000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

『フランケンシュタ… New! くう☆☆さん

ワールドレモネード … New! クルマでEco!さん

週刊少年ジャンプ 2… New! みやさとver.さん

【ひよっこ】第73回(… New! ショコラ425さん

Wドラマ コールド… New! はまゆう315さん

フォースと共に・・・ New! YOSHIYU機さん

ビートルズがやって… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (6月… New! BROOKさん

神々の物語-2 New! 鹿児島UFOさん

本を買いました!と… 俵のねずみさん

ニューストピックス

2010年10月27日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『顔のない男~贖罪』

内容
人気作家・水元湘子(安藤麻吹)の自殺。
そしてそのアシスタント岡崎敦也(松川真也)の転落死。
現場に、偶然居合わせた右京(水谷豊)と尊(及川光博)は、
マンションの屋上から、謎の男が立ち去るのを見かける。

駆けつけた伊丹(川原和久)芹沢(山中崇史)ら捜査一課。
そして鑑識の米沢(六角精児)は、状況から自殺であると見立てるが、
右京は“殺人”だと言いきるのだった。
湘子が岡崎に送っていた何らかの書類が奪われたのでは??と。
しかしめぼしいモノは見つからず、内村刑事部長(片桐竜次)から
厳重注意を受ける特命係。

その一方で、湘子が取材していた豊日商事の笠井宏樹(若林久弥)の謎の溺死に
疑いの目を向ける右京。
証拠が何一つ無い殺人事件。。。。尊は、あり得るのか?と疑問視するが
右京は告げる
“この世に完璧な犯罪などあり得ません。必ず証拠は残っているはず”

そんななか、屋上に怪しげな傷痕。。。そして指紋。
指紋を照合したところ、元SAT隊員の上遠野隆彦(徳重聡)が浮かび上がる。
大河内春樹管理官(神保悟志)の元へと向かうと、
5年前の夏に起きた事件について語り出す。
実弾を使った模擬突入訓練中に、極限状態の中
パニックに陥った若い隊員・木村を、小隊長の上遠野が射殺したのだった
隊員達は上遠野の行動が正当行為と証言したが、
隊にいた篠原孝介(阿部進之介)という隊員だけは、
上遠野の能力からすれば射殺する必要はなかったと断言したのだった。
それなのに、、頭を打ち抜いた上遠野。。。殺意があったと発言。
結局、穏便に済ませるため事故として処理され、上遠野は依願退職したと。

自殺に見せかけて殺す能力。。。を上遠野が持つならば。
仮定が正しければ、岡崎、笠井だけでなく、湘子も殺した可能性があった。
もしも上遠野が殺したならば、いったい何の関係が?と尋ねる尊に、
誰かからの依頼なのでは??と推測する右京。

そんなとき、米沢が、岡崎の部屋で見つけた写真に驚くべき写真を発見する。
豊日商事の笠井の上司で運輸部長・山根幸博(坂西良太)、
航空幕僚副長・福間知義、日本国際航空調査部担当役員・久慈則広(加納健次)
そして浮かび上がる。。。
与党の幹事長も務めたこともある大物政治家・伏見享一良(津嘉山正種)
防衛族出身で運輸大臣も務めている。。。。航空機を巡る何らかの不正。。。。

その娘は、、、笠井の妻・享子(梅宮万紗子)
笠井を殺すことがあるのか??と疑問視する尊に、伏見の政治信条を語る右京
“一粒の麦。もし地に落ちて死なずば、ただ一つにてあらん。
 死なば、多くの実を結ぶべし”
目的や大義のためには、個人の犠牲はやむ終えない。。。。たとえそれが誰でも。


敬称略

↑メンドーなんですモード




遠い昔。偶然見てしまった“相棒初回”
2度目も、、、偶然だった。そして、、、なぜか3度目も。。。
見たくて見ているわけじゃ無いが、因縁めいたモノを感じたのも確か。

そして、、、始まった連ドラ化。はじめは、1クール。。そのあとは。。。
人気となった“相棒”

で。。。ついに、主要メンバーの入れ替え後、
本格的に始まった“8”。。。ただ。。これは、様子見の再構築状態。

今回の“9”からが、本格的な、、、“新・相棒”と言って良いだろう。


あえて、苦言を呈させてもらう。


まるで難しく、あれこれやっているように見えて
実は、“ただ遠回り”しているだけだった、初回と今回。
極論を言えば、今回だけで十分成立した物語である。

で。終わってみれば、“まるで巨悪に挑む構図”を描いているようには見えるが、


あの~~~~

それ。。。。ドラマ“相棒”じゃなくても良いんじゃ????????


“8”の前半も、そうだったが
どうも、“相棒”というものを再構築する過程で

どの部分が、“相棒の魅力”だったのかを、忘れているような気がします。

右京&亀山くん
そのコンビネーションと、右京の頭脳。。。そして亀山くんの熱血さ
それが、“相棒の魅力”だったんじゃないのか?
そしてそれを補強する魅力的な脇役達。。。。である。


事件を複雑そうに魅せればいい。。。ということでもなく。
巨悪に挑んでいく構図であればいい。。。ということでもないはずだ。
まして、、“犯人当て”というベタな刑事ドラマ、、、ということでもないはず。


ハッキリ言うが、

結局、前後編の前回今回。。。。

捻りすぎて、オモシロ味が失われているような気がします。

面白くないわけじゃ無いけどね!
でも、、、そういうことじゃないんじゃ?




これまでの感想
第1話






最終更新日  2010年10月27日 21時56分51秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


映画感想


コメント新着

どら平@ Re:BS時代劇『神谷玄次郎捕物控2』第七回(05/15) 福田麻由子は演技うまい 運動嫌いを克服し…
むつき@ Re:まっしろ EPISODE10(LAST、最終回)(03/17) 「白い大奥」のキャッチコピーはいったい…
ところどころ@ Re:セカンド・ラブ 第6話(03/13) もういいや ・・・という感じです
おすぎ@ Re:連続ドラマW『硝子の葦~garasu no ashi~』第三話(03/07) はじめまして。私も硝子の葦にがっつりハ…
三連星@ 懸命とは セリフでは「けんめい」とありましたが、…

ランキング市場

楽天カード

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.