19649165 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

南アフリカ 強かっ… New! クルマでEco!さん

HERO 第2シリーズ… New! はまゆう315さん

台風19号に想う 災害… New! 鹿児島UFOさん

進撃のアレス>『相… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「フッド:… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

来年の鳴尾浜にワク… YOSHIYU機さん

【スカーレット】第4… ショコラ425さん

いろいろの巻 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

2010年12月04日
XML
カテゴリ:映画感想
内容
突如、空座町に現れた仮面とフードの男たち、襲撃を受ける黒崎一護。
その強さに圧倒されるが、恋次、ルキア。。そして謎の男コクトーに助けられる。
だが、フードの男、、、、地獄の咎人シュレンの目的は、、、一護の妹だった!
返して欲しければ、地獄の門を破壊しろと。。。。。。。
遊子が地獄に連れ去られてしまった!!!


って、、、、ところかな


第299話が序章でしたので、
その、、、続き、、、のような印象もありますが、

もちろん、劇場版なのでオリジナルと言えばオリジナルですが、
シッカリと

ウルキオラたちとの戦いの後

と言う設定で、
物語を見ても、悪くはないお話だったと思います。



あくまでも個人的印象ですが。
これまでの劇場版3作は、
一護を無理に主人公にしようとしていた雰囲気がありました。

そら、友人だから無関係ではないだろうけど、
そこで、一護か!?
っていう雰囲気があったのも事実でしょう。

1作目は、、、、ま、、、一護でなくても良かったかなぁ。。。
そんなところもありますしね。

ですが今回は、一護が主人公であり
一護でなければならない戦い。。。。そして、物語だったと思います。

正直なところ。
無理に主人公に祭り上げられているのが見えている作品ほど、

やっぱ、主人公は、特別扱いなんだ。

そういう印象が強くなるモノですが。

今作のように、
『愛する妹』が絡むと、流れもスムーズですよね。


もちろん、極論を言えば、
誰かが人質になり、救出戦!!!

ということでは、定番パターンですけどね。

ですが、
『妹』というモノを強調し、物語を作り
色々と比較させたことで、

単純だけど、物語も、そこそこ楽しめた感じだ。


そのうえ、今作が、これまでの3作と大きく違うのは、
登場人物の少なさ。。。でしょうね。

一護、恋次、ルキア、雨竜

この4人だけが動き、活躍しているため、
戦いもそれぞれがシッカリ描かれ、見やすくなっている。

大乱戦とか、大人気キャラをわざわざ登場させるよりは
よっぽど、観やすくて良かったと思います


シンプル・イズ・ベスト

と言う感じで、悪くはなかったと思います。

ま、、、後半が、少し引っ張り気味でしたけどね。

ただ、、、あえて書いておきますが。
こういう設定や、物語作りがあるのならば、

無理矢理な『大人の事情』で、アニメの引き延ばしを図るなら、
『地獄篇』を、丁寧に描いて、2クールくらいで放送して欲しかったと思います。



それにしても、久々に映画を劇場で観ました。
今作が、面白そう。。。ということではなく、、

面白そうな映画、押さえておこうと思う映画が、
わたし的に、、無かったと言う事です




http://app.blog.ocn.ne.jp/t/trackback/73577/22126866







最終更新日  2010年12月07日 00時07分16秒

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.