20264693 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

アリジゴク>『相棒s… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「イントゥ… New! BROOKさん

横溝正史短編集2 … New! はまゆう315さん

今日は 超~ビックリ… New! 鹿児島UFOさん

今日の一枚🎵 New! 俵のねずみさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

【スカーレット】第16週ネタハ… ショコラ425さん

マルテ>糸井>福留… YOSHIYU機さん

フェアレディZ 50th … クルマでEco!さん

2020年謹賀新年 鉱泉さん

2010年11月23日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『母さんを悲しませることすんなよ

内容
父・誠一(竹中直人)を誘って飲みにいこうと考えた誠治(二宮和也)
が、、、その父が、女性(玄里)と一緒のトコロを目撃。
後を付けて行くと、、、、2人はアパートへ入っていく。
帰宅した誠一に話を聞いても、会社の男性社員と飲みに行っていたと。。。
いっそう、ショックを受ける誠治。

翌朝、モヤモヤしたままの誠治は、真奈美(香里奈)の態度を見て、
不満をぶつけてしまう。。。妻帯者の先輩・山賀亮介(眞島秀和)のことが?
“結婚している人、好きになって、何の意味があるんだよ。
 家族の気持ちを、もっと考えろよ”
と。

そんな誠治を見ていた大悦(大友康平)は、
“残りの人生が見えちまった中年が、焦ってあがいているだけ”
と誠治に伝えるのだが、どうしても誠治は納得出来ずにいた。

その日の夜。誠一が、入院する母・寿美子(浅野温子)のためにと
いろいろしているのを見て、誠治は、。。。問い詰め、怒りをぶつけてしまう。
誠治“あの女は、誰だよ?”
誠一“お前には関係ない”
誠治“母さんを悲しませることすんなよ
   この家から、出ていってくれよ。”

やがて、母・寿美子の退院が決まり、
父・誠一が家を出ていったことを姉・亜矢子(井川遥)に伝える誠治。
そして、浮気をしている可能性があると。
話を聞き、腹を立てた亜矢子は、女のところへ乗り込むと言い始め。。。。。

そして日曜日、誠治と亜矢子は2人、女・島田彰子のもとへと向かう。


敬称略



先ず、どうしてもヒトコト。

誠治“・・・周り、、、そういう人ばかり”

って、ハローワークで、愚痴を言っていましたが。

これって、、、なんか聞いていると、


『自分が悪いかもしれないのに、人のせいにばかりしている』
ようにしか、聞こえないのですが!!


今回、明らかに良い人だと分かった父。まあ正確には前回からですが。

良い人と言う事は、
父から、いろいろ注意されていたという“その注意”が、
ある意味“正論のひとつ”である可能性が見えてくるわけで。

となると、
誠治、、、何も考えず、勝手に会社を辞めて自堕落生活になりましたが、
アルバイトをはじめたモノの、

頭の中、、、成長していないんじゃ??

『人のせいにしている時点』で、そんな風にしか感じられないのですが!
違うのかな。。。

だって、今作って。
“家族の再生”“誠治の成長物語”という2本柱なんですよね???





結果的に

『言いたくても言えない気持ちがある
 家族だからこそ、言えない気持ちがある


ということで、誠一が心を開くことが出来た女性に
自分の本心。。。家族への気持ちを語るという、

悪くはないドラマにはなっているが。
でも、それは、2本柱の1本。。。『家族の再生』のほうですよね。

姉と誠治の対比もシッカリ描けているし、

良い家族のドラマだと思うんですが。。。なんか、モヤモヤが晴れない状態だ。


『やるジャン。オヤジ。意外と』

良い流れなのになぁ。。。。



たとえば
車だってそうだけど、一方だけが回っていても、
まっすぐに進めないんですよね。当たり前だ。

今作。どうも、一方の車輪が止まった状態で、
もう一方だけをグルグル回し、
要るのか要らないのか分からない枝葉のイベントを、
ハンドルを回して、しのいでいる感じである。

実際のところ、前回も書いたことだが、
“悪い奴”がいないように、いろいろと枝葉が。。。。
正直、お隣さん。。。悪で確定しても良いと思いますけどね。

なのに、
こんな状態で、現場で事故ですか??????


気を衒うようなことばかりして、
結局、主人公は、、、ただの観察者、傍観者になっている今作。

“家族”だけじゃ。。。“フリーター。。。。”って言うタイトルは、
嘘になるんじゃ?

仕事に対する姿勢から始まったんだよね???
どこにいったんだ。。。。。

原作がどうかは知らないが、
今作、、、どこに向かおうとしてるんだろ。。。。



これまでの感想

第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 






最終更新日  2010年11月23日 21時54分37秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.