19049187 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

傑作はまだ  瀬尾… New! はまゆう315さん

夏ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

料理研究家の程一彦… New! みやさとver.さん

2017年限定発売「SUB… New! クルマでEco!さん

ナッツと饅頭>『な… New! ひじゅにさん

日向坂46「ドレミソ… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

映画「新聞記者」い… 鹿児島UFOさん

2010年10月19日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『キスして』

内容
るい(鈴木京香)の近くに引っ越してきた万理江(深田恭子)
万理江に、猫の世話をしてもらえて安心するるい。

そんななか、証券会社を立ち上げ、時代の寵児となった行(長谷川博己)に、
ふたたび、本の出版を提案するるい。
行“会いたかった”
その言葉に、るいは戸惑ってしまう

帰宅した行は、近くの家の前に、妙な男(綾野剛)を見かけ不安に思うが、
何もないようだと、そのままにしていると、、、
万理江が親しくしている女性の家へ入っていくのを見てしまう。。。
気にせず、妻・万理江と話をしてはいたが、思い出す、、、るいの姿。。。

敬称略


もう、、、もの凄い、、、状態である。

いや、素晴らしい距離感の、、、、『不倫』ですよね。。。

もうココまでくれば、『不倫』でokだろう。


相手への気持ち。そして、そこにある、、、『一線』を丁寧に描き
その間に、、、妻・万理江、、息子・亮を配置し、

ご近所さんなのに、遠い距離感。

お見事と言って良いでしょうね。
こう言うところだよね。

大石静さんの真骨頂と言って良い、、、恋愛劇。

決して、恋バナではなく、。。。。大人の恋愛劇である。


もちろん、
おいおい、、ありえないだろ。。。
などと言うのは無粋である。

これこそが、ドラマなのだ。

セリフなんていらない。
そこにある、丁寧な感情表現の演出と、距離感だけで十分である。

この、、ひと昔、、いや、、ふた昔前のドラマの雰囲気は、
心地良いですよね。

ようやく『セカンドバージン』という言葉も登場したし。

ほんと面白すぎて、ガンガン、引き込まれていきます。。。。


今回見ていて、前回感じなかったことを、、最後に少し。

今回から、行の妻・万理江がかなり前に出て、
るい、行の、ニアミス演出に良いポジションなのですが、

それ以上に、キャラが良いですね。
行からすれば、、、ちょうどいい、、、のだが、
るいとの対比で、良いメリハリになっていますよね。
そうなのだ。万理江、、、かなり重要な役割である。


裏をメインにするんじゃなく、こっちをメインにするかな。。。


しっかし、、、ほんと、、どうしてここに?(笑)


これまでの感想
第1回








最終更新日  2010年10月19日 23時45分19秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.