19618760 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

クリミナルマインド1… New! はまゆう315さん

フィリピン東海上に… New! クルマでEco!さん

魔法の手拭い>『ス… New! ひじゅにさん

初めての海ほたる New! 俵のねずみさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

綾の光✴️通信、秋の… New! 鹿児島UFOさん

今日の収穫 (10月1… BROOKさん

ラグビーW杯、日本、… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

無題 やめたい人さん
2011年02月20日
XML
『描かれたあの日の虹』

内容
シルバーにより、サイバディ・コフライトの復元が進む一方で、
同じく復元中のサイバディ・ヘーゲントは、
vsタウバーンに備え実験が始まっていた。
最終調整中と言う事を聞いても、待ちきれないウィンドウスター

一方で“議長”ことカタシロ・リョウスケは、
“ヘッド”ことツナシ・トキオとのことを、ふと思い出していた。
“あの頃と変わらない”と。

島にやって来た男トキオが描く絵に魅せられたリョウスケ。
リョウスケの婚約者ソラもトキオと親しくなっていく。
やがて事態は急変する。。。。トキオが、秘密結社のことを知っている。。。と。
オリハルコンのことさえも。。。
そしてトキオは、マキバ・シンゴから“シルシ”をもらい、
ミヤビ・レイジとなった。

そのころ謎めいた“ヘッド”のことを調べる“キャメルスター”ことギンタは、
“ひが日死の巫女”の正体を知るとともに、ヘッドの目的に気付きはじめていた。

そんななか、タクトがハブに襲われ、
同時に、、、ゼロ時間へ。。。。
そこにはキャメルスターのサイバディ・ギメロックがいた!!

毒に犯されるタクトは、タウバーンを呼び出すが。。。。。
分離したギメロックの攻撃に苦戦。。





ようやく、物語が大きく動いた印象ですね。


ヘッドの過去。。。そして、様々な因縁が描かれる中

まさかの、、、裏切り行動に出るキャメルスター。
それに対応するニードルスターなど、

人間関係の複雑さが、かなり面白く描かれた感じだ。

その流れの中で


第1フェーズの力を利用した直後の
タクト&タウバーンと戦うキャメルスターなど、

ロボ戦も、見事に描かれたと言って良いだろう。


メインの物語の内容に面白さを感じるだけで無く、戦いでも魅せる。

見事な連続技でしたね(笑)


まあ。。“学園モノ”を薄くすれば、こう言うことになるのは
分かっていたことなのですが。。。。。


それにしても、そっか、そう言う過去ね。
ヘッドのことが見えたことで、
ワコ、タクト、スガタの関係も見えてきた感じですね。

ヘッドの絵に興味を覚えるスガタというのも“運命”なのでしょうね。。。


次回はついに、、、ですか。



最後にヒトコト。

わたし的には、重厚な物語とともにロボ戦で魅せてくれているので満足だが、
ここまで、学園モノ部分が薄くなってくると
このアニメ的には、、、良いのかな??

結構、緩急をつけてシリアスにするために、ちょうど良かったんだけどね。

どうするんだろ、、これ。。

収拾をつけるには、薄いってのは問題ないが、
番組イメージ的には、、、どうなのかな。。








最終更新日  2011年02月20日 17時36分19秒

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.