19063286 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

「ハマー」からむ事… New! クルマでEco!さん

博多弁の女の子はか… New! はまゆう315さん

抹殺>『なつぞら』… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「天気の子」 New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

本日の日程・・・東… New! 鹿児島UFOさん

京都アニメーション みやさとver.さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

小柳ルミ子さんなつ… 俵のねずみさん

お散歩 うさこ(^o^)さん

2010年12月11日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『女の幸せ』

内容
酔楽先生(三宅裕司)お竹(キムラ緑子)の作戦で、
大野伊織(忍成修吾)と見合いをした千鶴(市川由衣)
だが、お竹。。そして亡き父・東湖の思いも痛いほど分かるが、
あまり乗り気ではない千鶴であった。。。医者を続けるタメ独りでも良いと。
“女の幸せ”もと、、、酔楽は、勧めるのだが。。。。

一方で、呉服屋“加賀屋”の隠居・おきた(あめくみちこ)の病状が、
脚気であると見立てた千鶴だったが、
おきたの娘・お朝(徳永えり)の夫婦となる予定の彦八(大地泰仁)から、
思わぬモノを手渡されるのだった。
橘順庵(比留間由哲)が、処方しているクスリが、、、米の粉であると。
そのことを、加賀屋の嫁であるおすが(桑原裕子)に訴えるが、
症状は良くなっていると言って聞かない。

そんななか、大野が母・勝江(三谷悦代)を病であると。。連れてやって来る。
どうやら、千鶴のことを見たかったようで。。。。。

同じ頃、お竹は、千鶴の兄・陽太郎(高嶋政伸)から、相談を受けていた。
血の繋がりはないが。。。でも、千鶴の縁談が、気に掛かる。。。と。
血は繋がっていなくても、、それが家族だからとお竹は話をするのだった。

やがて、加賀屋のおすがに事情があると判明する。
借金のある実家のため金を工面したいが、
先代の遺言で、加賀屋の金はおきたが握っているため、どうにもならず。
おすがが、橘に訴え、、、偽薬が処方されていた!
加賀屋主人・忠兵衛(野間口徹)は、三行半を突きつけるが。。。。。。


敬称略


大雑把に言えば、

親と子。。。。そう言うのを表現したかったようだ。

そう。。。

東湖と橘も、、同じコトだろう。きっと。

って、
かなり広げていますけどね(笑)

だって、最後のネタで酔楽と陽太郎を同席させてますし!


悪くはないのですが、
ほんとうに、表現されている関係が多すぎて、

最終的に、橘が襲われる事件まで描いて。。。。。。

そろそろ最終回だからって、盛り込みすぎだよね。


家族の物語だけで、感じさせてくれていれば
十分に満足できているのに。。。。ホント盛り込むよね。今作。

盛り込みすぎて、
回収しているネタも多くて、少しブレています。

もったいないなぁ。。。

ここまでのお話だって、そうでしたよね。

決して悪くはないのだ。
もの凄く良い感じのトコロも多いのだが、ネタが多すぎてブレが見られる。

こう言っちゃ何だけど。
『続編』まで見据えて、じっくりと描いていけば、
きっと、どのお話も、もっと感動できただろうに。。。。


あ。。。。総括だね。。ま、いいや。


これまでの感想
第11回 
第10回 第9回 第8回 第7回 第6回 
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回









最終更新日  2010年12月12日 18時24分18秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.