000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

劇場鑑賞「バリー・… New! BROOKさん

WOWOW安室LIVE見たく… New! ショコラ425さん

植木等とのぼせもん… New! はまゆう315さん

人間の値打ち 鎌田 實 New! クルマでEco!さん

『先に生まれただけ… New! くう☆☆さん

京都編最終回?>『… New! ひじゅにさん

月刊Gファンタジー20… New! みやさとver.さん

綾の光時通信:養老… 鹿児島UFOさん

懐かしいものが出て… 俵のねずみさん

●ONE PIECE 第792話 … エフショックさん

ニューストピックス

2011年07月22日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『恋の初ライブ!!』

内容
RINA(片瀬那奈)とのやりとりを廉(玉森裕太)に目撃、録画され、
“美男”が女だとバレてしまった美子(瀧本美織)
必死に謝罪をしようとするが、受け入れられず。
廉「こんな大ウソをついて、人を騙してまで有名になりたいか?
  お前は、人間のクズだ!!お前とはもう、関わりたくない!」
安藤社長(高嶋政伸)に画像を見せると言い残し、去って行く廉。
その廉を追いかけ画像を奪おうとする美子は、トラブルに巻き込まれるが
有名になりたい理由を伝えナントカ説得、社長に話すという約束をすることに。

そんな事情を、馬渕マネージャー(柳沢慎吾)に話すと。
自分から話しておくから、“普通にしろ”と言われる美子。
とはいえ、馬淵が、
恐怖のあまり安藤社長に真実を告げることが出来るワケがなく。。。。

一方で、美子と廉のトラブルを知った柊(藤ヶ谷太輔)は、美子を励まし始める。
柊「俺だって、失敗はある。だから落ち込むことはある。
  これからは困ったことがあれば、何でも言えよ」

が!
そんな美子と廉、美子と柊の関係を見てしまった勇気(八乙女光)は、
妄想を勝手に膨らませていた。。。。。。


そんな折。馬渕は、警備員からファンから受け取ったという封筒を手渡される。
封筒を渡された美子は驚く。ファンらしき女性(井森美幸)が手渡した封筒には、
父と、、、幼い美男と美子が写っていた!!
「お母さん!?」
あわてて事務所を飛び出した美子は、ファンたちに取り囲まれてしまい。。。
動きがとれなくなってしまったところを、廉に助けられる。

廉「これ以上バンドに迷惑をかけるな!」


同じ頃、廉は、水沢麗子(萬田久子)から、曲のアレンジを依頼されるが拒絶。
その直後、偶然、美子と出会った廉は
「お前は捨てられたんだよ。想い続けたって惨めなだけだ」と美子に告げ、
有名になって母に会いたいという美子の考えを否定するのだった。
それでも、心から信じれば夢はかなうと。。。諦めないという美子。
すると廉は、
美子から預かった母の形見の指輪を公園の池へと投げ入れるのだった。

廉「心から願えば、かなうんだろ?
 だったら、あの指輪を見つけてみろよ!
 そしてら認めてやる。」

美子はひとりで池の中に入り。。。。。。。。。

敬称略



廉さん、見つけてくれたんですね
ありがとうございます
やっぱり、心から願えば、諦めずに頑張れば夢はかなうんです!



なるほどなぁ。。。

俳優さんの好みはあるだろうが、
もしかしたら、もしかする可能性があるんじゃ??

それが、私の今回の感想である。


脚本がシッカリと描かれているだけでなく
演出でも、シッカリとラブコメを表現。

前回。。。初回は2時間超SPで、
ダラダラ感があり、不安を感じた今作
ですが、

今回のようなお話が、今後も丁寧に、、そしてテンポ良く描かれていくならば


数字はともかくとして、
ドラマとしては、楽しめそうな気がします。


初めに書いてしまいましたが。。。“なるほど”である。


大きな流れを作り、細かいネタで展開している今作。

無理な引き延ばしをせずに、ベタなネタというだけでなく、
先が見えてはいても、
テンポ良く、次々と魅せてくるのが、ホント良いですよね。

ネタ自体に好感を持てますし、
登場人物たちへの感情移入が、かなりしやすい印象です。


また美子+3人の微妙な関係の表現が、なかなか良い感じで
主人公を中心とした、バランスの良い描かれ方がされています。

こういった部分も、感情移入しやすい部分だし
分かり易さと、楽しさが、上手く組み合わされていたと思います



とはいえ。問題点もないわけではない。

ラブコメは、よっぽどのことがない限り、先が見えています。

どれだけ、アレコレしていても、
目新しく感じませんし、俳優さんへの好みを含め

どうしても“どこかで見た”が、ついて回るモノです。

それを分かっていて視聴者は見ているのだから
どこまで、飽きさせずに魅せることができるか??

ほんとにネタ次第である。

上手くやれば。。。もしかしたら、、、もしかするかも。。。。


いや、、、期待に応えて欲しいなぁ。。。。
可能性はあると思います。

脇を強引に混ぜなければ、可能性は高くなると思いますが。

でも、緊張感としては必要だし。
本ネタで混ぜてきたときが、もっとも注意が必要かな。



これまでの感想
第1話 



TBは以下へお願いします。
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/c285d7223fa6b87c0b0c1dd680de90ee

または

http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-2757.html






最終更新日  2011年07月22日 23時36分47秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


映画感想


コメント新着

どら平@ Re:BS時代劇『神谷玄次郎捕物控2』第七回(05/15) 福田麻由子は演技うまい 運動嫌いを克服し…
むつき@ Re:まっしろ EPISODE10(LAST、最終回)(03/17) 「白い大奥」のキャッチコピーはいったい…
ところどころ@ Re:セカンド・ラブ 第6話(03/13) もういいや ・・・という感じです
おすぎ@ Re:連続ドラマW『硝子の葦~garasu no ashi~』第三話(03/07) はじめまして。私も硝子の葦にがっつりハ…
三連星@ 懸命とは セリフでは「けんめい」とありましたが、…

ランキング市場

楽天カード


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.