21077078 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

ガンダムベース限定 … New! クルマでEco!さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

グレイズアナトミー… New! はまゆう315さん

劇場鑑賞「ブラッド… New! BROOKさん

中二病>『エール』… New! ひじゅにさん

携帯スマホと銀行口… New! 鹿児島UFOさん

来春朝ドラ【おかえ… ショコラ425さん

昨日見つけたお気に… 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

悩ましいマスクです… うさこ(^o^)さん

2011年02月20日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『母の再婚』

内容
信長や多くの家臣達が亡くなり、光秀も倒れ。。。。
そして天正十年六月。
誰が織田家を継いでいくのか?という不安を抱えながら、
市(鈴木保奈美)江(上野樹里)たちは、清洲城にいた。

そのころ、家康は、、、織田家の後継を巡る争いが起きることを静観。
次男・信雄(山崎裕太)か、、三男・信孝(金井勇太)か。。。
いずれにしても、筆頭家老の柴田勝家(大地康雄)と
光秀討伐で名をあげた羽柴秀吉(岸谷五朗)、、、2人の動きに注意が必要だと。

秀吉は、千宗易(石坂浩二)に相談し、、、ある事に気付かされる。

一方、勝家は、信孝を担ぎながらも、佐久間盛政(山田純大)に
つい後悔を口にしていた。、、、自分が仇を討っていれば。。。と。
“猿”にこれ以上出し抜かれてはと、勝家は、織田家重臣を清洲城に呼び寄せる。

市は、“夫の仇”秀吉に
これ以上、大きな顔をさせてはならぬと、考えはじめるが。。。。

そんなとき、
江は、秀吉の妻・おね(大竹しのぶ)母・なか(奈良岡朋子)が来ていると知り、
先日の会ったこともあり、、、おねに会いに行く江。
すると、おねとなかは、名も知らぬ“法師様”という少年の面倒を見ていた。。。
一体、、、誰なのか??
その直後、やってきた秀吉の調子の良さに、いらつく江。


翌日。開かれた会議において、勝家は、跡目は信孝で行くと提案するが、
秀吉は“筋目”が重要だと、長男・信忠の嫡子・三法師(庄司龍成)を推薦する。
それは、、、“法師様”であった。。。
すでに秀吉になついている三法師!!!
思わぬ展開に、コッソリ見ていた江は驚き、秀吉を問いただすのだった。
“なぜ、そなたが決めるのじゃ!!”

が、秀吉に、御屋形様の御遺志と言われては、、、誰も何も言えず。


やがて、市の前に現れた信孝は、市から叱責を受けるも、1つの提案をする。
その後、、、席を外していた3姉妹を前に、市は宣言する。
“母は嫁ぐことにした”


敬称略




他の者では務まらぬ。
猿に匹敵する力があるのは柴田勝家どのタダひとり
憎いと言うより、許せぬ。
あの者、三法師を利用して織田家を乗っ取り
天下を我が物にしようとしておる。
見過ごすわけにはゆかぬ。

私は、柴田殿を猿に勝たせたい、ゆえに妻になる。
それは私の意志じゃ。
誰かに操られ、思わぬで動くのではない

母は、武将の心で嫁ぐ。



↑意外と、スゴイセリフである。

女の決意、、、とでも言おうか。
母の気持ちを知る3姉妹たち。

間違いなく、次に繋がるセリフである。



朝ドラの登場人物のように、
妙にあちらこちらに顔を出して聞き耳を立てたりする主人公・江は、
かなり、気になる部分ではあるが、

それでも、
“状況を、それなりのリアルタイムでメインキャラが知る”には、
こういった手法は、ある程度仕方の無いことであろう。

“ドラマ”だし、その程度のことを気にしても仕方ないですしね!

これからのことも含めれば

市という人物をシッカリと描き、
そのことで、娘たちが明らかに影響を受けていくなど、
なかなか、、、

“信長家”いや、、、浅井家。。でもないなぁ。。
“市一族”の家族物語としては、ホント良く出来ていたと思います。



まあ。。。。江のホントの意味での存在している意味は、
取材して伝えているメッセンジャー程度しかないけどね!!



にしても、、、今回見ていると、
メインが“清州会議ではない”というのが、、理解できた感じですね。

マジメに見すぎていると、
“清州会議”が、、どうとかこうとか言って、
“史実”という1つのファンタジーをとりだして、あれこれ言うのだろうが。


柴田勝家が主人公でもなければ、もちろん、秀吉が主人公ではない。
あくまでも

“江~姫たちの戦国~”

主人公は、江であり、、、それに関わる姫たち、、、市、茶々、初である。

そう考えれば、
そう言った“視点”で描かれていなければ、

どれだけ清州会議を、描こうが、意味なんて存在しない。


えっ?、、、大河ドラマ??
でもそれ、、、“ドラマ”ですよね???

実は、信長は生きていた!!なんていう感じの、
よっぽどの歪曲で無い限り、ある程度の演出は仕方あるまい。

これがドラマというものである。


あとは、、視聴者自身の寛容さと、許容力のみ。
実際問題として、

設定年齢と実年齢の違和感なんて言う部分ではなく、

俳優ひとりとったところで、人によって好き嫌いがあるのだから、
その点からも、反対しても良いわけである。
でも、それをしないなら、、、ここは、ドラマとして視聴すべきだろう。

昨年のドラマだって、あれだけバカバカしいモノを
なぜか、、反対するモノは少なかったのだから(苦笑)

だったら、受け入れても不思議じゃ無いと思います。


これまでの感想
第六回 
第五回 第四回 第三回 第二回 第一回 










最終更新日  2011年02月20日 19時03分38秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.