19430025 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

それぞれの断崖  … New! はまゆう315さん

自由>『なつぞら』… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (9月… New! BROOKさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

令和元年 台風15号 … クルマでEco!さん

人間と米の数霊、そ… 鹿児島UFOさん

え? 俵のねずみさん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

制作中です シュージローさん

2011年04月30日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

内容
即席で“キム”レフェリーをスカウトし
なんとか、最後の興業を乗り切った梓(市川由衣)たち“白鳥プロレス”
だが。。その好評ぶりもあり、3ヶ月後の「全日本マッスルガール杯」に優勝し
借金返済。。。。そして、団体を存続する覚悟を決めるのだった。

その直後、“キム”こと韓流スターのユ・ジホ(イ・ホンギ)が姿を消す。
突然、姿を消したことを心配する梓たちであったが。。。。。

そのころジホは、偶然見かけた...母イ・スンジャ(黒田福美)らしき女性を
探すため、街中を走り回っていた。

一方、梓は、レフェリー探しに奔走するが、代わりのレフェリーが見つからず。
とそこに、“青薔薇軍”の郷原(水上剣星)が現れる。
団体としてのカタチをなしていないなら、借金を返済しろと迫るが。。。。

実はすでに、郷原が裏から手を回し、レフェリーはいない状態だった!!


そんななか、つかさ(山本ひかる)が、
川の土手で物思いにふけっている“キム”を発見!
つかさは、今の生活を始めた理由を話し始め。。。。。。。


敬称略


前回は、主人公のひとり、、、梓の状態を表現した。
そしてドラマ全体の“流れ”を。。

今回は、もう一人の主人公・ジホについて、表現した。。。

と言う事のようだ。


簡単に言えば、前回、今回で、ほぼ全てのネタフリを終えた。.と言う事である。


まあ。。もう少し、白鳥プロレスのことを描いても良かっただろうが、
すでにカタチは決まっている部分なので

そこから“家族”というキーワードを持ってくるのは、
食事風景なども含めて、良かったと思います。


展開自体が、ベタで、、、読めていたとしても
今回のような“積み上げ”は、間違いなく次回以降に効いてくるでしょうしね。



最後にヒトコト。
そういえば、ここのところの“この枠のドラマ”(曜日は移動しても同じ)
もう少し、荒い感じだったのに、

気のせいか、今作は、丁寧ですよね。

当たり前のことをやっているだけなのですが、
なんか、妙に面食らっている私である。








最終更新日  2011年05月01日 01時01分26秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.