19425907 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

それぞれの断崖  … New! はまゆう315さん

夏ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

令和元年 台風15号 … New! クルマでEco!さん

人間と米の数霊、そ… New! 鹿児島UFOさん

目玉焼き>『なつぞ… New! ひじゅにさん

え? New! 俵のねずみさん

今日の収穫 (9月… New! BROOKさん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

制作中です シュージローさん

2011年04月25日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『つらい恋の忘れ方

内容
辛い恋をした春菜(黒木メイサ)という女性を加入させた純平(香取慎吾)
“君がときめくような男をオレが探してやる!
 オレが君を幸せにしてみせる!”
と、、、、豪語したものの、どうして良いか分からない純平。
とりあえず、相談所にやって来た春菜を励ますのだが。。。。

そこに、まりか(仲里依紗)が、
会の説明を始めたばかりの男性・矢代英彦(藤木直人)が、春菜に声をかける。
“僕と、お見合いしませんか?”
ルールがあるからと、純平とまりかが説得するが、、、、

美人ならそれで良いという矢代。
一方で、矢代の軟派な態度に、不快感を感じる春菜。

純平は、幸せな結婚は外面ではなく内面と矢代に説明すると、
“その通り”という矢代は、春菜との見合いを進めるようにと言い始める始末。
その一方で、純平は、春菜にも、矢代が独身である事は確認済みだと説明し、
相手を良く知る機会を作ると伝えるのだった。

純平とまりかは、ふたりを会わせるかどうか苦悩する。
まりかに至っては、
美男美女がくっついたら夢もへったくれもない。。。と言ってはばからず。

そんななか、小松原(大倉孝二)が現れ、先日のお見合いのことを純平に謝罪し、
もう一度春菜に会いたいと伝える。
純平は、悩んだ末、、小松原がひとりでは心配なこともあり、
矢代も加えた“お見合い合コン”を考える。

数日後、滝口敬子、春菜、千里
矢代、小松原、水野。。。3vs3の合コンを企画するのだが。。。。。


敬称略




一応、矢代という人物が、動き始めたこともあり
その説明も兼ねたお話。。。。なのだろう。

ついでに、春菜を描いた...あ。。。小松原も。。

そんな感じだ。


それぞれが、主人公の純平にとって重要人物だろうから、
それはそれで良いと思うのです。


ただ、、どう言えば良いんだろう。。。

仕事として、人間関係を見ているのはok
そこに何かを主人公が感じるのもok

なんていうか。
特に前半は、
それなりに目立つキャラを主人公2人の周辺に描きすぎているため、
主人公の感情表現を上手く描けず、
結果的に、前半は、、主人公が、ドラマの中に埋没状態。

極論を言えば、いてもいなくても良い状態である。


実際のところ、散々、劇中でネタフリがされているように
純平が春菜のことを気にかけているのは事実であり、

“その部分”だけを可能な限り描けば良いのである。

そら、仕事をしているので、仕事“も”描きたいのは理解するが
ここまで、その仕事の部分を、無理にアレコレ描きすぎると、
主人公の気持ちが見えにくくなるのは当然である。
たとえアドバイザーであっても!

後半からは、そのあたりの軌道修正がなされていますが。。。。。


う~~~~~んん。。。。。
言いたくないけど。前後半で、脚本家が違います??
特に、仕事の部分は!

そんな印象を受けてしまっています。
ニオイにしても、そんな感じがしますしね。


困ったなぁ。。。。
おしいところも、たくさんあるのに、
様々な要素が化学反応出来ずに、分離状態に陥っていますね。

実際、足りない部分も多いんだよなぁ。。。



それにしても、
春菜に、、なぜ、矢代、小松原をぶつけたかなぁ。
純平だけで十分だろうに。

っていうか、
恋バナを描きたいなら、なぜ、純平と春菜だけに、絞り込まなかったかなぁ。

職業モノのドタバタを描きたいなら、それだけで良かったろうに。


流れは、間違っていないのになぁ。。。。
前回よりはマシだけど。。


これまでの感想
第1話


TBは以下へお願いします。
FC2
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-2448.html

または

goo
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/471d4848068b64b29c6237774928846e






最終更新日  2011年04月25日 22時00分13秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.