20521982 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

絶対零度  未然犯… New! はまゆう315さん

映画「AI崩壊」の感… New! 鹿児島UFOさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

スペシャル・サニー… New! ひじゅにさん

冬ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

劇場鑑賞「スマホを… BROOKさん

宮本浩次 SONGS クルマでEco!さん

帰ってきました! 俵のねずみさん

白1-紅6(宜野座… YOSHIYU機さん

制作中です シュージローさん

2011年02月25日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『死の映画予告プロファイル

内容
自主映画祭に届いた映像を事件に関係するかもしれないと、
所轄からCPSに送られてきたDVD。
香月(北川景子)が、、近くに来た新堀(平岡祐太)とともに見始めると、
女性が、誰かに追われている映像だった。。。
それを見た香月は、“このあと殺していいる”と確信。

その後、奥居マリエ(須藤理彩)が調べたデータで妙なことが分かってくる。
追いかけられていた3人の女性のうちの2人は、1年前に遺体が発見。
直後に指紋の検出もあり星野貴行(遠藤要)が、逮捕されてはいたが、
3人目の女性の捜索願が出されたのは、、、先月だった!
星野は無罪を訴えていたが受け入れられず、すでに、一審、二審で死刑判決。
同一犯である可能性が高いと考える香月は、冤罪の可能性を感じ始める。

そのことを結城(木村多江)に、捜査に関わった真鍋佳代子理事官(久世星佳)
に伝えてもらい、、、再捜査を訴えるが、
すでに、逮捕しているだけでなく、遺体も発見できていないため、
動けないと言われてしまう。
そこで、香月たちCPSは、
新堀の分析により遺体が埋められている可能性が高い山中を捜索
やがて、、、3人目の遺体が発見される。

ようやく動き始めた“事件”
だが真鍋は藤堂(小澤征悦)に、“怨恨”による事件で捜査と指示。
それは、、“連続”とは認めないと言う、“冤罪”のもみ消しであった。
連続殺人の可能性が高いと考えるCPSは、犯人について分析を開始する。

浮かび上がってきた犯人の犯行を。..予測。
マリエが、囮となることになり、
柘植(ユースケ・サンタマリア)たちと張り込みをはじめるCPS。
プロファイリングに合致する男が現れ、確保に向かう捜査員たち。
が。。。その直後、マリエが襲われてしまう。。。。。

プロファイリングミスにショックを受ける香月だったが、
結城から諭され、、、ついに、、、山岸卓也(戸次重幸)が浮かび上がり。。。

敬称略



明らかに、最終章突入している今作。

どうやら、香月の父の絡む事件を、
なんとかして、、、香月のトラウマにしようとしているようだ。

そのため
女性が襲われている事件と、冤罪を上手く繋げて、
香月たちSPCの仕事にした今回。


さすがに、前回までの“色々”を無視することは出来ないため、
わずかな“不自然さ”は、存在するのだが、

それでも、
主人公の根幹にある“トラウマ”“信念”が、スッキリ描かれたのは

これまでの、意味不明なお話に比べれば、
よっぽど、、、良いこと。

ドラマらしいドラマになった印象ですね。

っていうか、
本来。。。今作が目指していたのは、こういった雰囲気なんだろうね。


主人公が多少目立つことはあっても、
1人で大活躍することなく、他の捜査員とも連携
そしてチームとしても、それぞれの“役割”“キャラ”が描かれている。

完全に、中間管理職になった藤堂も、
今回のようなお話の中では“役割”は明確となり
物語にとって、明らかに無駄な“ケンカ”を描くよりは、
流れとしてはスムーズだし、説得力あるポジションに落ち着いたカタチだ。

香月のファンタジーにしても、
ひとりで妄想劇をするのでは無く、今回は寺田が協力した。
これは、前回に近いが、ほとんどひとりで妄想した前回よりも
役割が見えて、、、チームが見える部分だ。


ただね。
全体の雰囲気は悪くないんですよね。そこは事実。

問題は、プロファイリングの確定から、犯人特定、確保が
あまりにも拙速で、、、穴がありすぎることだ。

そら、、、プロファイリングまでが、
今作の主人公チームの“役割”なのは認めます。

だから、プロファイリングをしたところまでで、仕事は終わっている。

かといって、
その後、、、確保までが、あまりに拙速では
イマイチ、、ファンタジー過ぎて、、盛り上がりに欠けている印象だ。

主人公たちが、現場で逮捕しろ!!
などという無茶を言うつもりはありませんが、

いっそ、犯人特定も含め、、捜査員に丸投げし
詳細を描かず、逮捕を表現した方が良かったでしょうね。



ドラマとしておしいところまで来ているのに、ツメが甘いです


これまでの感想
Episode.7 Episode.6 
Episode.5 Episode.4 Episode.3 Episode.2 Episode.1 







最終更新日  2011年02月25日 23時18分49秒


カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.