20518541 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

病室で念仏を唱えな… New! はまゆう315さん

昭和の刑事>『相棒s… New! ひじゅにさん

劇場鑑賞「スマホを… New! BROOKさん

イルミナティーカー… 鹿児島UFOさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

宮本浩次 SONGS クルマでEco!さん

【スカーレット】第21週ネタハ… ショコラ425さん

帰ってきました! 俵のねずみさん

白1-紅6(宜野座… YOSHIYU機さん

制作中です シュージローさん

2011年01月19日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『No.1の課外授業!!』

内容
高校教師として働きはじめた美咲(香里奈)
担任となったのは、名門校のなかで落ちこぼればかりが集められたZ組
教師に対して不信感を抱いているため、学校に来ず、誰ひとりいない教室。
それから1週間。毎日のように、生徒たちに接近し、学校に来るよう説得。
だが誰ひとり来てくれない。。それでもめげずに、美咲は生徒を追い回し。。。
鶴橋教頭(戸田恵子)天満主任(金田明夫)は、
あきらめて、美咲が就職活動をすべきと伝えるのだった。

やがて徐々に教室に戻りはじめ、5人組の唯(大政絢)も登校!
しかし和真(藤ヶ谷太輔)亮介(北山宏光)恭太郎(市川知宏)勇斗(大野拓朗)
の4人は登校してくれず。。。
それでも『残り4人』と前向きに考える美咲は、
いざ、アンケートを取ろうとするのだが、誰も見向きしてくれない。

そんなとき、自販機トラブルで酒屋の店主・佐藤(宇梶剛士)とケンカ。
殴ってしまう4人。
美咲は、謝るようにと説得に向かうが、聞く耳を持たない4人。


敬称略


↑、、、名前ではなく、やっぱり『4人』ですよね(苦笑)

そら、
つるんでいるから、“4人”は“4人”なのですが、
それぞれの“俳優さん”のファンでもない限り、

女性はともかく、、、個性的なキャラ設定が無く、
現実問題として、普通に見ていれば、区別がつかない。
背の高い2人と背の低い2人。。。その程度だろう。

ちなみに、私は区別はついているけどね。


このことは、主人公についても全く同じコトが言える。

美咲自身は、自分と重ねて説明しているが
それ自体は間違ってはいない。

問題は、どのように重なり、どのように変わったのかが
ドジから、ナンバーワン。。。その程度しか見えないこと。

そう、。。説得力がないのだ。

原作があるので仕方がないが、
これでは、キャバ嬢であったという設定さえ意味がない。
もちろん、ナンバーワンであることの意味もない。

まるで、個性があるように見えて、
実は、主人公自身の個性が見えていないと言うことなのだ。

“良いんじゃない。美咲らしくて”とママが言ったところで

どの部分が“らしさ”なのかが、わからないと言う事だ。


たとえば、4人組、、ならぬ5人組も同じコトが言える。
これからキャラが出されてくるのだろうが、
他の生徒との“差”が見えないため、
大勢のウチの5人でしかない。

で、
最後は、なんとなく、、、問題解決。

曖昧な設定で、曖昧なキャラが、曖昧に。。。と
曖昧ばかりなのであるが、

ドラマとして、流れ自体は間違っていないんですけどね。

でももう少し、“個”がないと、、、、
ドラマにメリハリが生まれないし、説得力も生まれない。

おしいところ、行ってるのになぁ。。。
あともうちょっと。。だよね。


これまでの感想

第1話 






最終更新日  2011年01月19日 23時45分31秒


カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.