19437752 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

これは経費で落ちま… New! はまゆう315さん

さあ、ラグビーワー… New! クルマでEco!さん

劇場鑑賞「アド・ア… New! BROOKさん

顛末>『なつぞら』… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

UFO目撃、米海軍つい… New! 鹿児島UFOさん

夏ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

え? 俵のねずみさん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

制作中です シュージローさん

2011年05月07日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想

『復讐殺人フライト!!
 ハイジャック未遂の罠隣席は、連続殺人犯!?立ち聞きされた密会

内容
友人の結婚式が終わり、左近山響子(菊川怜)は、
北九州空港から東京行きの飛行機“太平洋航空90便”に搭乗口で待っていた。
が、、、飛行機が苦手で、緊張感いっぱいの響子。
すると目の前に知り合いを見つける。
同じ機に世田谷署で世話になった先輩・郷田直一(大地康雄)!?
いまは刑事を辞め警備会社に勤めているようだった。
知り合いもいると考え、少し安心する響子。
そう。。。響子は、警視庁捜査一課第七係の刑事だった。
それでも、、新幹線に乗って帰れば良かった。。。感じる響子。
不安はありながらも、乗り込んだ飛行機で妙なことが起きる。
突然機長からアナウンスが入り、新名古屋空港に緊急着陸するという!!
計器の故障だと言うが。。。。

空港に到着し驚いたのは、愛知県警の警官!?
機内で東京に向かった場合爆破するという手書きの脅迫状が見つかっていた。
そのために、緊急着陸したのだった。
同じ機には国土建設大臣の小笠原幸人(目黒祐樹)の姿もあり、
不満を漏らす乗客たちだったが、渋々、、、事情聴取を受けることに。。。

その後、警視庁に戻った響子は思わぬ事を
鍵山裕和・捜査一課長(田村亮)から聞くことに。
ハイジャック未遂事件を警視庁第七係で捜査をすることになったと。
乗客のひとりが響子であり、
多くの乗客が東京近郊に居住しているという理由からだった。

だが機内では爆発物は見つからず、犯人の狙いが分からない。
ただ、指紋は見つからなかったが、手書きの脅迫状であったことから、
筆跡鑑定され容疑者は10人に絞られていることが分かってくる。
後輩刑事の毛利秋子(小川奈那)が、
6年前の太平洋航空事故を思い出したこともあり、
響子は先輩刑事・平賀陽平(古谷一行)と、
谷藤聡(矢沢幸治)は浜岡史郎(比留間由哲)と組み、
事故関係者および10人の身辺調査が開始されることになる。

まずは狙われた可能性が高い、小笠原の元に向かう響子と平賀。
自分ひとりが死んでも意味がない。。。と小笠原は応えるばかり。
また10人のひとり、秘書・望月雄二(宮川一朗太)は、
小笠原の近くを離れなかったらしいことがわかる。

次に、福岡が本社の北小倉建設東京支社長・岸弘行(近童弐吉)のもとへ。
そこで事件が発生する。岸がトイレで刺殺体で見つかったのだ!!
すぐに捜査が始められるが、怪しい人物の目撃情報もなく。。。
そんなとき響子は、同じ機に乗っていたフリーライターの佐川敏勝(大石継太)
の姿を目撃する。。。。。10人のうちのひとりだった。

すぐに佐川の自宅に向かった響子たちだったが、ここのところ帰っていないよう。
そこで、原稿を持ち込んでいた『週刊真相』の小池哲男編集長に聞くと、
佐川が政治家絡みの事件を追っていることが分かってくる。

その一方で6年前の太平洋航空の事故関係者の中に
父を亡くした加藤理砂(中村美貴)がいると分かる。。。10人のうちのひとり。
恨んでいたら、乗らないと言うが。。。何か引っかかるモノを感じる響子。
たしか飛行機では、手に包帯があったはずなのに。。。。

やがて佐川が、小笠原と岸の会社の癒着を追っていた4年前の記事を見つける。
どうしても気になり、小笠原から事情を聞くが、
北九州が地盤と言う事もあり、以前会ったことがあると言うばかり。
それ以外、何も言わなかった。

そこで事情を聞くため、小笠原の秘書・望月のもとへ向かった響子と平賀。
すると目の前に
同じ機に乗っていた女性・来宮治子(田島令子)を見かけててしまう。
なぜ、、、同じマンションに?偶然なのか??
望月は、知らないと言うが。。。。

どうしても気になり、鍵山課長の許可を得て響子は、治子に接触することに。
郷田家の墓!?
治子は、、郷田の元妻だった!
そのうえ墓に眠っているのは、響子も知っている娘・和美(山口あゆみ)だった!
望月のことは知らないと言うが。。。娘のことは話す治子。
3年前、九州の大学に通っているとき、、、ひき逃げに遭い、亡くなったらしい。
ようやく郷田が九州にいた理由を理解する響子。

ただ偶然にしては、あまりに出来過ぎていると
響子は、関係を調べるために小倉へと向かうのだった。
そして郷田と岸の関係が見えてくるが、、、

と同時に、響子たちの捜査に圧力がかかり始める。

その直後、佐川の遺体が見つかり。。。。。。
一方で、和美の友人・三井良美から、
和美がつき合っていた人物が望月だったと判明。

つながりはじめた、点と点。


敬称略



あいかわらず、、気になる部分はありますが
ま。。。そこは『大人の事情』も絡むので、気にしないことにします。


でも、
メインの事件を上手くいくつかの方法でミスリードされて
良い感じの事件。。。そして、ドラマでしたね

まさに、刑事の事件。..と言う感じだ。

もちろん『色々な意味で』です。



真犯人自体は分かっているので、そこは良いのです。

個人的にちょっと驚いたのは、
いくつかの部分の...意外性と、、、偶然性。

こういう『偶然』。。。ホント良いですよね。
無理がない感じである。


少し気になった部分もありましたが、
全体としては、結構、面白いお話だったと思います








最終更新日  2011年05月08日 00時05分41秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.