19451012 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

それぞれの断崖  … New! はまゆう315さん

パーソナルモビリテ… New! クルマでEco!さん

ネタバレ【なつぞら】最… New! ショコラ425さん

家政婦>『なつぞら… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「HELLO WOR… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

千葉県の台風災害へ… 鹿児島UFOさん

え? 俵のねずみさん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

制作中です シュージローさん

2010年09月30日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
風俗店で働かされようとした金麗(ZOE)を助けようとし、
ハルコ(仲里依紗)は、トラブルに巻き込まれ、警察に捕まってしまう。
鷹栖(池田成志)が引受人となり釈放されたハルコと金麗。
日本語学校で、2人を叱っていると、
そこに東京入国管理局の池上(近江谷太朗)が訪ねてくる。
金麗の誤解は解けたと言う事だが、学校の教師が逮捕された事実があり、
入学希望の外国人学生へビザの発給が停止がなされる可能性があるという。
このままでは、学校自体が潰れることにもなりかねない。
ハルコは、学校を辞めることを決断!そのことを鷹栖に告げるのだった。

そして教室へと向かうハルコ。
生徒たちに、日本語について話を聞くと
一期一会、お帰り、勿体ない、お疲れさま、指切り
いろいろと“好きな日本語”が、生徒たちから語られる。
そんななか、高校教師になることが決まったからと嘘をつき、
教室を去っていくハルコ。

その後、生徒たちを引き継いで鷹栖たちが授業をするが、
ハルコがいないことで、生徒たちは集中できない。

一方、恩師の邦子(朝加真由美)のもとを訪ねたハルコは
自分には“資格”がないと告げるが、
“教師に必要なのは、資格より想い”と、、、邦子はハルコを諭すのだった。

そんなとき、ハルコは鷹栖に呼び出される。
生徒たちみんな、、、ハルコと一緒に卒業したいようだと。
そして
“どうすりゃいいか、自分で考えろ”と話をし鷹栖は去っていく。。。。

敬称略


頑張りすぎたことで、日本語学校、、そして生徒のためにならないことに。
学校を辞めるハルコ。
だが、生徒たちのことは、気がかり。
一方で、ハルコの想像以上の頑張りを理解する鷹栖。

そこで、、、鷹栖は。。。。

って感じかな。


まあ。ベタではあるのだが、
自分が今までしてきたことで、生徒に教えていると言うだけでなく
自分自身にも変化が出ていたことに気づくというお話だ。

もちろん、生徒たちも、ハルコの大きさに、、、と。

“今までのお話”の集大成と言って良いお話ですね。

だから、回想の部分でも
“ハルコと生徒の関わり”が、キッチリと表現された。


そうなのだ。
この最終回、“集大成”と書いたが、、まさに、そんな感じ。

教師というか、学校モノとして、
かなりよくできたネタに仕上がっていたと思います。

が、逆に、今作の問題点を浮き彫りにしたのも確かだろう。


ここからは総括気味。

最終回、、ホント、良くできていたと思います。
好きな言葉、、、で“ありがとう”というのも良いし、
生徒に教えていただけでなく、フィードバックされていたことも
意外と良い感じだったと思います。

その意味では、ベタだし、既視感はあるが、
オモシロ味はあったのだ。

しかし、問題は、先ほども書いたように、今作の問題点なのだ。

今作、生徒とハルコの関わりを描いていれば良かったのに、
半分、、、と言えば言い過ぎだが、半分近くは、生徒が関係ないネタだったのだ。

こんな最終回の回想の入れ方をするならば、
もっと、生徒との関わりを描いて欲しかったモノだ。

外国人ということだけでなく、
教師と生徒の関わりを、もっと丁寧に描き、
そのことにハルコが気づいていく、、、、作品ならば、
もっともっと、良いドラマだったと断言できます。

結局、その部分の、、ネタのブレのようなモノ、
いや違うな。。。ネタが無くなってしまった。。。と言う方が正確だろうか。
もう少しその部分、、、特にハルコの成長を描いていれば、
もっと納得出来た作品になっていたと思います。

かなり、勿体ないことをしていたことを
最終回が証明してしまった感じである。


それにしても、、ジャック以外が不合格って、、、、

ホント、良い感じの学校モノなのになぁ。。。。
生徒を描いて欲しかったなぁ。。。


これまでの感想
第十一話 
第十話 第九話 第八話 第七話 第六話 
第五話 第四話 第三話 第二話 第一話






最終更新日  2010年10月01日 00時36分56秒

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.