19462828 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

監察医 朝顔  最… New! はまゆう315さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

なつよ、あっぱれ十… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (9月… New! BROOKさん

林部智史 5thシング… クルマでEco!さん

体に良い話 今日教え… 俵のねずみさん

大摩邇さん 転載です… 鹿児島UFOさん

ネタバレ【なつぞら】最… ショコラ425さん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

制作中です シュージローさん

2011年05月20日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
内容
そこは新潟。子供を人質にとった立てこもり事件が発生した。
が。。。上司の佐伯紀子係長(かたせ梨乃)、先輩・新谷寛英(田中要次)が
引き止めるにもかかわらず、勝手に行動する男がいた。
男の名は、鳴沢了(坂口憲二)。。。。新潟県警捜査一課弐所属する刑事だった。
ひとりで突入し、犯人の今野広和(飯尾和樹)を確保、子供の救出に成功した。

当然、その後、佐伯からお灸を据えられる鳴沢。
祖父・浩次(大滝秀治)は、“仏の鳴沢”と呼ばれた名刑事。
父・宗治(石橋凌)は、
組織の頂点に君臨する県警刑事部長で“鬼の鳴沢”と言われた男。
勝手は慎めと言われるが、鳴沢は気にも止めない。


そんななか
県議会議員・大島洋一(藤田栄作)が刺殺されるという事件が起きる。
大島は、建設族の大物で小山内清美知事(大地真央)と敵対する勢力のリーダー
そのため、マスコミは、知事に厳しい視線を向けていた。
かつて小山内知事が設立した児童養護施設“ひだまり学園”
その平沼正志園長(徳井優)と大島が口論していたという目撃情報が上がる。

鳴沢は、後輩の大西海(勝地涼)とともに、平沼の元へ
3週間前、言い争っていたことは認めたモノの
高速道路建設の予定地であるため、立ち退きに関わる嫌がらせなどがあり、
その抗議だったという平沼。
一方で、平沼は、3ヶ月ほど前、大島の娘を保護したことがあると証言。
実は、、、大島により虐待を受けていたと。
そのことを隠蔽したいがため、嫌がらせをしているのではと言うのだった。

同じ頃、小山内知事が、児童虐待に関する条例の採決を進めていたこともあり
大島と小山内知事の対立は、激しいものになっていたという情報もあった。
虐待に関しては、新潟市児童相談所の相馬孝弘所長(滝藤賢一)も
大島の娘に傷は確認したが、親子ともに虐待を認めなかったという。

が。。そんな折、捜査本部に、刑事部長の宗治が現れる。
小山内知事から、早期の犯人逮捕を求められたと言う事だった。

その昔、、小山内が園長と勤めていたとき、、、施設に預けられていた鳴沢。
旧知の仲と言う事もあり、鳴沢は、小山内知事に直接話を聞きに向かうが
多くの事を知っているようだが、殺しはしないと言われてしまう。

しかし、事件は動き始める。平沼園長が、刺殺されたのだった。
手には野球のボール。。。大島も手に人形が握られていたことから、
宗治刑事部長は、連続殺人で同一犯として捜査するよう捜査員に命じるのだった。
鳴沢は、必ずしも同一犯とは考えられないと訴えるが、
当然、聞き入れられず。。。。

そんなとき、妙なファックスが送られてくる。
“8年前、ひだまり学園で殺人事件があった”と。
調べていくと、、、子供と取り戻しにやって来た父親と職員が一悶着。
暴力を受けた職員が、反撃し、、、殺してしまったという事件。
過剰防衛で服役。。。
犯人は、高村智幸(少路勇介)
幼いころの鳴沢の、、、友人“トモ”(鏑木海智)。。幼なじみの男だった。
小山内に育てられたこともアリ、小山内が母代わり。
そのため、小山内にとってはスキャンダルになりかねない、事件だった。
しかしそのことは、報道などでは伏せられ、誰も知らないはずなのに、
なぜか、ファックスにはそのことが書かれてあった。
また、妙なことに、2ヶ月ほど前、その高村は山中で不審死をしていた。。。。

8年前の事件に、何かがあるのではと考え始める鳴沢。

が。。。犯行の手口が違うにもかかわらず、
同一犯で強引に勧めようとする宗治・刑事部長に、猛反発する鳴沢。
その刑事部長の強引な手法に、佐伯係長も反発し
捜査本部の方針に従わず、佐伯たちは独自に捜査を進めていくのだった。。。

やがて、施設の同僚・川田久美子(濱田マリ)の応援もアリ、
再び気合いが入る鳴沢は、、、刑務所へと。。。。


敬称略

↑だいたい、、、4割くらい。
2時間ドラマなので、こんなところだろう。

原作のシリーズは、、存在するが、今回のドラマは、オリジナルだという。

分かっているのは、
ちょうど1年ほど前に放送された

土曜プレミアム『刑事・鳴沢了~東京テロ、史上最悪の24時間~』(2010.05.29放送)
感想

の、、、ドラマとしては『続編』
世界観としては、鳴沢了が、警視庁にやって来る前のお話。



個人的印象ではあるが、

前作が、、若干、空回り気味の雰囲気だったが、

今作は、どちらかと言えば、かなりベタな刑事モノドラマですね。


たしかに、色々なネタを盛り込んではいるのだが、
無理に捻られるよりは、流れも悪くないし

正直。
強引にドタバタされるよりも、
個人的には、これくらいがちょうど良い感じですね。

鳴沢了が、カッコイイ姿も表現されていますし
ベタだけど、しっかりと魅せてくれている感じだ。


前作の状態なら、続編には戸惑いを覚えたが、
今作の状態なら、許容範囲でしょうね。


意外と良いなあ...と思ったのは、後輩の存在。
これもベタだけど、鳴沢ひとりよりも、流れがスムーズになって良いですね。


それにしても、
鳴沢というキャラを、ホントにいろいろと絡ませましたよね。

でも、くどくない。
ホントに良い物語に仕上がっていたと思います。

“関係者は、全員死んだ”

なるほどね。

そして、細かい部分も含め、いろいろと、繋がったわけですね。








最終更新日  2011年05月22日 07時49分44秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.