000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

笑売の道>『わろて… New! ひじゅにさん

世界一のクレーンゲ… New! YOSHIYU機さん

『陸王』第5話  感… New! くう☆☆さん

今日の収穫 (11… New! BROOKさん

BSプレミアム 男… New! はまゆう315さん

タマゴサミン つく… New! クルマでEco!さん

千と千尋の神隠し-3 New! 鹿児島UFOさん

【送料無料】32パッ… New! 簡単支払さん

ネタバレ【わろてん… ショコラ425さん

紅葉狩りに行ってき… 俵のねずみさん

ニューストピックス

2011年07月16日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『勝手にひきこもれ』

内容
魂が入れ替わった児童福祉司の城田(松田翔太)とヤクザの鯖島(高橋克実)
一晩寝ても、、、元に戻らず。
中身が入れ替わったシチュエーションを試しても、元に戻らず。

とはいえ、城田の格好良さにまんざらでも無い鯖島は、
そのまま街へと繰り出そうとするのだが、
実績を残さないと飛ばされる恐れのある城田は、
“跡目争い”という切り札をちらつかせ、鯖島は仕方なく児童相談所へと向かう。

城田「家族を再生させるのが僕たちの仕事ですから」

そんななかミネコ(小林聡美)から新しい案件の対処を命じられる鯖島。
恭子(紺野まひる)と一緒に、
相談にやってきた母・坂本由美(村岡希美)から話を聞くと
14歳の息子・亮介(藤原薫)が、1年前からひきこもりだという。

ミネコに命じられ、鯖島と恭子は、亮介の自宅を訪れる。
中学受験失敗が原因だと言う可能性が高いらしい。。。。等々
それに応じて、ひきこもりから立ち直るには時間が必要と説明する恭子。
が、、、いらつき始めた鯖島は、一度は失敗したモノの
次に訪れたときは、アッサリと部屋へと入り込んでしまうのだった。
鯖島が好みの漫画が置いてあるのを見て、大喜びの鯖島。
「コイツは、俺のバイブル。お前も見所がある」
そんな鯖島を追い出そうとする亮介だったが、
もみ合っていたところ、なぜだか、亮介は鯖島を部屋に閉じ込めてしまう!?

とはいえ、亮介の相談に乗るわけでも無く、
鯖島がするのは、ベッドの上で漫画を読むだけ。
たまに、、、読めない漢字を亮介に聞くという状態だった。。。


そのころ、城田の元に、若頭の兵藤(松重豊)から連絡が入る。
鯵沢組の秋山たちに因縁をつけられた舎弟のヤス(山根和馬)とケン(青木健)
その後、、、ヤスが拉致されたのだという。
どうして良いか困り果てる城田だったが、
鯖島の妻・あゆみ(内田有紀)に促されるまま、“カチコミ”へと向かうことに。
とはいえ堅気の城田。
あゆみ、兵藤が、何とか盛り上げてくれて、“鯖島組長”の出番となるが、
なんと城田は、鯵沢(小木茂光)の舎弟を前に。。。。。。。。

一方、鯖島は、亮介にタイミング良く部屋を追い出されてしまい、
父・修一(大高洋夫)、母・由美、兄・祐也(木村遼希)家族の、
歪な関係を知ってしまう。
直後、城田にあゆみのヘアピンを持ってこさせ、
再び亮介の部屋に入り込んだ鯖島は、ベッドの上で、漫画を読み始め。。。。。。
そんな姿に呆れる城田。

が。。。翌朝、部屋から姿を消す亮介。
あわてる鯖島。。。そして城田。
ようやく捕まえることに成功するのだが、鯖島の目的は。。。。。

敬称略


亮介「俺のことは、どうするんだよ

鯖島「お前のことなんか、知るか。勝手にしろ


坂本「もしものことがあったらどうするんだ。

鯖島「そんなコト知ったこっちゃねえ



最終的に、大爆発する“ひきこもり”の亮介。
そして、同じく大爆発の母。

坂本「なんで私たちが、こんな目に遭わなきゃならないんだ。」



漫画の最終回について質問する鯖島。

鯖島「トオルは、生きてるのか?死んでるのか?」
亮介「生きてるに決まってるだろ!」




最後に、、、オチまで。。。

「これ、オススメの本。男は強くたくましくだ」



ホントシュールだねぇ。。。そしてお見事!!

練り込まれた脚本の勝利でしょうね。


もちろん、こういうニオイは、好みがありますので
どうしてもスッキリしない印象は受けることはあるでしょうが

それでも、端々に盛り込まれたセリフの秀逸さ。

結果的に解決してしまうという手法。


前回は、ある意味定番のカタチと言って良いお話でしたが、

今回は、今作が、そう言ったモノだけでは無いと言う事を
表現したと言って良いでしょうね。

気になるのはもちろん。。。鯖島が意図的なのかどうか?

鯖島が意図的で無くても、変化に満足していれば、
それだけで、鯖島にも影響がある可能性はあるわけで。

その影響こそが、今作の“これから”そして“結末”でもあるでしょうから、

そのあたりは、、もう少し、
なんとなくで良いから表現した方が良かったかもしれませんね。

やり過ぎれば、オモシロ味が無くなるでしょうしね。




次回以降も、今回のようなモノがあれば、
もしかしたら、、、傑作になる可能性が!!!

大石哲也さんの手腕に期待したいところです。



最後にヒトコトだけ。

鯖島組部分。。。良い感じでメインと重なっていますし、
きっと、将来的に何かがあるのでしょうが、

たとえ、メインでは無いとは言え、
もう少し、“家族”というキーワードの重なりが分かりやすい方が良かったんじゃ?

重なっているけど、分かり難いですよね。
城田と鯖島のやりとりで、そのアタリのところを匂わせるとか。。。

何か必要かもしれませんね。



これまでの感想

第1話 


TBは以下へお願いします。
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/08d88f62f7edbc640b1f1b0654e59d0d

または
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-2735.html






最終更新日  2011年07月16日 22時34分38秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


映画感想


コメント新着

どら平@ Re:BS時代劇『神谷玄次郎捕物控2』第七回(05/15) 福田麻由子は演技うまい 運動嫌いを克服し…
むつき@ Re:まっしろ EPISODE10(LAST、最終回)(03/17) 「白い大奥」のキャッチコピーはいったい…
ところどころ@ Re:セカンド・ラブ 第6話(03/13) もういいや ・・・という感じです
おすぎ@ Re:連続ドラマW『硝子の葦~garasu no ashi~』第三話(03/07) はじめまして。私も硝子の葦にがっつりハ…
三連星@ 懸命とは セリフでは「けんめい」とありましたが、…

ランキング市場

楽天カード


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.