21091759 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


20年01月期


20年04月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


NHKドラマ2020年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


SPドラマなど2020


映画感想


お気に入りブログ

隕石家族  第7話 New! はまゆう315さん

コロナ影響にも 負け… New! 鹿児島UFOさん

制作中です New! シュージローさん

9月1日 母からのバ… New! クルマでEco!さん

こんなもの見つけたよ 俵のねずみさん

【エール】第10週(6/… ショコラ425さん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

劇場鑑賞「ブラッド… BROOKさん

中二病>『エール』… ひじゅにさん

無題 やめたい人さん
2011年04月10日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『花嫁の決意』

内容
突然、秀吉(岸谷五朗)から江(上野樹里)へ嫁入り話が伝えられる。
あまりのことに驚くばかりの茶々(宮沢りえ)初(水川あさみ)そして江。
秀吉だけに本気の可能性が高く、三姉妹は、秀吉のもとを訪れて猛抗議を始める。
すると、、、相手は、尾張大野城城主・佐治一成(平岳大)であることが判明!
なんと母・市の姉・お犬の方の息子。。。三姉妹の従兄弟だった!

それでも抗議を続ける三姉妹を見て秀吉は、
夢枕に立った信長の遺志であると言い出す始末。
そのうえ、家康(北大路欣也)と与する信雄(山崎裕太)が
攻めてくるのを回避するには重要だという。
そうこのままでは、織田家が滅ぶ可能性がある!!。。。。。と。

話を聞き、それならばと。茶々自らが輿入れすると言い始めると、、戸惑う秀吉。
その秀吉の戸惑いを見た江は、自分自身が邪魔だからだと確信するのだった。
茶々は、江を嫁には行かせぬと秀吉に告げるが。。。。。

悩んだ末、江は決断する。


一方、おね(大竹しのぶ)は、夫・秀吉の行動に“ある思惑”を感じ始め。。。。


敬称略



えっと。江。。。1回目の結婚である。

まあ。それだけ。
いつものように、子供なのに大人びている。。いや過ぎている主人公・江

そらね。
佐治一成は、、江より4歳年上。。。なので平岳大さんでもokだが
江より5~6歳年下の秀忠は、、、前回、前々回時点で子役。

結婚するし、時代背景もあるから“大人”ってことでもいいが


そことね。大人びているのは、違うこと。

11か12。。。だもんなぁ。。。

俳優は、どうでも良いし、幽霊を登場させるのは、目をつぶるので

もう少し“子供”であっても良いのでは?
無理に“大人”である必要性は無いと思います。

“幼い”と、、ナレが言ってもなぁ(苦笑)


とりあえず、毎回のように、文句を先ず。.書いておいて。。と



お話自体は、そんな違和感を無視すれば

秀吉とおねのやりとりの、、ホームドラマぶりを含め
まあ。。。
その時の状態は表現されているし、政略結婚というネタを使い
ドラマとして“主人公ぶり”を描けば、こんなところだろう。

あとは、好みである。

それにしても、毎回、、、緊張感が無いドラマだよね。
そら、ホームコメディという部分もあるだろうから、

こう言うのも良いと思うんですよ。

でもね。
そういう部分だけでなく、
前述の違和感が、足を引っ張るモノだから


“そういうドラマ”だと納得していても、
純粋には楽しめていないという。。。。困った状態。


別に、軽くても良いから、
もう少し、、おねを前に出しません?

違和感ありすぎる主人公を前に出すよりも
これだけのことで、きっと、普通に楽しめると思うのだが。。。。


これまでの感想

第十二回 第十一回 
第十回 第九回 第八回 第七回 第六回 
第五回 第四回 第三回 第二回 第一回 


以下をTB先にどうぞ。

http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/f936505839e8a83bd5760a8340b7ba18
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-2394.html







最終更新日  2011年04月10日 19時09分55秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事


カレンダー

バックナンバー

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.