19653414 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

レベル999のマニアな講義

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


レベル999

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

アニメ&特撮 あれこれ感想


戦隊・仮面ライダーシリーズ(メイン)


アニメ特撮(メイン)


アニメ&特撮(過去) 1


アニメ&特撮(過去) 2


アニメ&特撮(過去) 3


アニメ&特撮(過去) 4


アニメ&特撮(過去) 5


アニメ&特撮(過去) 6


ドラマ全般


06年04月期より以前


06年07月期


06年10月期


07年01月期


07年04月期


07年07月期


07年10月期


08年01月期


08年04月期


08年07月期


08年10月期


09年01月期


09年04月期


09年07月期


09年10月期


10年01月期


10年04月期


10年07月期


10年10月期


11年01月期


11年04月期


11年07月期


11年10月期


12年01月期


12年04月期


12年07月期


12年10月期


13年01月期


13年04月期


13年07月期


13年10月期


14年01月期


14年04月期


14年07月期


14年10月期


15年01月期


15年04月期


15年07月期


15年10月期


16年01月期


16年04月期


16年07月期


16年10月期


17年01月期


17年04月期


17年07月期


17年10月期


18年01月期


18年04月期


18年07月期


18年10月期


19年01月期


19年04月期


19年07月期


19年10月期


NHKドラマ&アニメ


NHKドラマ2006年まで


NHKドラマ2007年


NHKドラマ2008年


NHKドラマ2009年


NHKドラマ2010年


NHKドラマ2011年


NHKドラマ2012年


NHKドラマ2013年


NHKドラマ2014年


NHKドラマ2015年


NHKドラマ2016年


NHKドラマ2017年


NHKドラマ2018年


NHKドラマ2019年


その他ドラマなど


SPドラマなど2006


SPドラマなど2007


SPドラマなど2008


SPドラマなど2009


SPドラマなど2010


SPドラマなど2011


SPドラマなど2012


SPドラマなど2013


SPドラマなど2014


SPドラマなど2015


SPドラマなど2016


SPドラマなど2017


SPドラマなど2018


SPドラマなど2019


映画感想


お気に入りブログ

伯爵のお気に入り … New! はまゆう315さん

ジオニック社公式MS… New! クルマでEco!さん

一人前になるまでは… New! ひじゅにさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

台風19号に想う 災害… 鹿児島UFOさん

劇場鑑賞「フッド:… BROOKさん

来年の鳴尾浜にワク… YOSHIYU機さん

【スカーレット】第4… ショコラ425さん

いろいろの巻 俵のねずみさん

制作中です シュージローさん

2011年09月04日
XML
カテゴリ:ドラマ系の感想
『姫の十字架』

内容
三成(萩原聖人)の失脚に成功した家康(北大路欣也)は、政治の実権を握る。

そのころ江(上野樹里)は、平穏な毎日を送っていたのだが。
毎日ため息ばかりの夫・秀忠(向井理)だけでなく、
毎日のように男子誕生を懇願する大姥局(加賀まりこ)
そんななか、ガラシャ(ミムラ)の息子が、江のもとにやって来る。
明らかに“人質”であり、不憫に思う江であったが、
ガラシャがしたため持たせていた文を見て驚愕する。
家康と夫・忠興が、、、戦の話をしていたという。。。。。

一方、家康は、淀(宮沢りえ)らに上杉が不忠を働いていると報告を入れていた。
徳川のために行っているのではと言う追及も、家康は上手くかわしていく。
そしてついに、上杉攻めの決定がなされるのだった。

京極高次(斎藤工)も、戦仕度を命じられ、ショックを受ける初(水川あさみ)
が、、、高次は初に告げる
「徳川様は天下をとるつもりじゃ」

家康出陣。。。情報を得た三成は、大坂へと向かうことを決断するのだった。

江戸に到着した家康は、秀忠に対し総大将を命じ。。。。。

敬称略



ココ数回、、そして今回。
良い感じの“姫”の描き方と、歴史のうねりの描き方が為されるようになり
かなりバランスの良い印象になっています。

ま。。。一部には、“政治好き姫”は残っているのですが、
それ以外のことも、あれもこれもと描かれているため、
薄められ、、、悪くない感じである。

無理に政治に絡めるのでは無く、
ホームドラマをシッカリ描き、これくらいの姫の描き方を

序盤から為されていれば。。。。

もう、それしか感じなくなっているのが、いま現在である。


結局のところ、

“何を主に描くかを決めずに、歴史に絡ませれば良いだろう。”

明らかにそんな程度の気持ちで描かれ、放送が始まったのが、過ちの始まり。

主人公はあくまでも“姫”“女”“母”“妻”。。。幼少を描けば“少女”

そういった視点で、
大河であるコト、歴史ドラマであるコトを気にせず、
“それなり”に描いておけば、いま現在のようなモヤモヤはなかったでしょうに。


ど~~~せ、行動などの詳細なデータなどない主人公なのだから、
上手くやれば、なんとでもなったはず。。。なんですよね。

『あの大河』もあるから、視聴者も期待したわけである。
だからこそ、裏切られた印象も生まれたワケなんですけどね。


江のセリフではないが
『初めっから、そうすれば良かったのに』

茶々、初、江。。。。そして市。。。ついでに千。。。

そこまで使えば、どうにでもなったんですよね。。。。
“姫たちの戦国”というタイトルを、逆に利用しなきゃ!



あ。。。。完全に総括になっていますね。
まあいいでしょう。

悪くない雰囲気とバランスになってきたため、ここで一度スッキリするため
いろいろと書いておきました。


それにしても、
ドラマらしいドラマになりましたね(笑)

主人公を中心にした点で描かず、
多くの人物を面で描けば、、、こう言うことになります。

でも、それが、本当の“歴史”

ドラマという意味では、主人公は目立たなくなるが
それでも、時代を表現し、主人公を表現するなら、

こういうカタチしかありませんよね。


このドラマが、紆余曲折を経て、ようやくたどり着いたカタチなのでしょう。

しかしまあ。。。勿体ないよね。
このカタチになるまで30話近く消化しちゃいましたし。

政治に絡まなくても、
夫や家族に絡み、普通にお話をしているだけで物語は成立する。

それも、政治以外のお話でも。。。である。

それだけのことなんですけどね。


TBは以下のミラーへお願いします
メインは

http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/85283b35e386f8fee58383aa3fa628d2

または

http://maxexp999.blog100.fc2.com/blog-entry-2874.html






最終更新日  2011年09月04日 18時46分25秒
[ドラマ系の感想] カテゴリの最新記事

カレンダー

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.