20499473 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

ひよっこ  第23話 New! はまゆう315さん

「鬼滅の刃」オーケ… New! クルマでEco!さん

劇場鑑賞「チャーリ… New! BROOKさん

昔のこと>『スカー… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

「経営の神様」船井… 鹿児島UFOさん

帰ってきました! 俵のねずみさん

白1-紅6(宜野座… YOSHIYU機さん

【スカーレット】第19週ネタハ… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

2010年12月08日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『裏切りの最終決戦へ』

内容
久留米(宇津井健)の推薦もあり、工藤(岡田将生)が、
樫永総理(伊武雅刀)の秘書官に抜擢された。
イケメンでマスコミ受けするからではと、、、元同僚には揶揄されるが。。。

そんななか、久留米から、調査命令が下る。
タマリアへのODA。。。毎年3億ドルが20年間援助されているという。
調査に向かった芯子(篠原涼子)角松(大泉洋)金田(桐谷健太)
工藤が、総理のスケジュール管理をしているとして驚くばかり。
その後、工藤が大量の資料を持って会検にやってくる。
角松、金田の追及を、ことごとく丁寧に説明し、かわしていく工藤
“中立”であり、会検の“敵”ではないと言うが、
感心する角松、金田とは違い、、、どうも芯子はシックリ来ない。

資料を調べているウチに、芯子は妙なことに気づく。
それは、為替相場を利用した差益を着服している可能性だった。
あまりに都合が良すぎる物資の買い付けについて、
工藤に説明を求める角松たちであったが、問題はないと突っぱねられてしまう。

やがて調査を進めるウチに、
左遷され、姿を消した明珍(生瀬勝久)も、同じ案件を調べていたことが判明。
姿を消す前に茶々検査官(近藤芳正)に会っていた事実があり、
そのことについて角松、金田は、話を聞こうとするが、
総理が関連していることもあり、調査の打ち切りを命じられるのだった。

一方、もう一度、工藤を問い詰める芯子
すると
“僕は僕の信じる正しい側に立つ”と、工藤は断言する。

その後、茶々検査官を尾行した芯子たちは、
入院している明珍を見つけるだけでなく、
茶々から、久留米の思惑、そして意外な黒幕の存在について聞かされるのだった。
“これ以上関わるな。身の安全も保障できんぞ”

敬称略



どうせ、次回、何かあるのでしょうが、

最終回前に、
巨悪を相手に、裏切りなども含め、盛り上げた。

ということろでしょう。


続き物になってしまっていることもあり、
内容が、面白いかどうかはともかくとして、

これまでのいろいろなことを重ねてきたのは、悪くないかな。
久留米のこと、明珍のことなどは、特にね。
それに茶々にしても、上手く混ぜてきましたよね。

さすがに、読めているので、劇中の音楽の盛り上がりほどには
盛り上がっていないのが、残念なトコロですが、

悪意がシッカリ表現されているし、
カラクリも分かり易かったし、
その後の、、“正義”の部分も含め、
ドラマとしては、悪くない展開なのは事実でしょう。


ただやっぱり、アレだよね。

読みたくなくても、読めすぎる展開は、ちょっと酷(こく)

でも個人的には、今までで一番楽しかったかな。
調査もしているし、悪意も描かれている
チームも、キャラで魅せるんじゃなくて、物語を描いている。


まあ。。次回はキレイにまとめてくる。。。
そこだけを期待して。。。。


これまでの感想
第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話







最終更新日  2010年12月08日 23時10分32秒


カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.