19805586 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

ええよぉ>『スカー… New! ひじゅにさん

ドラマW トップリー… New! はまゆう315さん

【紅白】出場歌手決… New! ショコラ425さん

とても大事な話「ゲ… New! 鹿児島UFOさん

今日の収穫 (11… New! BROOKさん

令和の両陛下 11月1… クルマでEco!さん

見つかった~(^^♪ 俵のねずみさん

話題の新スポットの… YOSHIYU機さん

制作中です シュージローさん

2010年11月07日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『人体発火トリック』

内容
後藤統吾(弓削智久)というひったくり犯が、逃げようとしていたところ
妙な男・氏家健一(川崎麻世)とぶつかる。
“消火器の用意は良いですか?”
次の瞬間、後藤の腕は燃え上がり、通行人に取り押さえられるのだった。

そんななか、薫(大島優子)から、
“美人霊能力者vsハンサムすぎる魔法使い魔法大戦争”という企画を
押しつけられる響子(石原さとみ)
サッパリ意味が分からない響子だが、
“今日が最後”と言われ、渋々、記者会見へと出席するのだった。

相手の氏家は、念力で発火させる能力パイロキネシスを持つらしい。
見れば、かなり人が良さそうだったのだが、
薫に煽られ、、、無理に挑発してしまい、追い詰められてしまう響子。

そのころ、霊能捜査課準備室では、“S”(三浦理恵子)から
氏家の評価が高いことを告げられる谷口(谷原章介)
焦る谷口は、氏家の能力の真偽を確かめようと、
響子と“初めの現場”。。。。へと向かうのだった。
ひったくり犯を捕まえた時の映像がネットに流れ、話題になったという。

だが、どれだけ調べても、ホントかどうかが分からない。
響子が一番分からないのは、“動機”だった。
嘘だとしても動機があるはずだと。。。。
とりあえず、別れた妻・花村幸絵(長谷川真弓)に会いに行く響子と谷口。
ひとり息子・健也(佐藤詩音)のための養育費も、必ず入れているらしい。
やはり、分からない。。。。
“オダキョー”の力でも、謎は解けない。

しかし、ついに、あるヒトコトで、響子は気付く。。。。。


敬称略



なるほど、、、“封じる”という手がありましたね。

そこを忘れていました。


ま、
もう、霊能力者だとか、そういうことよりも、
ただのマジシャンですけどね!!


それはともかく。

今回は、パイロキネシス
発火能力ですね。

一応、謎解きもされているし。。。それも化学的に!!
もちろん、対抗手段も、、化学的かつアナログ

基本的に、チープなのが今作の魅力ですから、
これはこれでokだろう。

霊能力者。。。ということで
幽霊。。。。で、まとめようとしているので、、、いいかな。。。

最後は、人情モノだしね。



ただ、今回は、“その幽霊ネタ”を繰り返し過ぎたことだけは、
大きなマイナスポイントでしょうね。

さすがに、クドイ!

もう一つ。。。謎解きを引っ張りすぎたことかな。。。

展開自体は読めているわけで、
そこにたどり着くまでに、どれだけバカなことをするか?

のはずであり、
オカルトークの番組内での謎解きや、
その中で表現される、奮闘も重要だが、

“調査”で、もっとバカバカしくしなければ、

全体の雰囲気として、前後半で、違うニオイがしてしまい
妙な違和感がありますよね。


シリアスに人情オチ。。。は、理解するが、
それだけが魅力ではないと思いますが。

こだわるならば、バカバカしさで被せてほしいものです。


これまでの感想

第4霊 第3霊 第2霊 第1霊 






最終更新日  2010年11月08日 17時56分31秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.