20538820 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

おしん  第277話 New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

1/10 電動RC ルノー… New! クルマでEco!さん

開幕一軍予想承ります New! YOSHIYU機さん

塩だれを作ってみま… New! 俵のねずみさん

昔話>『スカーレッ… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (コミ… BROOKさん

映画「AI崩壊」の感… 鹿児島UFOさん

冬ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

2010年12月19日
XML
『ガラス越しのキス』

内容
カナコはタクトに対し質問をしていた。
なぜ、いつまで経ってもキスをしないのか。。。と

一方、綺羅星十字団では、プロフェッサー・グリーンにより、
サイバディが復元可能になったことが告げられる。
ただし復元には、ドライバーのリビドーが必要であり、
場合によっては、ドライバーの命が失われる可能性があると。

そんななか、ワタナベ・カナコは覚悟を決める。
すべてのサイバディが。。。おとな銀行の頭取のモノであることを証明する。
そのために、、、タクトとの戦いで勝利することが必要だと。

そしてシモーヌにより、タクトの元へカナコからの招待状が届けられる。


やがて、タクトの前に現れる頭取は、サイバディ・ベトレーダに搭乗し。。。。





なんていうか、、、、カナコ。。。最強!?
もちろん、、色々な意味で!!

『殺さずに勝つ自信がないの』


そんなカナコの戦いである。

まぁ、

最も個性的なキャラなので
ここまで表現した上で、戦う必要性があるのかどうかは
正直、、、良く分かりませんが。。。

だって、、、、普通のキャラだったら、当然だけど。

ココ数回を考えても、カナコのキャラ表現ばかりだったのに、
いまさら、必要だったのかな(笑)

“聞かせて、キレイな男の子の悲鳴を!”



しっかし、タウバーンの、、、パイル!?
あれは、何でもアリなんだね。

カナコの凄さだけでなく、タウバーンの凄さ、、、いや、、タクトか?
なんか、そんなのが表現された感じである。


最後は、ガラス越しのキスで、、、オチ。。。か。

なるほどなぁ。。。

もう一度書かせてもらうが、
ここ数週間、間接的とはいえ、カナコを描いておきながら、
今回、カナコをここまで表現する必要があったのかどうかは、
わたし的には、良く分からないが、

かなりベタで、丁寧な物語であったとは思います。

っていうか

タクト、ワコ、スガタよりも、、
いや、今作のどのキャラよりも、
イチバン表現されているのがカナコだと思うんだけど。。。。

ま。楽しかったので良しとしましょう。







最終更新日  2010年12月19日 17時29分58秒
[アニメ特撮系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.