19058893 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

トミカ トヨタ ジャ… New! クルマでEco!さん

京都アニメーション New! みやさとver.さん

科捜研の女 第10… New! はまゆう315さん

冷静に>『なつぞら… New! ひじゅにさん

新作映画「X-MA… New! 鹿児島UFOさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

日向坂46「ドレミソ… BROOKさん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2010年11月27日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想


内容
“母の手はいつもしゃべっていた。
 それを音にするのが僕の仕事だった。幼いころからの。”

親戚の丸橋郁雄(石橋蓮司)の水産物加工会社で働く母・玲子(松雪泰子)は、
生まれついて“ろう者”
それを通訳し、母と暮らし生きてきた高校3年の永倉明人(神木隆之介)

明人には、母・玲子の夢がかかっていた。。。芸大に入り、ピアニスト。。
が、壁にぶち当たり、どうにもならなくなっていた。
教えてもらっているピアニストの宮越圭子(山下容莉枝)には酷評され。。
友人の都築翔太(染谷将太)のトラブルに巻き込まれ。。。。
そんなとき、路上ライブで
キーボードを笑顔で弾く大貫いずみ(谷村美月)と出会う。
明らかに音がオカシイ。。。。つい“へたくそ”と罵声を浴びせた明人。
数日後。。。知る。。彼女は、ろう者だった。

その、いずみに自宅に招待された明人。
母・和美(中島ひろ子)弟・勇作たちとの。。。温かな夕食。。。。
久々に笑顔を取り戻した明人。

だが、現実も、そこにはあった。
そんななか、明人は、母が隠していた秘密を知り。。。。。。


敬称略


公式HP
http://www.nhk.or.jp/nagoya/ito/


ちゃんと育てないと
ピアノを弾くあなたはお母さんの誇りだった、
お母さんと違って、あなたには限りない可能性があった
あなたが私に力をくれた
あなたの夢をかなえるという大きな夢をくれた。
あなたはわたしの“すべて”だった。

おかあさん、もう良いですか
もう僕は、そこから逃げても良いですか
母さんのピアノから逃げても良いですか

逃げなさい
捨てなさい。お母さんを



物語は、

ろう者の母を持った、ひとりの少年の物語。
母の夢に縛られ、苦悩する少年。
限界を感じていた時。。。。1人の少女と出会い。
そして、母の秘密を知る。

ですね。


かなり駆け足気味ですが。
母との繋がりに限界を感じていた時
きっかけで、、、それが切れ。。。
切れて、ようやく、そこにあるモノを気づく

ベタドラマの定番のような流れは、シッカリ描かれている。


母の持っていた思いが、
結局、息子に伝わるのも、悪くはない。

“私たちにはできないことが3つある。
 聞くこと、しゃべること、無限の夢を持つこと
 でも私たちには出来ることも3つある
 目で聞くこと、手でしゃべること。現実の中に夢を見つけること。
 思いは必ず、心の糸になって繋がる。

そして
“気がついた時には、もう遅いことはたくさんある


ピックアップした部分だけを取り上げれば、
本当に良いドラマなのだ。

松雪泰子さん、神木隆之介さん、そして谷村美月さん

3人の素晴らしい演技も、見どころの1つですしね。
演出自体も、

音を消す部分を作るだけでなく、
音をワザと騒がしくする部分を作るなど

良い感じでメリハリがあり、感動作になっていたと思います。




ただ。。。どうもねえ。。。いくつかの部分で違和感があります。
たとえば。
ヤクザの息子。。。なんて、、、必要ないし。
トラブルなんてのも、いらないんですよね。
結果的に、ろう者の少女にしても、
流れを作る上では必要だろうが、物語としては必要ないと言う事。
もちろん、彼女に起きた出来事もだ。
それに、市営住宅の。。。なんてのもね。

取り上げればキリがない。

でもね
“家族”ということで、いろいろ重ねようとしている意図は理解するが
基本的には、

母と息子の物語。。。であり。
ポイントは1つ、、、父のこと。そしてそれを隠していた母の本心、夢。である。

無駄を省けば40分ほどですでしまいそうなドラマを、
無理に引き延ばしてしまった印象が、少し漂っています。


ドラマとして感動作だったのは認めますが、
もう少し、母と息子の交流に絞り込んで描いた方が、
もっと面白かったかも知れません。

あ。。。特に、、少女は。。。
もし絡めたければ、もっと絡めてこないとね。
もったいないです。







最終更新日  2010年11月27日 23時16分21秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.