000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

コウノドリ  第6話 New! はまゆう315さん

綾の光時通信:PPAP… New! 鹿児島UFOさん

時うどん>『わろて… New! ひじゅにさん

ネタバレ【わろてん… New! ショコラ425さん

劇場鑑賞「ローガン… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

ダンボール 段ボール… New! 簡単支払さん

村上佳佑 セカンドミ… New! クルマでEco!さん

紅葉狩りに行ってき… 俵のねずみさん

実写版銀魂、続編が… みやさとver.さん

ニューストピックス

2010年10月22日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『丙の回 漂白の憑依者』

内容
瀬文(加瀬亮)の前に志村(伊藤毅)の担当医・海野(安田顕)が現れる。
“神の手”と呼ばれる男。。。。その細胞を再生する能力があれば
もしかしたら、、、志村を治せるかもしれない。
実は、、、会ったことがあるという。
妙なモノを感じる瀬文。。。。

そんななか、当麻(戸田恵梨香)と瀬文は、公安から張り込みを命じられる。
指定の場所にはガソリンスタンド。
そこで、突如、アルバイトの武藤純(清水優)が、ガソリンをバイクにかけ。
周りにまきはじめ、、火をつけようとしたのだった!
すぐに、瀬文が抑え込み、、、最悪の事態は逃れる。

その後、取り調べで、妙なことを話す武藤。
“うちがこの乗っ取ってしたこと。この人には、罪はない。
 うちが憑依できることをお見せしまひょ”
と京都弁で話し始めるのだった。
すると、、、隣室で取り調べを見ていた当麻、瀬文、、、
ちかくにいた林実巡査(正名僕像)が、憑依状態!?に。。。。
同じ名前の“林実”という名前の人物に憑依すると、、、、去っていく。

武藤と林を検査しても異常はなく、自白剤などを使い分かったのは
共通点は、“京女の托鉢僧”と接触していたということだった。
どうすれば良いか分からないミショウであったが、
そんななか、日本各地で、“林実”の警察沙汰事件が発生する!

そして警察に届けられる挑戦状。
“48時間以内に捕まえられない場合は、マスコミに憑依を発表する”と

ついに、、、“林実”による殺人事件が発生する。
被害者は、IPS細胞研究の第一人者・中山和紀(山浦栄)
犯人は中山の助手である、、、林実(村杉蝉之介)。
取り調べでも、、、憑依なのかどうかさえ分からない。

全く打つ手がない状態に陥ってしまうミショウ。
だが、当麻は。。。。。


敬称略


いろいろな可能性を考えて、
無いモノを消していき、
残ったモノが、たとえ、、、奇妙であっても。。それが答え。。。

って、、、誰が言ったっけ。。。ホームズだっけ。。。

そんなコトを、感じた私。

ま、、刑事モノ、事件モノなどの楽しみ方の一つである。
当然、推理小説もね!



今回は、憑依事件。

謎解きはともかく。

どうしても気になったのは、
当麻のお習字の時間に、瀬文がいなかったというのに

なぜ、瀬文は緊急事態を知ることが出来たんだろう??


そんなコトが気になりましたが。。。まぁ。。いいでしょう。

それなりに楽しかったしね。

“一”と当麻に関係があるのも分かったし。


ただ今回見ていて思ったのだが、
前回は、セリフだけ。。。今回は、ある意味、普通の事件で

SPECの表現に、“凄さ”のようなモノを感じにくいのだが。。。

たしかに、問題解決部分で、
連続して憑依を行い、“不思議さ”は見えているが、
そこに、、能力を使った“凄さ”のようなモノがあるわけではなく、

変な言い方だが。。。俳優さんがひとり芝居。。。。

そんな印象が強い。


イヤな言い方であるが、
もう少し、、、“悪事”“悪意”を感じるような“事件”にならないのかな?

もちろん、
“本当に憑依なのか?”というこのドラマを否定するような
究極の疑問が、頭の中を回り続けているのが、最大の問題なのだが。。

そう。。。ホントは、そこなんだよね。

考えてみれば、今作の登場人物。
瀬文、当麻。。。ともに、事件を解決し不思議体験をしているが
彼ら、、、ドラマの後半で“SPEC”を信じるようなことを言うが、
必ず、、前半では、疑いの目を向けている印象がある。

もちろん、本当か、嘘か?と言う部分も
リアルで考えればあるわけだし、
警察が動くとなれば、そこに“真”がなければ、動けないのも分かる。

が、、あくまでも“ミショウ”
本来、、、初回の物語のように
“SPECありき”の演出で2人が動いていれば、
こんな奇妙な印象にならないと思います。


事件解決が物語のメインであっても、
もう少し、ミショウであること。。。SPECありきであることを
表現する必要はあると思います。

悪くないんですけどね。。。
見れば見るほど、モヤモヤするモノがあります。

別に、犯人当てなんて、どうだって良いんだよね。
ほんとは、SPECを楽しませなきゃならないんじゃ?


これまでの感想

乙の回 甲の回 






最終更新日  2010年10月22日 23時14分08秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


映画感想


コメント新着

どら平@ Re:BS時代劇『神谷玄次郎捕物控2』第七回(05/15) 福田麻由子は演技うまい 運動嫌いを克服し…
むつき@ Re:まっしろ EPISODE10(LAST、最終回)(03/17) 「白い大奥」のキャッチコピーはいったい…
ところどころ@ Re:セカンド・ラブ 第6話(03/13) もういいや ・・・という感じです
おすぎ@ Re:連続ドラマW『硝子の葦~garasu no ashi~』第三話(03/07) はじめまして。私も硝子の葦にがっつりハ…
三連星@ 懸命とは セリフでは「けんめい」とありましたが、…

ランキング市場

楽天カード


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.