000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

日記/記事の投稿

カテゴリ

お気に入りブログ

月末娘>『ひよっこ… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

緊急取調室  第6話 New! はまゆう315さん

globber試乗会 New! クルマでEco!さん

神田沙也加さん結婚… New! 鹿児島UFOさん

週刊少年ジャンプ 2… New! みやさとver.さん

AからVまで YOSHIYU機さん

春ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

Blu-ray「死霊館 エ… BROOKさん

ああ 愛しのレイン… 俵のねずみさん

ニューストピックス

2011年08月02日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『特殊犯罪潜入捜査~刑事失格』

内容
超名門小学校“教応学園”の児童が連れ去られるという目撃情報があったが、
警察には通報されず、学校でも把握されず。いつの間にか解決していた。
12年前、教応の児童が誘拐され、捜査員にミスで殺害される事件があった。
そのためだけでなく、世間体もあり親たちが事件を解決している可能性があった。

防犯カメラの映像を分析し、連れ去られたことを確信。
倉田(杉本哲太)と高峰(山口紗弥加)が、学園を訪れ
氏家嘉子(七瀬なつみ)教頭に報告し、捜査協力を求めるが
「全ての決定権は保護者にある」と生徒の名簿提出も含め、協力を拒否される。

そこで長嶋(北大路欣也)は、学園への潜入を決断。
一方で、全生徒の追跡調査を行うよう捜査員たちに命じるのだった。

調査により、花壇の改装工事があると分かり、
泉(上戸彩)白石(中原丈雄)磯村(小林高鹿)をガーデナーとして潜入させる。
職員会議のタイミングを見計らい、泉は職員室へ。
住所録と名簿、出席簿をカメラで撮影し分析班へと転送する。

そんななか、誘拐された映像があった児童・大塚則人(青山和也)の通学を確認。
そして欠席児童の追跡も行われていく。
しかし親密になろうとするが、そのたびに氏家が現れ、児童を泉から引き離す。
どうしても子供たちに美味く接触できない泉。

そんな折、瀧河(桐谷健太)が大塚則人の母・美保子に電話を入れ、
身代金が学園に支払われていたことが判明する。
学園も、誘拐犯とグルになっている可能性が浮かび上がってくるのだった。

情報を得るため、泉は、タイミングを見計らい則人に接触。
高峰のアドバイスで、会話を進めていくのだが、氏家により強引に引き離され
詳細を聞き出せずに終わってしまう。
福井正恵学園長(キムラ緑子)によると、保護者がウルサイから。。ということ。

その後、先日接触のあった児童・三峰浩太の欠席をつかむ。
自宅へ連絡を入れたところ、異変があったと分かる。
そのうえ自宅の分析でも、浩太の姿が確認されず、誘拐の発生が考えられた。
瀧川が自宅への乗り込むことを提案するが。。。。
上層部から捜査中止の指示が下る。
浩太の父・辰夫が国会議員であり、責任問題が浮上する可能性があった。

しかし長嶋は、潜入捜査班単独で犯人の確保を目指すと捜査員たちに命令。
深沢(丸山智己)の協力を得ながら、
学園を出入りする人間の追跡強化を命じるのだった。
やがて則人の証言から、
氏家教頭が犯人と接触をしている可能性が浮かび上がり、
同時に、氏家が学園を出たことから、追跡を始めるのだが。。。。。


敬称略



「極限状態にある子供の記憶なんて曖昧なモノだ
 それをうのみに出来るほど、俺達の仕事は軽くない
 ミスを犯せば誰かが犠牲になる
 シロだと気付いたときのお前が感じた絶望感を、絶対、忘れるな。」



“また”勝手なことをしている主人公ですが、
失敗して、なにかを感じていますので、

“なにかを感じている”だけ、今までよりは、かなりマシなのかもしれません。

その一方で、
瀧川たちが、シッカリ事件を捜査して、

ちょっとしたサプライズ展開で、ドラマとしての楽しさを魅せてくれていますし

成功ばかりの主人公。足を引っ張るばかりの主人公。
そんな主人公よりも、

“成長”を魅せるならば、これくらいがちょうど良いと言えるでしょうね。


一応、今までの事件との繋がりも、描いていますしね。


オシイ部分があるとすれば、やはり深沢でしょうね。

劇的展開のため、見せないのも分かるが、
今回は、“深沢”の名前を長嶋が出したので、良い感じであったが、

個人的には、
そういった“使いっ走り”ではなく、
もう少し“表の捜査”として表現した方が、
泉たちの“潜入捜査”も引き立ってくると思うのだが。

実際、学園に聴取に行くとき、、、かならず泉達の捜査係だしね。

ここにこそ、深沢の活躍の場があると思います。



とはいえ、物語が成長物語であるコトも
今回シッカリ描かれましたし、劇的な面白さもあったし

合格点には達していると言えるでしょうね。

満足、、、にまでは、、、ギリギリなるか、ならないか。。。くらいですけど。

変な言い方だが、
“前作”があるからこそ、比較して満足している感じでしょうね。

散々だったことが、功を奏している。。。。かな(苦笑)

成長はしてる雰囲気はあるんだけどね。
その成長が、見えないから。。。。。

単独行動を行っちゃうし。。。組織のひとりとしては、やっぱり刑事失格だよね。

これまでの感想
第3話 第2話 第1話 


TBは以下へお願いします。
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/76634252bf3efc9373fad1b453692780

または

http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-2793.html






最終更新日  2011年08月02日 22時16分19秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


映画感想


コメント新着

どら平@ Re:BS時代劇『神谷玄次郎捕物控2』第七回(05/15) 福田麻由子は演技うまい 運動嫌いを克服し…
むつき@ Re:まっしろ EPISODE10(LAST、最終回)(03/17) 「白い大奥」のキャッチコピーはいったい…
ところどころ@ Re:セカンド・ラブ 第6話(03/13) もういいや ・・・という感じです
おすぎ@ Re:連続ドラマW『硝子の葦~garasu no ashi~』第三話(03/07) はじめまして。私も硝子の葦にがっつりハ…
三連星@ 懸命とは セリフでは「けんめい」とありましたが、…

ランキング市場

楽天カード

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.