20550970 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

劇場鑑賞「エスケー… New! BROOKさん

絶メシロード  第… New! はまゆう315さん

冬ドラマ最終回予定… ショコラ425さん

夫婦の会話>『スカ… ひじゅにさん

コロナウイルスで東京オリンピッ… 鹿児島UFOさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

1/10 電動RC ルノー… クルマでEco!さん

開幕一軍予想承ります YOSHIYU機さん

塩だれを作ってみま… 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

2010年11月07日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『地下鉄事故で奇跡の救出劇…消えた命の恩人を追え!

内容
アジア芸術祭の公式テーマソングが盗作。
遊軍に、連日送られてくるファックスだった。
蒼山(松雪泰子)は、興味を覚え、赤坂(小出恵介)と白石(小日向文世)に
取材するよう命じる。
一方で、黒井(平山浩行)からの情報で、
線路に転宅した女性を、近くに居合わせた若い女性(岩田さゆり)が助けた。。
については、黄田(要潤)桃井(遠藤雄弥)は、駅へ
緑(相武紗季)と紫村(小柳友)には病院へ。。。と命じるのだった。
自分も取材に向かおうとするが、総務課の長沼一枝(山野海)に引き留められ、
仕方なく書類の作成をすることに。。。

そんななか、線路に落ちた女性・宇野多恵(田島令子)に話を聞く緑と紫村。
礼も言えず立ち去ったのが気になるという。
その多恵を遊軍の部屋に連れ帰ってくる緑だったが、
緑が書いてもらったという似顔絵を見て、違和感を覚える蒼山。
その直後、片方の靴しか履いていない女性が買い物にやってきたと
靴店の店員・紀子が訪ねてくる。

そのころ、盗作を訴える相良俊也(佐藤貢三)と接触する赤坂、白石。
相良が弾く曲を聴いてみたところ、作曲家の西本健一(島津健太郎)の歌に、
かなり酷似していることが判明する。

そんなとき、多恵が、似顔絵をホームページに掲載してしまう。
やはり何かオカシイと黄田達が考えはじめた時、
立ち聞きしていた蒼山が、勝手に多恵の自宅へ。
あまりの正確さを問いただそうとするが、記憶力が良いだけだと。。。多恵。
靴店の防犯カメラの映像とも、、完全に一致。
やはり何かがあると考える蒼山。

やがて、倉本加奈という女性から、
時田弘美という同級生に似ているという情報が寄せられる。
が、、、2年前発生したバス事故で、すでに死んでいた。。。
一方、あるスーパーの店長からバイトの新山明日香と言う情報が。。。
現在、無断欠勤中だという。
なぜ、似ている人間が二人??
双子なのか?それとも。。。。。


敬称略




線路に転落した女性・多恵が、若い女性に助けられた。
礼を言いたいという。。。多恵であったが、
似顔絵の詳細さに違和感を覚える蒼山。。。。。

って感じである。


偽りは偽りでしかない


と言う事なのだが。。。。


えっと、なんだろね。今回。

たしかに、勝手なことばかりしてスクープばかりを引っ張ってくるよりも
今回のようなことがあっても良いワケなのだが

まさかの、、、2つも事件を追うという。
そのうえ、蒼山が、会社で足止め。。。

この3つだけで、物語が、どんな結末になるかは、
なんとなく想像が付いた感じだ。

そう。。。どれもこれも中途半端。

分かるんですよ。

成功ばかりをすればするほど、
そこにあるリアリティが薄れていきますし、
また、蒼山がいなくても、
そこそこ行動できる実力があることを表現しなきゃならないし。


描こうとしている、リアル感は理解しますが。

ここまで、特に『いい話』ってわけでもなければ、
『痛快』でもなくなってしまうと。

正直、、、、感想に困ります。


そのうえ、『過去』を、わざわざ絡めてくる。。。。


見れば見るほど、
みんなと一緒に行動できない出演者が、いるのか??

という大人の事情を疑いたくなってきます。


そら、、、『リアルドラマ』であることをうたっている今作ですから、
こういったカタチもok

が、その一方で『エンターテインメント』であることもうたっています。

どちらを取るべきか?
両方取れば、嘘くさくなるし、リアルではなくなる。
かといって、選択を間違えれば、オモシロ味が無くなるのも分かっていたはずだ。


取材の結果がどうでアレ、
対象者が、こう思っていたのでは?
などと感想を述べて、話し合うカタチを初回からしていれば、
それも、、仲間意識がそれなりになっている状態でしていれば、

納得出来たでしょうけどね。。。。。


困ったなぁ。。。。今回。。

方向性が、一気に見えなくなったような気がします。


これまでの感想
第3話 第2話 第1話 








最終更新日  2010年11月08日 18時09分51秒


カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.