21380389 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

新型コロナ、東京都2… New! ショコラ425さん

宮本慎也は巨人ファン New! YOSHIYU機さん

君を愛した時間 ワ… New! はまゆう315さん

じゅう(渋?汁?)… New! ひじゅにさん

お昼ごはんとコロナ… New! 俵のねずみさん

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

横山剛 しなやかにう… 鹿児島UFOさん

F クルマでEco!さん

制作中です シュージローさん

『2020年 春・夏終… くう☆☆さん

2010年10月24日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『哀しき誘拐犯!ダメ記者チーム始動』

内容
突然、報道から赤坂衆(小出恵介)が“遊軍”に異動してくる。
ニュース編集部デスク黒井彰(平山浩行)が、
蒼山(松雪泰子)の監視を命じたのが真相だったが、
そこは邪魔者ばかりが集まる“遊軍”。。ナニかしでかしたかと話題騒然。
その黒井から社会部の張り番への物資の供給を命じられた“遊軍”
自らは行く必要はないが、
現在発生中のファミレスチェーン“プライスレス”の女社長誘拐事件とあって
蒼山は、赤坂、紫村(小柳友)と張り込み現場へと向かうのだった。
勝手に紫村たちについて行き、紫村の妙な情報に興味を惹かれる蒼山。
犯人は3人なのに、2億の身代金?

そのころ遊軍では、投書やメールのチェック。。。。雑用をしていた。
緑(相武紗季)が読んだメールに引っかかる白石(小日向文世)
“すげえ美人を誘拐した”。。。。まさか、、、女社長・向田凛子なのでは?
取材したければ、とある喫茶店に来いということだった。
なにかを感じた白石は、情報を蒼山に伝える。

蒼山もなにかを感じ、指定の喫茶店へ
緑と一緒にメールの差出人を待つのだが、、、2時間経過しても来ない。
諦めて帰ろうとしたところ、蒼山はある事に気付く。
メールアドレスと、目撃された不審者のナンバーが一致している!
緑に待つように告げ、店を出たところ、上着にケイタイ番号のメモが入っていた。
連絡を入れると、、ヒントがあると住所を告げられるのだった。

遊軍に帰るまでに、住所を調べたところ。
そこにはプライスレスの駐車場があり、かつて幸福亭という食堂があったという。
店の所有者は、三田隆、、、だが、妻とともに交通事故でなくなっていた。
何かあると考え、蒼山は、紫村達に調査を命じるのだった。
だが、誰ひとりとして、蒼山の勝手な行動に納得せず、、、命令を無視。

翌朝、犯人らしき人物の言うとおりに、向田凛子(目黒真希)は釈放。
三田には、娘・里沙(斉藤リナ)と息子・幸生(金井勇太)がいたと分かり、
蒼山は調査を開始すると。幸生が行方不明になっていると分かるが、
その後、、、妹・里沙と接触し、ようやく、幸生と接触の機会を得るのだった。
一方で、黒井に情報を流した赤坂を叱る蒼山。
“自分の目で真実を確かめようと思わないの?”


敬称略



真実にたどり着くには、小さな手がかりを一つ一つ崩していく
その手間を惜しんだら真実は指のスキマからこぼれ落ちる。


ということで、女社長誘拐事件を“勝手”に調査する蒼山叶

遊軍の部下達も相手にしてくれず、ひとり奮闘するが。。。。。
一方で、赤坂が、蒼山の予想外の行動をして。。。。


って感じである。


事件も、悪くないし。
結果的に、被害を感じている少年たちの物語も

良い雰囲気の人情モノで、ちょっと良い感じのお話なのだが



どうしても気になってしまうのは、
蒼山と遊軍メンバーの関係である。

前回、勝手気ままに振るう蒼山に反発しながら
最後には、なんとなくまとまった感があったのに、

今回は、なぜか、バラバラ。
命令を聞く聞かないなどもあるのだが、

それ以上に違和感があるのは、
今回、反発するメンバーが多かったことだろう。

で、、、これだけ調査に加わらないようなことを言っておきながら
いろいろな行動で、赤坂が気づいたりするのは良いのだが、

なぜか、幸生との接触に、ほぼみんな参加という。。。
やはり唐突に、反発状態が消えている。

ドラマだし、キレイにまとめたいのは理解するが、

どうも距離感が中途半端で、関係の変化が極端すぎます。


もうちょっと反発するならする、しないならしない。
納得して、活動を一緒にするならするようにしてほしいものだ。

主人公の蒼山のキャラ、遊軍メンバーのキャラや設定を表現しようとし過ぎて
最も重要な人間関係の距離感が中途半端で、
いまいち、遊軍メンバーの行動、感情が一定していない感じだ。

ネタが良いだけに、
もうちょっと、人間関係と、そこにある距離感などを精査して欲しいなぁ。。。

キレイにまとめようとし過ぎですよね。
ばらついていたって良いのに。。。。


これまでの感想
第1話 






最終更新日  2010年10月25日 17時53分26秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.