏子の願い届かず。。。。


まさにドラマティックな展開である。

命のバトンタッチ、魂のバトンタッチと言えば、感動的であるが

やはり、、、感動とともに、、、悲劇的結末が、心を打ってしまいます。

最後は、
秀人(ひでと)ではなく、、、、秀人(しゅうと)ということで、
キレイにまとまってはいる感じですね。

正枝との関係も悪くなく、、良い感じになったし。

ドラマとしては、
出会いから始まり、恋バナ、、そして、、、生と死

たった6回のお話なのに、
想像以上に、丁寧で、感動的なお話だったと思います。

あ。。。でもね、ヒトコト。
こういった物語は、もう少し長い時間見たかったですけどね!



それにしても、この物語の流れで、

翔子(高畑淳子さん)と冬子(市毛良枝さん)
の、、、部分に持っていくとは、良い流れですね。

“私は、たまたま幸せになれた
 幸せになれる確信があったからこそ、産む決意をした
 けれど、命の尊さを考える気持ちもない人に、
 出産を勧めても良いのでしょうか
 そこに産まれた命は、本当に幸せになれるのでしょうか?
 ひとりでも多くの不幸な子供が救われることも、
 また大切なことではないでしょうか
 産まれてきた命は、皆等しく愛されますように
 私は、そう願ってやみません。

杏子が経験したことがあるからこそ、
“天使の代理人”の行為への問題提起へ。。。。

翔子のことが描かれることも近そうである。

こう言う感じで、翔子と冬子の部分に
物語をフィードバックしないと、オムニバスの意味がありませんからね。


さて、あすからは、Ep4







最終更新日  2010年09月29日 17時55分51秒

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.