19413171 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

ノーサイドゲーム … New! はまゆう315さん

最新 UFO映像8連発 … New! 鹿児島UFOさん

なつよ、千遥よ、咲… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

石川ひとみ スペシャ… New! クルマでEco!さん

今日の収穫 (9月… BROOKさん

ネタバレ【なつぞら】第… ショコラ425さん

鍛えないと・・・ 俵のねずみさん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

制作中です シュージローさん

2010年09月29日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
本栖湖畔に出現したMを“フルドネラ”と命名した久里浜(松重豊)は、
マスコミに対し“MM9”レベルの可能性が高いことを発表する。
そしていくつかの地域へは、避難勧告を発令。

そのころ、
つくばの研究所からMの卵を持ち出したさくら(石橋杏奈)は、
朏(尾野真千子)とともに、逃走をしていた。
やがてワンボックスカーの車内で、卵から生まれてしまうM。
幼体となったMを、出現したフルドネラの元へ運ぼうとするのだが、
その途中、検問に引っかかってしまい、そのうえ、、逃げていく幼体。。。

大ピンチとなったさくらと朏だったが、
そこに、、、氷室(平山浩行)が現れ、窮地を救われる。

そして、“対面”する、、、Mの親子。。。。


敬称略


なんていうか、、、生命の神秘だね(笑)

現実の世界の生命体にも、よくあることだし
驚くようなことではないが、

感動的な再会を、演出している部分があったため、

意外とビックリ!!

なかなか、楽しい最終回だったと思います

もちろん。。。。つくばとの因縁の、、、決着も楽しかったしね!


それにしても、
この状況で、ラストに、異常事態の発生を描くとは!

最後の最後まで、やってくれるお話、、、最終回だったと思います



ドラマ全体を見て
特撮、、、というジャンルが良いのか、
それとも、、ドラマ。。。と言う方が良いのか

そんな状態で始まった作品でしたが、
一部の人には不評だったかもしれないが、

こういう作品こそが、“特撮”の1つのカタチであり、
日常こそが、醍醐味のひとつであるのは、
これまでの、、、既出の作品を色々観てくれば分かること。

その、、、日常という
もっとも、特撮モノとして描きにくい部分を
最後の最後まで、描ききったのは、賞賛されて良いことであろう。

もちろん、私も特撮好き。不満もある。
だが、この手のシュールな作品も大好きですので、

ハッキリ言えば、許容範囲。。いや、、、大好物になってしまった。
そんな感じだ。

そういう特撮部分を気にしなければ、
非日常の中にある、日常。。。
一般的な視点で言えば、明らかな非日常的な日常を、
見事に描ききっていたと思います。

ま、、、かなり、イレギュラーなモノもあったんですけどね。

そういうのも、、、okだろう。

個人的には、“ほぼ傑作”かな。。。
一般的には、良作、秀作程度だろうけどね。
こういう作品は、これからも描いてほしいものである。

っていっても、、、次は、“ドグーンV”(MBS)
多いに期待できる作品でしょうけどね。


これまでの感想

第12話 第11話 
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 







最終更新日  2010年09月30日 21時32分43秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.