19605571 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

傲慢と善良  辻村… New! はまゆう315さん

NHK大河ドラマ『いだ… New! くう☆☆さん

日本ブレイブブロッ… New! クルマでEco!さん

ラグビーW杯、日本、… New! ショコラ425さん

夕日>『スカーレッ… ひじゅにさん

中国侵略の問題 と … 鹿児島UFOさん

今日の収穫 (10… BROOKさん

長かった一週間 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

無題 やめたい人さん
2011年03月06日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『義父の涙』

内容
“父”となった勝家(大地康雄)と市(鈴木保奈美)だけでなく、
茶々(宮沢りえ)初(水川あさみ)江(上野樹里)3姉妹の間にも、
“鬼柴田”と言われる勝家の意外な一面もアリ、
家族としての“絆”が、北庄において生まれつつあった。

そんななか、佐久間盛政(山田純大)から、思わぬ事が伝えられる。
京の大徳寺において、秀吉(岸谷五朗)が御屋形様の葬儀を行ったと。
筆頭家老・勝家のみならず、妹・市さえ蚊帳の外に置いた抜け目のない蛮行に、
怒り心頭の勝家。。。そして市たち。
戦が回避できない状況ではあったが、
勝家は、家康(北大路欣也)らに書状を送り、秀吉包囲網を作ろうとする。

だが、その直後、、、勝家の城である長浜城が、秀吉に奪われてしまう。
秀吉による明らかな挑発であった。
かつて、、、秀吉に小谷を落とされたトラウマもある茶々、初は、
戦となることに不安を感じ、
戦をして欲しくないと義父・勝家に訴えると、、
3姉妹の気持ちもくみ取り、戦の回避に動くことを勝家は約束するのだった。

佐久間たち家臣の思いをくみ取りつつも、抑える勝家。
が、、、秀吉は、次の手をうってくる。
三法師(庄司龍成)を岐阜城の信孝(金井勇太)から、
力尽くで強奪し安土に移したという。
本格的に、戦が避けられぬ状況となりつつあった。

苦悩する勝家。
その耐える姿を見た市は、勝家の男としての気持ち。。誇りをくみ取り、
納得は出来ないが、戦に出してあげたい旨を3姉妹に伝えるのだった。

“これ以上止めるのは、死ねと言うよりむごいことかもしれぬ。
 勝家様は男ゆえな”

茶々、初は、義父・勝家が戦場へ送り出す覚悟を決める。
それを受け、、勝家は、笑顔となり、
“戦うからには勝つ!”と、、、市、3姉妹に伝えるのだが、、、
それでも、猛反対する江。

敬称略



もう、どんな事をしても、
なんとか自分を説得して驚かなくなっている私であるが

さすがに、、刺繍には驚かされてしまった。
それに、女性たちに囲まれハーレム状態の大地康雄さんの笑顔にも!


こういうのも、、、良いのかもしれません。

勝家の、、、その立場からすれば、
厳しさは当然あるが、、、それなりの求心力はあったろうし。

いや、、、鬼の中にある優しさ。。。かな。


そんなホームドラマを、
勝家を、、上手く使って描いたのは事実でしょうしね。

苦悩する勝家。。。それも3姉妹を絡めてくるなんて、
まさに、マイホームパパ。

平和を知ってしまったから、、、なんてのも、良い感じだと思います。

逆に、
こう言う描き方をしてきたか!!

という、目から鱗。。。という印象も少しあります。


最後は、刺繍から、お守りまで、全て回収して
キレイにまとめたのは、悪くないですね。

ホームドラマだし。アリでしょう。





ただね。
江だけが反対するのは、少しヤリスギだったかな。

だって、失いたくない気持ちは理解するが
あれだけ反対していた茶々、初でさえ、納得しているというのに。。。
そう。。。江は、伯父・信長の名を出したが、
茶々、初にとっては、そこに実父・浅井長政との思い出もあるはず。

たしかに、こういうところに、
わずかだが史実を考えた上での“江の幼児性”を組み込んでいるのだろうけどね。

でもね、こんな言い方はしたくないが、
勝家と同じ距離感になっているはずなのに、
江だけが違うというのは、

さすがにね。。。
主人公を目立たせると言うだけにしか見えない、、、、のだ。

市、茶々、初もいるのだから、
もう少し江を抑えてほしいものである。



これまでの感想
第八回 第七回 第六回 
第五回 第四回 第三回 第二回 第一回 









最終更新日  2011年03月06日 22時12分49秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.