19829018 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

心ゆれる夏>『スカ… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (11… New! BROOKさん

シカゴ・メッド2 … New! はまゆう315さん

不調と美容のからだ… New! クルマでEco!さん

NHK大河ドラマ『いだ… New! くう☆☆さん

おや?いつの間にか… New! 俵のねずみさん

【スカーレット】第8… ショコラ425さん

合同引退試合 YOSHIYU機さん

とても大事な話「ゲ… 鹿児島UFOさん

制作中です シュージローさん

2010年11月22日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

『じゃじゃ馬姫の逃避行・金沢』

内容
ある日のこと。金沢城で篠姫(藤本美貴)が、
お付きのお兼(吉田エマ)お染(悠木千帆)に、、、、命じていた
町娘のような髪型に。と。。
そしてコッソリ城を抜け出す篠姫

同じ頃、老公(里見浩太朗)一行は、老公の姉・清泰院が嫁いでいる
金沢入りをしようとしていた。
ただ。姉だけでなく、藩主・綱紀も江戸にいるということで、
そのまま抜けていくつもりの一行だったのだが。。。。

団子屋で一服していたところ、食い逃げ騒動に出くわす。
格さん(的場浩司)は、注意するが、
“金”というモノを知らないお武家の娘のようで、あきれかえってしまう。
老公が、団子屋(河田洋志)払うと言うコトで、決着は付いたのだが。。。。
どこかへと去っていく。。。その娘。

そのころ、城では、
滝岡(田根楽子)、次席家老・海老原甚内(清水紘治)らが大騒ぎ!

やがて同じ娘が、駕籠屋の寅(井上久男)熊(山田永二)と
騒ぎを起こしているのを見かけた助さん(東幹久)
なんとか、駕籠を止めて、家に帰るように諭すのだが、再びどこかへ。
仕方なく追いかけ、、娘を捕まえる助さん。
ようやく、、、“篠”という名だと分かるが、
それ以上に、侍たちに追い回されているのを知るのだった。
そして、、、、金沢城からお忍びで抜けてきた篠姫と分かる。

一方で、友禅問屋の若菜屋の前で、騒ぎに出くわす格さん。
主人・若菜屋重兵衛(三田村賢二)が
役人達から、友禅問屋の鑑札を召しあげると、言われ騒ぎになっていたのだった。
事情を聞けば、姫様の望んでいるモノと違うと。。。。
どうやら、物産奉行・葛西与左衛門(新納敏正)らが袖の下を要求。
ただ若菜屋は、拒み続けたため、、、鑑札召しあげ騒動になっていたよう。
そんな姫様絡みの騒ぎが城下で起きていることを、老公に報告する格さん。
と。。。そこに、、楓(雛形あきこ)が現れる。
助さんが護衛している娘が、、、篠姫であると。

同じ頃、城代家老、静市孫兵衛(滝田裕介)が病で床に伏している間にと、
私腹を肥やす次席家老・海老原と奉行の葛西は、
不正発覚を恐れ、侍たちに命じ、篠姫の捜索に当たらせていた。
その追跡を、弥七(内藤剛志)の助けを借りながら、逃げる篠姫と助さん。
やがてふたりは、友禅染職人の嘉助(筒井巧)太吉(堺翔太)親子と出会い。。。


敬称略



今回は、金沢


金沢と言えば。。。ということで、老公の姉がいる。。。
その設定も入れられているし。
ということは、当然、

じゃじゃ馬姫は、、、老公にとって、姉上の孫。。。ということになる。

そう。。。『身内』『親戚』ですね。
姫から言えば、大叔父である


そんな姫様が、城暮らしに苦しみ、、、城を抜け出す。
同じ頃、姫様の名を使い、ま。。。悪いことをするヤツら。

城下の人と出会って、姫様は真相を知る。

という。。
定番のネタである。



“水戸に行きたい”というのは、ちょっとヤリスギだが、


水戸黄門と言えば、金沢絡みのネタは定番。
設定もシッカリ表現され、

思った以上に丁寧に描かれていたと思います。


しかしまぁ。

まさか、家老と一緒に、老公がやってくるとは!!

ベタなお話なだけに、
殺陣もなく。。。アッサリ。。。にはちょっとビックリしました。

逃避行で、楽しさは表現されていたのでokかな。



それにしても、
まさか、、助さんで、“疑惑”を作るなんて。。
ここも、ちょっと味があったところかな。


捻りは、あまり無かったですが。。。こんなところでしょう。


次回は、丸岡。。。。
それも、まさかの人物が登場。。。。



これまでの感想

第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 







最終更新日  2010年11月22日 20時53分23秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.