19621889 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

対戦相手>『スカー… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

おしん  第165話 New! はまゆう315さん

フィリピン東海上に… New! クルマでEco!さん

初めての海ほたる 俵のねずみさん

綾の光✴️通信、秋の… 鹿児島UFOさん

今日の収穫 (10月1… BROOKさん

ラグビーW杯、日本、… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

無題 やめたい人さん
2011年01月30日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『本能寺へ』

内容
天正九年春、伊勢・上野城。
信長(豊川悦司)から“馬揃え”に出席するようにと招待されたことが、
伯父・信包(小林隆)に告げられる、
市(鈴木保奈美)茶々(宮沢りえ)初(水川あさみ)江(上野樹里)。
そして京の町を訪れた4人は、偶然、光秀(市村正親)と再会する。
その後、光秀から娘・たま(ミムラ)を紹介されるも、
様子がおかしいコトが、気に掛かる市。
たまによれば、馬揃えの責任者となり、頭を悩ましていると言う事だった。

やがて、絢爛豪華な馬揃えが開かれ、大喜びの市と3姉妹。
そして最後尾に現れる信長。
“時は春である。信長が春である。
 世の春。皆々の春である。
 喜ぶがよい、寿ぐ(ことほぐ)がよい。酔いしれるが良いぞ!”
圧倒される江であったが、、、市だけは、浮かない顔をしていた。

その夜。宿舎となっている本能寺に招かれる4人、だが江だけ信長に会うことに。
江がやって来てくれたことに喜ぶ信長であったが、
話をするウチに、神などを信じぬが、、、、、自身が神であると話し始める信長。
馬揃えも、その証であったと。
それを聞いた江は、
“畏れ多いという心がないのですか?
 己を信じる事と、己が神になることは違うと思います”
と、、、感じたままを信長に伝える。
するとその素直な物言いに満足げな信長は、
“己の信じる道を行け”と伝え、去っていくのだった。


そののちの信長の軍は、破竹の勢いで勢力を増していき、
次々と周辺の敵を撃破していく。
そして天正十年。

敬称略



少し展開としては、強引さはあるモノの。。。
ま。。。
本能寺までを1ヶ月でやってしまおうというのだから、
多少は仕方あるまい。

ということにしておく。



物語としては、着々と進む『本能寺の変』への道。

と言う感じだ。

光秀に対する部分には、ホントに強引さはあるが。

その部分を除けば、
信長の真意を知る市。。。というのは、

意外と、オモシロ味があったお話だったと思います。


今回のメインは、そのやりとりでしょうね。
決して、、江ではなく、、、江は、言ってみれば『きっかけ』程度だ。

最愛だった兄・信長。
それが、夫の仇。。。となり、
ふたたび、そこにある兄の気持ち。..そして覚悟を知る市。

『憎まれても、そののち太平の世が来れば、それでよい』

すべては、平和な世を作るための、、、自身の役目


天下布武の説明なども、
流れからすれば、悪くはなかったと思います。


基本的にホームドラマ風時代劇なので、
戦いの詳細を描かず、信長の考え方を描くのは良いこと。

視聴者的には、結末は分かってはいても
主人公は、、、市と3姉妹。。。

そう考えれば、今回の信長の考え方が、
間違いなく、今後に活かされてくるのでしょうね。


あ。。。ちなみに、
毎回のように、書いているが、細かいことは気にしない!

人々の感情などが入り交じり、
そして、人生が動く、、、そういう『ドラマ』と考えれば、

戦国時代だろうが、織田信長だろうが、
そんなコトは関係ありません。

まあ。そういう人間ドラマ。。。だということ。
そう思って、見ていると

だんだん、、、織田信長は、どうでも良くなってきています(苦笑)

そうですね。。“オダノブナガ”という感じでしょうか。


本心を言えば、歴史大好きの私ですから、不満点はありますが、
そう言う部分を無視して描こうとしているのだから、
視聴者としても、そう言う作品だと思えば、、、。。。ってことですね。



これまでの感想
第三回 第二回 第一回 






最終更新日  2011年01月30日 18時48分20秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.