21925478 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


20年07月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

半沢直樹  第5話 New! はまゆう315さん

【エール】第16週(9/… New! ショコラ425さん

綾の光時通信 珪素 … New! 鹿児島UFOさん

阪神クラスタース New! 虎党団塊ジュニアさん

LakeTawn Act Green … クルマでEco!さん

劇場鑑賞「ヒットマ… BROOKさん

忠君愛国の精神>『… ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

秋の気配を感じた日… 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

2011年02月18日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『少年犯罪被害者の父 復讐の銃口

内容
5年前、遊び仲間の北村一平(菅野篤海)とともに、
仲間の少年・村越亮介を殺した元少年Aこと和田隆俊(宮平安春)
更正したとテレビ出演し、反省の弁を述べているが、
観ていた柴田(鈴木浩介)は、、、ギャラ目当てだろうとつぶやく。
その言葉になにかを感じる里中係長(小泉孝太郎)

すると柴田は、、、話を始める。
それは当時、富樫(高橋克典)柴田が担当した事件。
だが取り調べ刑事の暴力が浮かび上がり、問題になったのだった。
続けて話をしようとしたところ刑事課長の石黒(梅沢富美男)が、柴田を叱責。
何かがあると、、感じる里中。

そのころ、富樫は、、、和田が出演していたテレビ局の駐車場にいた。
その和田に、、、襲いかかろうとした男を、未然に引き止める富樫。
男は、、、村越の父・健作(斎藤洋介)だった!
なにかあっては、と富樫は張り込んでいたのだった。
その後、村越の自宅を訪れ、、、頭を下げる。
亮介の親友だったという大倉俊哉(武田航平)に怒鳴られるも。。。。

“どうか、今は辛抱して下さい”と。

そんななか、和田が殺されるという事件が発生する。
まさかの事態に、慌てる富樫。
父・健作による復讐なのか??すでに、自宅には健作の姿は無く。。。。

署に戻った富樫は、里中から
テレビ局でナイフを持った健作を止める富樫が映った映像を見せられる。
健作を野放しにしたことを注意する里中。
だが。。。その里中に、柴田は、、、事件が明らかにリンチだったことを告げる。
無抵抗の人間をなぶり殺しにしたと。
そして柴田は告げる。。。。“殺されて当然だ”と。
ショックを受ける里中は、北村にも危険性がと言うが、
それにも、、、柴田は北村が“更正”して暴力団構成員となったと告げ、
“殺されて当然”と、、、言いきるのだった。

先日のことで、健作の復讐心を抑えたつもりでいた富樫は、ショックを受け、
再犯を止めようと、柴田、里中たち第四係の面々と捜索をはじめるが、
その直後、
富樫は、石黒から謹慎処分を受けてしまい身動きがとれなくなってしまう。
突然のことに、里中は、、、富樫を使うべきと石黒に進言するが。。。。。

やがて、柴田の元に、懇意にしている暴力団員から北村の情報が入る。
張り込みをはじめた柴田、山下(平山浩行)だったが、、、、
翌朝、、別の場所で、北村の刺殺体が発見!
使われた刃物は、和田殺害に使用されたモノと同じで、、、健作の指紋も。。。

敬称略


あくまでも、、、微妙に。。。ですが
少し事件解決までの演出の一つが、変化しましたね。。

あの。。。寒空の下で。。。。話し合いをするシーンですね。
いままでは、
あと一歩の真相の部分で表現していませんでしたが、
今回は、里中がやって来たこともあり、

まさに、、、『報告』

だからこそ、
その後の流れの中で、富樫たちの手法を里中が知る事になるのですけどね。

里中『分かっていながら、泳がせているのか?』

って言う部分だ。

もちろん、そのおかげで、
真犯人に殺されかけた人間を救うことに成功する。



そう。。今回。
ドラマとして、里中が事情を知るという次の展開になっただけで無く、
ある意味、『テコ入れ』が図られた雰囲気ですね。


実際問題として、

今作の最大の問題点は、
“主人公たちの『悪』があまり表現されない”ということ。

初回こそ、それなりの“悪”は、表現されたが、
そのあとは、、、定番の刑事モノでやる程度のモノばかり(苦笑)

こうなってしまうと、“普通の刑事モノ”と何一つ変わらない今作だった。

たとえば
“正当防衛で、片付けられる”
そう言う言葉が、今回、、富樫の口から出てきた。

実は、ここにこそ、主人公たちが掲げる“正義”とともに、
“行動”に説得力が生まれてくるわけである。

いままで、そう言った雰囲気が語られず、モヤモヤとしていたが、
今回は、シッカリと描かれた。

これは目指すべき方向が見える、、、良い部分だと思います。


そのうえ、もう1つ良かったのは、
前述の“報告”である。

もちろん、里中が一歩踏み込むことで、テコ入れの意味合いはあるだろうが、
人間関係が今まで以上に描かれる可能性が高く、
ドラマが厚みを増す上で、悪くない部分である。

ただその一面だけじゃ無く、
いままでは“報告で隠していたため”、決着で全てが語られるという
説明染みた展開になってしまっていたが、
まず“真相ありき”で展開したため、あとは“決着の爽快さ”に繋ぐという、
言ってみれば、、、“必殺シリーズ”によく似た展開。
そうなのだ。
“報告”が明確になったことで、悪が今まで以上に明確になり、
富樫たちの行動に、意味が生まれたと言う事ですね。

ほんの僅かなことで、
見ることの出来る作品になる、、、、そんな感じだ。

あ。。。感想になってないな。。。なんか、、総括、、、ですね。

まあ。
1週間飛んだことで、ドラマとして、
心機一転!!!

そういうところ。

これくらいなら、まだ見ることが出来るかな。

富樫たちの間でも隠し事があるのも、分かったしね!


これまでの感想
事案3 事案2 事案1 






最終更新日  2011年02月18日 23時18分02秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.