000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

SEIKO MATSUDA ~SE… New! クルマでEco!さん

Wドラマ  水晶の鼓… New! はまゆう315さん

鬼灯の冷徹 遅くな… New! みやさとver.さん

日頃のツケが回って… New! 俵のねずみさん

水増し大作戦>『べ… New! ひじゅにさん

今日の収穫 (3月… New! BROOKさん

ココロ旅京都巡礼音… New! 鹿児島UFOさん

冬ドラマ視聴率順位… ショコラ425さん

NHK連続テレビ小説『… くう☆☆さん

侍が無料で見れるデー YOSHIYU機さん

ニューストピックス

2011年07月25日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『これであの忌わしいキスの記憶も消える』

内容
草太(錦戸亮)とのキスなど記憶になかった若葉(新垣結衣)だったが、
林(荒川良々)に証拠写真を見せられ、つい、、、草太を殴ってしまう!
とはいえ、キスの記憶が無くなるわけもなく、とらわれてしまう若葉。
日向(谷花音)から、“キス”について問われるも
動揺もせずに、やり返していた若葉。。。だったのだが、
そこに現れた草太が、鼻に絆創膏を貼っているのを見て少し動揺。
イクメン軍団は、訴えろと言うが、
過失による暴行は処罰規定がない。心神喪失だったと応える若葉。

出社するとそよ子(蓮佛美沙子)が待っていた。
草太とのキスを事を知りたいようで、関係ないと若葉が言ってのけると
安心したそよ子は、告白できるとつぶやき。。。。

そんな折、昇子(薬師丸ひろ子)の交渉の席に立ち合う事になる若葉。
あまりの規模の大きさに、これこそ自分の世界!と若葉は考えるのだが、
その若葉に、保護者会への出席が昇子から命じられる。

集められた役員たちに、うらら(皆藤愛子)から説明がある。
花村園長(竹内力)の考えで開かれてきた“泥んこ開き”
色々な理由をつけて、中止を訴える保護者がいたという事だった。
ドロの安全性などを訴える母親たちだが、中止に反対する若葉と草太。
若葉「泥んこ遊びは、親の所得に関係なく誰でも出来る平等な遊びです。
   幼いころ、分け隔てなく、そう言う遊びを教える事こそ情操教育に必要」
草太「土のニオイや感触を肌で確かめ思いっきりのびのびと遊びきる事が大事」
若葉、草太「週一でも足りないくらいデス!!」

しかし結局、土の検査をしていることを園長が伝えても
多数決で中止意見が多く、、、、泥んこ開きは中止と決定されてしまう。
どうしての納得出来ない草太は、一緒に説得して回ろうと若葉に提案するが、
若葉は多数決を覆すつもりはないと、拒絶する。

そんななか、新堂(平山浩行)から、ある案件を任される若葉。
クライアントの大手商社が特許を取った商品で、子どもがケガをしたという。
「解決して見せます!」と意気込み、
いきなり示談金を提示した上で、
新堂を困らせていた母親を、瞬時にやり込めてしまう若葉。
意気揚々と新堂たちに手法を披露し、仕事でも認められた確信を持つのだった。


そして新堂から、自宅に招かれる若葉。。。。

同じ頃、草太、林、チャボ(皆川猿時)西野(鈴木亮平)のイクメン軍団たちは、
役員たちを説得して回ろうと決断。
草太の店を出ようとしたところ、事情を聞いたそよ子が資料を持ち現れる。


敬称略


ちょっとバランスが悪かった初回。
これくらいかと、、、バランスを整え、ラブコメ度を高めた前回

今回は、それら2回を、かなり上手くフィードバックした感じで
良いところは強調、悪いところは薄く。

ちょうど良いバランスのラブコメになった印象ですね。

若葉と草太の対比も、かなり丁寧になされていますし。

それぞれの相手への気持ちも、3回目としては、
ホントに良い距離感が描かれた感じですね。

細かいセリフに至るまで、
それぞれに思い、考えが、良く分かりますし。

『ドロまみれになって人は強くなるのかもしれません。
 でも、私には関係ない事です』

回想を交えて、
かなりテンポ良く、、、2人の“今の関係”を描ききったと思います。


わたし的に一番良かったのは、若葉が親子をやり込めたシーンですね。

僅かだけ見せておいて、後はサラッと説明のみ。
周りの同僚の様子で補完させて、

若葉自身に強烈すぎる印象を与えないようにしている。

ここを強調しすぎてしまうと、
若葉の“本性”が見えにくくなりますしね。

結果だけが分かれば十分ですから。



しっかし、良くここまで、整えてきましたよね。
それも、草太と若葉の関係に事件を入れるだけでなく、

1つのシチュエーションである保育園を
かなり上手く利用した印象。

日向ではなく、ここを利用するかどうかが、
きっと、今作の最重要ポイントでしょうから!!


ネタ次第。。。と思っていましたが、
ようやく、次回からも安心して見る事が出来そうである。

安定飛行に入った感じですね。


最後は、
イクメンたちに、うらら狙いではなく、、若葉ってのも
ドラマのオチとして、良かったと思います。

こういうやりとりも、ラブコメには大切だよね。

こんな時のために、脇役達がいるんですから!

その後の展開は、ベタですが。

最初から最後まで、徹底的に描いたのが
ホントに好感が持てます




次回以降。。。あとはまあ。。。新堂を絡め
恋の選択だけでなく、仕事か恋か、、なのでしょう。。。。


最後にもうヒトコトだけ

今回くらい徹底して、初回からやっていれば。。。。
もう少し数字も上向いたカモね。

それでも、俳優さんの好みはあるのでしょうけどね。



これまでの感想

第2話 第1話 


TBは以下へお願いします。
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/b5f4d8665873b0b51b8590694f5cbd45

または
http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-2768.html





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2011年07月25日 21時55分01秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


映画感想


コメント新着

どら平@ Re:BS時代劇『神谷玄次郎捕物控2』第七回(05/15) 福田麻由子は演技うまい 運動嫌いを克服し…
むつき@ Re:まっしろ EPISODE10(LAST、最終回)(03/17) 「白い大奥」のキャッチコピーはいったい…
ところどころ@ Re:セカンド・ラブ 第6話(03/13) もういいや ・・・という感じです
おすぎ@ Re:連続ドラマW『硝子の葦~garasu no ashi~』第三話(03/07) はじめまして。私も硝子の葦にがっつりハ…
三連星@ 懸命とは セリフでは「けんめい」とありましたが、…

ランキング市場

楽天カード

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.