20475104 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

どうでもええ会>『… New! ひじゅにさん

来る New! はまゆう315さん

白1-紅6(宜野座… New! YOSHIYU機さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

綾の光時通信? しな… 鹿児島UFOさん

期間限定アイスクリ… 俵のねずみさん

【スカーレット】第19週ネタハ… ショコラ425さん

こまめ40周年アニバ… クルマでEco!さん

制作中です シュージローさん

2011年01月20日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『今夜いよいよ東京編スタート!!

内容
11年ぶりに帰国した黒田(織田裕二)
日本で殺人の容疑者になり、アメリカで死んだ霜村(香川照之)の調査のため。
上司の安藤(鹿賀丈史)のはからいで
“警察手帳”として大垣利香子(柴咲コウ)がつけられるのだった。
大垣を連れ、入国管理局へと向かった黒田。
入国した日本人や日系人を調べたいと。。説明し、リストを調べはじめたところ、
メキシコ国籍のロベルト・イシイ(香川照之)が見つかる。

その後、黒田に言われ、霜村の娘・瑠衣(夏帆)の様子を見に行った大垣。
だが、休んでいて、会えなかった。
するとそこに、山路課長(岩松了)が調べた君島祐太朗(西島隆弘)を発見!
大垣が、遺体を見なかったというのに、見たという少年だった。
話を聞くと、、、やはり見たという君島。

一方、外務省に戻った黒田は、
交通事故処理を頼みにやってきたメキシコ大使館のエルナンドに対し、
事故処理の見返りに、情報が欲しいと。。。。
そのやり方に反発する西園寺守(田中圭)だったが、
上司のメキシコ室室長の鴨下祐司(大倉孝二)は。。。。。。

そのころ、瑠衣の家を訪ねた大垣。
誰かに付けられているという瑠衣の言葉で。。。。。


敬称略


中盤で『あの人』が見切れた瞬間、
ダラダラ感、引き延ばし感が、ミエミエだったのが、確信へ。。。


もう。。。睡魔が。。。。

ちょっとおマヌケキャラで、物静かなキャラと言う事もあり
かなり静かな。。。大垣利香子

利用する時だけ、誰かを利用し
落ち着いている雰囲気で、何か考えていることもあり
かなり静かな、、、黒田康作

主人公2人が、この調子のキャラだから
派手な部分がなければ、

睡魔に襲われるのは当然である。

ほんと、ぬるすぎ!


そら、
そういうキャラだから...と言ってしまえばそれまでだし

音楽が、、重厚な雰囲気をかもし出そうとしていると言う事が、
よりいっそう。。。作品が重いと言うより、
ただただ暗くて、陰気という印象ばかりが。。。。。


え?それでも、カッコ良かった!?
まあ

柴咲コウさん、織田裕二さんのことが好きなら、どうってコト無いでしょうが



冷静に見れば、ハッキリ言って
ただただ、引き延ばしているだけの印象しかないドラマです


ヒトネタで、1クール引き延ばす定番のパターンですね。

この調子で引き延ばしていくのだろうが、
ま。。。俳優さんの魅力だけで魅せるんじゃなく、
ドラマ自体を面白く魅せてほしいものである。


それにしても、前回と言い、今回と言い。。。
、、、

『邦人の保護』などを任務としているはずなのに、
私的な人捜しをしているようにしか見えない今作の主人公。


いや、根本的にね。
ほんとは、容疑をかけられた殺人事件の捜査を
もう一度精査すべきだと思いますけどね。

人を追っているだけって。。。
それで、真相が...って言われても、
正直、困ってしまいます。

えっ?圧力が?
まあ。調べても、そう言うオチになるのでしょうけどね。



これまでの感想

第1話 






最終更新日  2011年01月21日 18時18分46秒


カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.