19073401 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

究極のMYO(マヨネー… New! クルマでEco!さん

捨て猫に拾われた男… New! はまゆう315さん

愛という名の欲望>… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「チャイル… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

ネタバレ【なつぞら】第… ショコラ425さん

本日の日程・・・東… 鹿児島UFOさん

京都アニメーション みやさとver.さん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2010年10月02日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『医者の務め』

内容
弥次郎(石垣佑磨)の治療を続ける千鶴(市川由衣)
半年は、、、大工として復帰できない。
そこで治療所の薬草園の管理を任せることにする千鶴。

折しも、お竹(キムラ緑子)から、
薬種問屋への支払いが苦しいことを千鶴は聞かされる。
患者から、多額の金子を取ることも出来ないし。。。。千鶴は悩みはじめる。

そんななか、飲み屋の女中が、客を刺し殺したと言う事件が発生する。
酔楽先生と検死へと向かう千鶴。
絡んできた貞次郎(瑞木健太郎)を女中のおまき(天城純子)が刺し殺した。
おまきも傷を負っているようで、治療所へ連れて行き治療。

翌日には、牢屋敷へと入れられてしまうおまき
どうやら、清次(風間トオル)という男の事をけなされたことで刺したよう。
牢屋敷のおまきの怪我の治療へと向かった千鶴は、
おまきから、道灌山の清次たちのことを頼むと言われてしまう。

一方で、治療所前でお小夜(八木瑛美莉)という少女が、倒れて発見される。
過労と、、、熱中症。。。。お竹が、治療をするが
その症状を見て、千鶴は妙なものを感じるのだった。

付け木屋“泉屋”へと向かった千鶴は、目撃してしまう。
女将のおしげが、子供たちをこき使っていた!
噂によれば、身寄りのない子を養子にして、こき使っているという。
おしげの子であるため、だれも、何も言えない。。。

その一方で、おまきに依頼され、猫八親分(福田転球)と道灌山へと向かう千鶴。
陶器を作っているようだが、3年前、、、以前の記憶を失っていた清次。
必死になって、清次のことをおまきは、養っていたようだった。


敬称略


相変わらず、ネタがてんこ盛り状態の今作。

今回は、
治療所の経営が苦しいことを知る千鶴。

という、流れを作った上で、
虐待される少女。そして、、、記憶喪失の男

そんな、2つの物語を描こうとしている。


たしかに、少女だけでなく、男を好きな女
を、過去の不遇な生き方を重ねて、いろいろとしているようで、
それ自体は、理解できるのだ。

ただ、、、、なんていうか、、、
詰めこみすぎている印象が強く。
どちらか1本にして、1話完結にした方が
よっぽど、テンポも良いだろうし、爽快感があったと思います。

いや、、、少女の方も、決着が付いていないようだから、
次回に持ち越し。。。。って、、、またか。。。


現在の少女を、女の過去に見立てるなど
それがきっと、治療所だけでなく、千鶴の未来にも繋がっていくのだろう。

部分部分を見れば、悪くないんですけどね。

凝りすぎている感じがします。

だって、30分のドラマにしては、
登場人物の多さが、それを物語っています。

シンプルだと、ワンパターンになっちゃうし、
複雑だと、妙な違和感が生まれてくる。

この枠だから、、、と言う事ではないだろうが、
もう少し、捨てるところは捨てた方が良いかもしれません。

見ていると、千鶴、、、走り回って治療ばかりして
結局、あれこれやりすぎて、集中して何かをしているように見えないモン。


これまでの感想

第4回 第3回 第2回 第1回






最終更新日  2010年10月03日 21時00分01秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.