19627347 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

刑事ルーサー  第9… New! はまゆう315さん

実名が報道されない… New! クルマでEco!さん

変容シンロの波に乗… New! 鹿児島UFOさん

対戦相手>『スカー… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

初めての海ほたる 俵のねずみさん

今日の収穫 (10月1… BROOKさん

ラグビーW杯、日本、… ショコラ425さん

制作中です シュージローさん

無題 やめたい人さん
2011年03月21日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『最後の授業』

内容
夏実(戸田恵梨香)との妊娠騒動で、修二(三浦春馬)は、解雇となる。
鶴岡教頭(風間杜夫)が、理事会に反論したが、、受け入れられなかったらしい。
残された時間は、、、二学期の、、、残り1週間だった。
1週間を、、、自分なりに努力することを考える修二。

一方で、その解雇の話は、すぐに生徒に広まり
中には夏実との比較で、不公平という意見も上がり始める。
シングルマザーとなる自身も不道徳でアリ、罰せられるべきなのでは?
と鶴岡に訴える夏実。
だが鶴岡は、子供の幸せについて、夏実に問いかけてくるのだった。
そのことが、一番大切なことなのでは?と。

そんななか、バスケ部の顧問が金子(能瀬あんな)になることを、
直輝(菅田将暉)たちに報告する夏実。
すると、、、自分が妊娠を告白しなければと後悔している直輝。。
それを見た夏実は、妊娠を告げなかった自分が間違っていたと話すのだった。
それが“幸せ”だったと。


そのころ、ひかり(武井咲)の家では引っ越しの準備が進んでいた。
ふと亡き姉との思い出を思い出したひかりは、
母・由梨(宮本裕子)に、旅行をやり直すことを提案する。
だが、由梨は、拒絶。。。

同じ頃、亜弥(内田有紀)は、ひかりの父・正則(神保悟志)に
ひかりから旅行に誘われたことを報告していた。
自分が行けないため、正則に行ってはどうかと。。。
だが正則は、4年前の旅行に行かせたのが自分だと告白する。
妻・由梨の反対を押し切って。。。。。

その旅行計画について、修二に報告するひかり。
ひかりの考えに、一瞬戸惑う修二だが、“心配しないで”という言葉に安心する。


そして、、、1週間。
引っ越しの準備も終わり、、、修二は、終業式を迎える。

その一方で、夏実は、鍵を返しにいったが、修二の真意が分からなかった。
親友のさやか(篠田麻里子)から、後悔しないようにと注意されるが。。。。。

終業式が終わり、夏実と修二は、明日会う約束をする。

敬称略



えっと、今回、、、何やったっけ。。。。。

修二が、学校を辞めて、終業式。。。ってだけ。。。かな??



たしかに、今までに無い状態は描かれている(失笑)

そう。。。
“何も考えているように見えない”修二が、“何か、考えている”のだ!!!


だから、久々に
クドイほどのモノローグが盛り込まれた。

そらそうだよね。

“大人の事情”があったとしても、
本来は、修二と夏実の物語。

この2人が、ダブル主役だったはずなのだ。

なのに、いつのまにか、乱入してきたキャラがいて、
物語自体も、混沌状態に陥ってしまった。

で。

結局、半年前の“事件”は、ウヤムヤで、
なぜか今回は、問題視!!!

という理解不能状態を描いて、物語をようやく動かしたのだ。


これ、、どんな横やりがあったか知らないが
明らかに、ブレブレだよね。


おかげで、誰が主人公か分からなくなり
何を描きたかったかも分からなくなってしまったのである。


さてまあ。

色々なことがありまして、

ようやく、っていうか、、
第7話あたりの一部と、今回だけで、
ほとんど物語が成立してしまうと言う。。。。困った状態の今回のお話。

とりあえず、
次回のサブタイトルは“結婚”だそうだ。



それにしても、なんだろうね。。。。
セリフだけを、必死になって作っているのは分かるが、

全く、前後との関係が無いセリフや展開まであり

物語の内容と、セリフが、完全分離してしまっている。

たしかに、セリフとして良いセリフがあるのは認めますが、
そこに至るまでの“過程”が、曖昧すぎるため

どれだけセリフを盛り込んでも、“過程”=“悩み”など、、、
登場人物が考えているように見えないのに、

セリフ。。。言ってみれば、悩みに対する“答え”。。“考え”なんて、
出てくるはずないのだ。

簡単に言えば、起承転結の“結”だけを描いている状態である。

そう。。。。“起”さえ、マトモに描けていないのが今作である。


次回、どれだけセリフをてんこ盛りにして、最終回になるのか分かりませんが、

“セリフだけ”ってのだけは、カンベンしてほしいものである。

だっって、、、それじゃ、
俳優さんの演技さえ、意味が無いと言う事になってしまいます。


最後にヒトコト。

で。。。どこを、どう考えれば“授業”だったの????







最終更新日  2011年03月21日 22時03分04秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.